機内食

機内食 機内食
チャイナエアライン

機内食回顧録シリーズ CI783 台北 – ホーチミン エコノミークラス APR15

10APR15 CI783 台北 - ホーチミン エコノミークラス 所要時間4時間弱のフライトです。
チャイナエアライン

機内食回顧録シリーズ CI107 成田 – 台北 エコノミークラス APR15

10APR15 CI107 成田 - 台北 エコノミークラス 朝のフライトでしたが、しっかりとした機内食でした。
旅行記

JAL JL822 台北 – 名古屋 ビジネスクラス機内食 17JUL19

JALの台北~名古屋のビジネスクラス。短距離区間ですし、海外で調理されている機内食のはずですが、見た目もお味も本当にしっかりとした、とても満足な機内食を頂きました!!
スポンサーリンク
搭乗記

JAL JL712 シンガポール – 成田 ビジネスクラス機内食&搭乗記 16JUL19

SKY SUITEⅢのシートの成田~シンガポール JL711便に搭乗してきました。機内食は今回はくろぎの和食を選択しました。
旅行記

JAL JL809 成田 – 台北 ビジネスクラス機内食 16JUL19

久々のフルフラットではない「SHELL FLAT NEO」シート搭載の機材でした。ビジネスクラスとしては物足りないシートではありますが、短距離区間としては、なかなか美味しい機内食を頂きました。
旅行記

JAL JL711 成田 – シンガポール ビジネスクラス機内食&搭乗記 15JUL19

SKY SUITEⅢのシートの成田~シンガポール JL711便に搭乗してきました。機内食は今回はくろぎの和食を選択しました。
アシアナ航空

機内食回顧録シリーズ OZ737 ソウル(仁川) – シェムリアップ エコノミークラス APR13

25APR14 OZ737  ソウル(仁川)- シェムリアップのエコノミークラスの機内食です。ナローボディ機ですが、パーソナルモニター付の機材で、当時は大韓航空よりも機材、サービスには定評がありました。
コラム

機内食で出る調味料を調べてみた件、

機内食を頂く際に、もうちょっと辛くしたい、もうちょっと味を濃くしたい、等々思ったことはないでしょうか?ビジネスクラスに乗っていると、航空会社によって塩・胡椒など調味料の対応がマチマチです。そんなことについての息抜きの記事です。
ANA

ANA NH408 秋田 – 羽田 プレミアムクラス機内食 17JUN19

普通席から5,000円の追加でプレミアムクラスへアップグレードしたのですが、なんと!往路とメニューがほとんど同じという、実にがっかりな機内食でした。
ANA

ANA NH403 羽田 – 秋田 プレミアムクラス機内食 17JUN19

ANAのマイルが3,000マイルだけ余っていたので、ANAの新サービス「トクたびマイル」を使って秋田へ行きました。シートは5,000円の追加でプレミアムクラスへアップグレードしたので、機内食も楽しめました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました