コラムニューヨーク税関検査場電子申告

2022年 ニューヨーク旅の準備7 税関申告書

カスタム君コラム
JALショッピング

みなさん、こんにちわ。

JALの公式旅のコミュニティ・tricoでアンバサダーをしています ひことら です。

 

今日はコロナ禍に始まった新サービスについてです!

スポンサーリンク

税関申告について

コロナ禍で色々変っている海外旅行手続き。

今日は、日本へ帰って来た時に必須な税関申告について。

 

今までは、面倒な税関申告書の記入&提出が必須でしたよね。

それが、昨年、令和3年の中頃から電子申告が出来るようになっています!

私は令和3年の10月にパリ旅行をしたのですが、その時も既に利用が出来たようですが、気が付きませんでした。

今回は、絶対にやってみたい!

電子申告が出来る空港

今現在、

税関検査場電子申告ゲートが設置されているのは、以下の7空港のみとのことです。

 

  1. 成田国際空港
  2. 羽田空港
  3. 関西国際空港
  4. 中部国際空港
  5. 福岡空港
  6. 新千歳空港
  7. 那覇空港

6,7についてはまだ国際線も復活していませんし、ここに上がっていない空港も国際線はすべて運休中ですので、これだけでも現状は充分でしょう。

 

電子申告の概要

電子申告の概要がwebサイトに載っていました。

税関検査場電子申告ゲートを利用すると、ターンテーブルに手荷物が出てくるまでの待ち時間を利用して、「携帯品・別送品申告書」を電子的に提出することができます。この場合、書面の申告書の提出は必要ありません。手荷物を受取った後、電子申告ゲートへ進むと立ち止まることなく、スムーズにゲートを通過することができます。
電子申告ゲートは人・人接触を軽減するものであり、ICAO(国際民間航空機関)及びIATA(国際航空運送協会)は、新型コロナウイルス感染症対策の一つとして、電子申告を推奨しています。感染症対策のためにも、ぜひ、電子申告ゲートをご利用ください。

うん、うん。

いい事づくめではないですか!

電子申告のやり方

では、早速実際の申告方法を見てみたいと思います。

1. 税関申告アプリのインストゥール

税関電子申告はアプリを利用して行うようです。

 

アップル
QR_apple
グーグルQR_google
https://itunes.apple.com/jp/app/id1454991621https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.customs.EGateMobile

a

2. アプリへ入力

アプリの案内に従って順番に入力していけば、最後にQRコードが発行されるということです。

実際に入力をしてみました。

税関電子申告アプリ

手書きで書いたものと全く同じ内容なので、迷うことはなかったです。

手書きよりもキーボード打ちの方が楽です!

税関電子申告 QRコード

そして、QRコードが出来上がりました。

 

3. 電子申告端末へ

空港の税関検査場に電子申告機が設置されているとのことです。

ここからは行ってみないとわからないですね・・・💦

 

電子申告機

電子申告機にアプリで作成したQRコードとパスポートを読み取らせ、案内に従って手続きを進めることにより「携帯品・別送品申告書」の提出手続きが完了。

端末で手続きをする間に顔写真を撮影して、パスポートのICチップの顔画像と照合して本人確認を行うそうです。

 

4. 電子申告ゲート

電子申告ゲート

電子申告機での申告が終わったら、そのまま電子申告ゲートへ。

歩いている間に、顔写真撮影&顔認証が行われるため、スムーズに通過することができるそうです。

 

5. 入国完了!

実にスムーズに進みそうですね。

ただ、海外からの方々の持ち物については、しっかりと検査もして頂きたい!

ヤバいものが大量に持ち込まれたら困ります!

 

電子申告利用にあたっての留意事項

最後に、電子申告の留意事項が乗っていました。

今はほとんどがICパスポートだと思いますし、私が気になったところだけ抜粋しますね。

  • 家族でも1人ずつ手続きを行う必要があります。 ➡ 紙の場合には家族で1枚でいいので家族なら紙申請。
  • 免税範囲を超えた携帯品や別送品の申告等がある場合 ➡ 紙での申請
  • 機器の都合上、身長が100㎝以上の方のみ ➡ 小さい方は紙での申請(車椅子利用とか、杖をついたご年配とか)

 

まとめ

私は、こういう最新施設が大好きなので、これだけでも早く空港に行きたいです。

これまで税関申告書は書くのが面倒だったのですが、これからは逆に楽しめそうです!

 

これまでの準備の記録
2022年 ニューヨーク旅の準備1 ESTA取得
日本ではコロナのオミクロン株が大変なことになっていますが、私自身は先週3度目のワクチンを終えました。 毎週PCR検査も定期的に受けていますので、あまり恐怖は感じていません。それどころか、海外への気が流行るばかりです。 今日は、アメリカ入国に必要なESTAをフラゲ!してみました。
2022年 ニューヨーク旅の準備2 米国入国に必要なもの
コロナ禍2度目の海外旅行へ向けて!しばらく連日でまとめて行こうと思います! 今日は米国入国に必要な書類についてまとめてみました。 (*2022年2月時点のものです。状況は刻々と変ってきますのであしからず。後から見て頂いた方々は、そんな時期もあったんだなぁ~と思い返してくれたらうれしいです。)
2022年 ニューヨーク旅の準備3 日本出国前のPCR検査
コロナ禍2度目の海外旅行へ向けて! 今日はアメリカ入国時に必要な日本出発前のPCR検査陰性証明書をどこで安く取るか?を調べてみたいと思います。
2022年 ニューヨーク旅の準備4 航空券手配
コロナ禍2度目の海外旅行へ向けて! さて、いよいよ、ニューヨーク行の航空券手配をすることにしました。
2022年 ニューヨーク旅の準備5 滞在先手配
コロナ禍2度目の海外旅行へ向けて! 航空券の手配をとうとうしてしまいました!となれば、次は滞在先・ホテルの予約ですね!
2022年 ニューヨーク旅の準備6 日本帰国に必要なもの
コロナ禍2度目の海外旅行へ向けて!今日は日本帰国時に必要な書類について。 これについては、2021年10月のパリ旅で一度経験済みです。 2022年2月24日、アメリカからの帰国に対して、強制宿泊所での待機は不要、自宅での待機期間は7日間。 3日目以降に自主検査をして陰性だった場合には待機期間3日と発表がありました!

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました