コラムニューヨーク

2022年 ニューヨーク旅の準備8 帰国時の必要書類は電子提出の方法があった!

Visit Japan Webサービスコラム
JALショッピング

みなさん、こんにちわ。

JALの公式旅のコミュニティ・tricoでアンバサダーをしています ひことら です。

 

これまでのニューヨーク旅の準備編6・7で日本帰国時に必要なものをまとめてきましたが、それらをまとめて、電子提出が出来るシステムが出来上がっていました!

 

スポンサーリンク

Visit Japan Webサービス

Visit Japan Webサービスは、デジタル庁が提供する、海外からの入国者(海外から帰国する日本人も含む)が入国時に検疫・入国審査・税関申告の入国手続等を行えるウェブサービスです。

デジタル庁やるじゃんかぁ~!アプリではなくwebサービスです。

 

Visit Japan Webでできること

インプット

  1. 電子化された検査証明書のアップロード ➡陰性証明書をカメラで撮影してアップロード
  2. 入国時に必要な基本情報の入力 ➡入国カードに該当 ※もう日本人はないですけどね💦
  3. 入国審査で必要な情報の入力 ➡入国カードに該当 ※もう日本人はないですけどね💦
  4. 税関申告で必要な情報の入力 ➡旅の準備8で紹介した税関アプリの内容がこちらに含まれていました

アウトプット

  1. 登録された検査証明書の表示
  2. 入国審査に必要な情報を提供するための二次元コードの表示
  3. 税関申告に必要な情報を提供するための二次元コードの表示

 

Visit Japan Webサービスで出来ること

ということで、使い勝手を試してみました。

使い方

アカウント登録

https://www.visitjapan.digital.go.jp/Web/SignUp

Visit Japan Webサービス

上記のアカウント登録画面の利用規約を読み、同意にチェックして、メールアドレスを登録。

 

Visit Japan Webサービス

登録したアドレスに仮パスワードとログイン画面のアドレスがすぐに送られてきます。

 

Visit Japan Webサービス

それらを入力すれば、アカウント完成です。

次の画面で仮のパスワードを正式なパスワードへ変更する画面になります。

※パスワードは結構強力で、記号、数字、大文字、小文字すべて含めて10文字が必要でした。

 

では、必要な情報をインプットしていきたいと思います。

まずは事前に入力しておけるものです。

 

出発前の準備・検査証明書

Visit Japan Webサービス

検査証明書

出発前の準備としては、PCR検査陰性証明書の登録のみでした。

 

Visit Japan Webサービス

検査証明書

ファイルをアップロードする方式でした。

 

Visit Japan Webサービス

検査証明書

まだ、行ってもいないし検査もしていないのでありません。💦💦💦

 

Visit Japan Webサービス

検査証明書

航空券控えのPDFファイルを読み込んでみましたが、それでもOK。

内容までのチェックはしていないようです。これで次へ進めるようになりました。(笑)

 

入国までに準備・基本情報

Visit Japan Webサービス

日本入国までにご準備いただくこと

ここに表示されている項目について、入力して行きたいと思います。

(写真は既に登録後のものです。)

 

Visit Japan Webサービス

基本情報1

Visit Japan Webサービス

基本情報2

Visit Japan Webサービス

基本情報3

基本情報は、名前、生年月日、パスポート番号、帰国フライト情報、日本の住所の入力となりました。

 

入国までに準備・検疫手続

Visit Japan Webサービス

質問票

これは質問票ですね。日本到着時、真っ先に提示が求められるものでした。

 

Visit Japan WebサービスVisit Japan WebサービスVisit Japan WebサービスVisit Japan Webサービス
Visit Japan WebサービスVisit Japan WebサービスVisit Japan WebサービスVisit Japan Webサービス

これだけは、すべて入力が終わるとQRコードが表示されるのですが、入力した内容は保存されません。画面を変えると消されてしまうので要注意でした。

 

入国までに準備・税関申告

Visit Japan Webサービス

税関申告

税関申告については、紙に書いていた申告書の内容、および前回紹介した電子申告と同じです。

 

Visit Japan Webサービス

税関申告2

搭乗便名、同伴家族の申告

 

Visit Japan Webサービス

税関申告3

日本の連絡先

 

Visit Japan Webサービス

税関申告4

具体的な申告内容のチェック

 

Visit Japan Webサービス

税関申告5

すべての入力を済ますと、登録内容確認画面が出て来て終了です。

 

実際に到着時に必要なこと

おさらい。日本到着時に必要なものは以下の書類です。

  1. 検査証明書の提出
  2. 誓約書の提出
  3. スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用
  4. 質問票の提出
  5. 税関申告書

 

上記のうち、今回紹介したVisit Japan Webサービスで電子提出が可能なものが、1、4、5 ということになりますね。

3は特別するものって感じではありませんよね。

ということで、結局のところ、Visit Japan Webサービスを完璧に入力をしておけば、書面で用意するのは、直筆のサインが必要な誓約書のみということになっているようでした。

 

到着時の流れとしてはこんな感じです。

Visit Japan Webサービス

入国時最初に、Visit Japan Webサービス検疫手続の入力を終えた際に出て来たQRコードを提示。

👇

PCR陰性証明書をVisit Japan Webサービス検査証明書でアップロードした画面から提示。

👇

PCR検査やパスポートなど、諸々の検査

👇

PCR検査結果を受けて入国審査通過

👇

Visit Japan Webサービス

Visit Japan Webサービス税関申告した際のQRコードを呼び出し税関電子申請へ。

👇

無事、完全入国。

(ニューヨークの場合にはこれから強制待機が6日間始まりますけど・・・)

 

更に、更に便利になっていく!

ここまででも、デジタル庁頑張ってますね!という思いなのですが、実は、更に、更に進化は進んでおります。

 

それがこちら!

検疫の入国前WEB手続の開始について

海外から日本へ入国する方々に対して空港検疫で実施している手続の一部を、入国者健康居所確認アプリ(MySOS)を通じて、WEB上で日本入国前に済ませることができる「ファストトラック」を開設します。
「ファストトラック」で実施できる手続は以下のとおりです。これらの手続を日本入国前に済ませることで、空港到着時の手続を簡素化・迅速化することを目的としています。

・質問票の記入
・誓約書の記入
・ワクチン接種証明書の有効性の確認(注)
・出国前72時間以内の検査証明書の有効性の確認
・健康居所確認アプリ(MySOS)のインストールとログイン

厚生労働省 WEBサイトより

令和4年2月7日から、関西国際空港にて試行運用が開始されています。

順次、成田空港検疫所、東京空港検疫所支所、中部空港検疫所支所、福岡空港検疫所支所での運用を展開していくとのこと。

これが利用出来るようになると、誓約書も紙での提出が不要となり、更に、入国時の検査、チェックのための長い待ち時間がなくなるということですね。

素晴らしい!

 

まとめ

ということで、何も知らない間に、どんどんデジタル庁が頑張っている日本なのでした。(笑)

 

Visit Japan Webサービスについては、以下にて確認出来ます。

旅行の計画がなくても、疑似旅行として使ってみるのも旅行気分がちょっとでも味わえて楽しいと思います!

 

サービス提供URLがこちら

Visit Japan Webサービス

 

これまでの準備の記録
2022年 ニューヨーク旅の準備1 ESTA取得
日本ではコロナのオミクロン株が大変なことになっていますが、私自身は先週3度目のワクチンを終えました。 毎週PCR検査も定期的に受けていますので、あまり恐怖は感じていません。それどころか、海外への気が流行るばかりです。 今日は、アメリカ入国に必要なESTAをフラゲ!してみました。
2022年 ニューヨーク旅の準備2 米国入国に必要なもの
コロナ禍2度目の海外旅行へ向けて!しばらく連日でまとめて行こうと思います! 今日は米国入国に必要な書類についてまとめてみました。 (*2022年2月時点のものです。状況は刻々と変ってきますのであしからず。後から見て頂いた方々は、そんな時期もあったんだなぁ~と思い返してくれたらうれしいです。)
2022年 ニューヨーク旅の準備3 日本出国前のPCR検査
コロナ禍2度目の海外旅行へ向けて! 今日はアメリカ入国時に必要な日本出発前のPCR検査陰性証明書をどこで安く取るか?を調べてみたいと思います。
2022年 ニューヨーク旅の準備4 航空券手配
コロナ禍2度目の海外旅行へ向けて! さて、いよいよ、ニューヨーク行の航空券手配をすることにしました。
2022年 ニューヨーク旅の準備5 滞在先手配
コロナ禍2度目の海外旅行へ向けて! 航空券の手配をとうとうしてしまいました!となれば、次は滞在先・ホテルの予約ですね!
2022年 ニューヨーク旅の準備6 日本帰国に必要なもの
コロナ禍2度目の海外旅行へ向けて!今日は日本帰国時に必要な書類について。 これについては、2021年10月のパリ旅で一度経験済みです。 2022年2月24日、アメリカからの帰国に対して、強制宿泊所での待機は不要、自宅での待機期間は7日間。 3日目以降に自主検査をして陰性だった場合には待機期間3日と発表がありました!
2022年 ニューヨーク旅の準備7 税関申告書
コロナ禍2度目の海外旅行へ向けて!今日は日本へ帰国する際の税関申告が電子化されていると知ったので、それについて調べてみました!

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました