気になる記事B&F シートSKYTRAXWorld’s Top 100 Airlines

ビジネスクラスシートのランキングを自分なりに検証してみた 2022

Business Class Airline Seats気になる記事
JALショッピング

こんにちは。

JALの旅コミュニティtricoのアンバサダーをしていますひことらです。

 

今日はこちら。

World’s Top 100 Airlines 2022 その2

 

1カ月ほど前に発表された今年度のSKYTRAX社発表のエアラインランキング。

前回、そのランキング内でのエコノミークラスシートのランキングについて自分なりの検証をしてみました。

今回は、そのビジネスクラスシート版となります。

私としては、こちらの方が興味が強いですね。

 

スポンサーリンク

World’s Top 100 Airlines

まずは総合ランキング。

 航空会社CABIN
CREW
I.E.Cabin
Cleanliness
Airport
Services
First
Class
Business
Class
Economy
Class
1Qatar Airways63410812
2Singapore Airlines1422123
3Emirates11112241
4ANA All Nippon Airways211534
5Qantas Airways127141476
6Japan Airlines533785
7Turkish Airlines9118
8Air France1517194139
9Korean Air13761014
10Swiss Air Lines191718319

*I.E.=Inflight Entertainment

 

今回はこのランキングの Business Class Airline Seats のランキングについて深堀りしてみました。

 

Business Class Airline Seats

2022年のランキングは以下の通り。

航空会社
1位Qatar Airways
2位Delta Air Lines
3位Singapore Airlines
4位ANA All Nippon Airways
5位JetBlue Airways
6位British Airways
7位Japan Airlines
8位Oman Air
9位Etihad Airways
10位Gulf Air

それぞれ特徴のあるシートを導入していますが、一部、私的にはえ~?って思うような航空会社もあります。

ここから航空会社毎にそのランキングになった理由を考えて行きたいと思います。

Qatar Airways

カタール航空 ビジネスクラス

カタール航空 ビジネスクラス

 

☆私的解説☆
カタール航空の1位は私も文句なし!と言った心境です。
まず、間違いなく全席扉付で個室&4名ルームや2名でのダブルベッドの対応も可能なQ SUTIE の居住性が支持されたのだと思います。これは現状唯一無二のシートタイプですから。一方で、B787型の最新のビジネスクラスは、リバースヘリンボーン型シートに扉付を付けています。Q SUITEのように4名でシェアすることは出来ませんが、全席が前方を向いたシートになっている点が良い点です。Q SUITEは半分の座席が後方を向いて座るようになっていましたし、1人で乗る際にはQ SUITEの中央の席は逆に落ち着かなかったからです。又、A350とB787型機では中央の天井のコンパートメントをすべてなくし、圧倒的な開放感を出したのもカタール航空ならでは、だと思いますね。
参考
ビジネスクラス
総合順位
機内食ラウンジラウンジ
食事
1位2位2位1位

 

Delta Air Lines

デルタ航空 デルタワン

デルタワン

デルタ航空 デルタワン

リバースヘリンボーン型(A330型機)

DELTA_DELTAONE3

スタッガード型(B767-400)。袖机がでかいっ!使いやすそう。

DELTA_DELTAONE4

新型のスタッガード型

 

☆私的解説☆
正直な気持ちとしては、デルタ航空が2位!?とちょっと驚きましたが、でも、しっかりと思い出してみたら納得するところもありますね。
まず、早くから全席通路アクセスとなるシートの導入を進めていたこと。そして機材に合わせて多様なシートをうまく取り入れていったと思います。スタッガード型、リバースヘリンボーン型。どちらのタイプも採用しています。
そして、扉付のデルタワンの登場でビジネスクラスシート2位を確定づけたように思います。扉付は全世界初だったのかな?既にかなりの知名度ですし、実際に乗られたことがある人もたくさんいて、その方々にしっかりと支持をされているでしょうね。
参考
ビジネスクラス
総合順位
機内食ラウンジラウンジ
食事
9位10位圏外10位圏外10位圏外

 

Singapore Airlines

singaporeailines_business

singaporeailines_business

 

☆私的解説☆
シンガポール航空の3位も納得ですが、2位でもよかったのかな。
太っ腹!と言えるほどの豪快な広さのシートと高スペックのシートを他社に先駆けて導入している航空会社だと思います。
B777型機やA380型機のシートレイアウトは、スタッガード型でもない、リバースヘリンボーン型でもない、それでも全席が通路アクセスとなっているシート。他の航空会社では見たことがありません。
参考
ビジネスクラス
総合順位
機内食ラウンジラウンジ
食事
2位3位4位5位

 

ANA All Nippon Airways

ANA_ROOM

THE ROOM(B777-300ER)

スタッガード型(B787型機など)

 

☆私的解説☆
扉付の完全個室タイプのTHE ROOMが出来たことによって評価も急上昇。それも納得のシートだと思います。そして、扉以上にもはやソファと言っていいほど横に広いシートが実は一番の特徴だと思います。これは上位ランキングされている航空会社をも凌駕しています。
また、それ以外のスタッガード型のシートも快適だと思います。
参考
ビジネスクラス
総合順位
機内食ラウンジラウンジ
食事
3位5位10位圏外10位圏外

 

JetBlue Airways

JETBLUE

JET BLUE

JET BLUE Mint

 

☆私的解説☆
私もこの航空会社のビジネスクラスには非常に興味を持っていまて、このブログでも何度か紹介していました。それでも名だたる航空会社を押さえて、なんと5位にランキングされているとは想像もしていませんでした。
機内食、ラウンジなど他の項目はすべて圏外、ビジネスクラスの総合順位も20位圏外でしたので、如何にシートの評価が飛び抜けて高いのことがわかりますよね。
特徴はナローボーディ機で1席-1席という信じられないほどぜいたくな配置と扉付の完全個室型のシートということ。写真を見るだけでやっぱり魅力的ですよね。
参考
ビジネスクラス
総合順位
機内食ラウンジラウンジ
食事
20位圏外10位圏外10位圏外10位圏外

 

British Airways

BA308 ボーイングB787-800 ロンドン(LHR)~パリ(CDG) 搭乗記 20OCT21

CLUB WORLD

ba_clubsuite

Club Suite

 

☆私的解説☆
このランキングが唯一???でした。
私自身が英国航空のビジネスクラスがあんまり乗りたくないシートの1つだからです。CLUB WORLDというシートはB777で、横にトータル8席も詰め込まれています。プレミアムエコノミーと変わらないんですよね。さらに前向きと後ろ向きのシートが交互に設置されているので、ブラインドを上げている状態だと、見知らぬ隣の方と完全に目が合ってしまう。そのプライバシーのなさ感がどうしても好きには成れずにいます。
ただ、近年になってやっと、リバースヘリンボーン型で扉付のシートが設置されるようになりました。こちらのシートは最高です。大逆転の快適なシートになりました。それならこのランキングにも納得!
でも、保有機体のうちの本当にわずかな数の機体にしかまだ設置されていないことと、CLUB WORLDより更に1つ上のCLUB SUITEというカテゴリーになっているので、これをビジネスクラスとして認めていいのかも疑問が残りました。
参考
ビジネスクラス
総合順位
機内食ラウンジラウンジ
食事
16位10位圏外10位圏外10位圏外

 

Japan Airlines

JAL SKY SUITE B787-900

SKY SUITEⅠ

B767-300ER SKY SUITEⅡ 羽田~金浦 搭乗記 21SEP22

SKY SUITEⅡ

JL037 SKY SUITEⅢ

SKY SUITEⅢ

 

☆私的解説☆
3種類あるSKY SUITEシリーズのシートはなかなか快適なシートだと思います。しかしながら、SHELL FLATと呼ばれる一昔前のシートを搭載している大型機もまだかなり運用されているので、それらを合わせて総合的に見るとこのぐらいのランキングになってくるのは納得かなぁ~と思います。
ただ、SKY SUITEについても、今となっては若干既にマンネリというか古い感じは否めない。その点がANAや英国航空よりもランキングが下だった理由かとも推測しました。
参考
ビジネスクラス
総合順位
機内食ラウンジラウンジ
食事
8位10位圏外10位圏外10位圏外

 

Oman Air

omanair_experience

 

☆私的解説☆
JALのSKY SUTIEⅠと同じ仕様のシートが運用されています。このシートの評価が高いのだと思われます。ワンワールドへの加盟が決まっているオマーンエア。これからも頑張ってほしいところです!
参考
ビジネスクラス
総合順位
機内食ラウンジラウンジ
食事
17位10位圏外10位圏外10位圏外

 

Etihad Airways

エティハド航空 ビジネスクラス

扉付リバースヘリンボーン型(A350型機)

エティハド航空 ビジネスクラス

スタッガード型シート(B787型機)

 

☆私的解説☆
中東御三家と言われている航空会社。スタッガード型シートと扉付のリバースヘリンボーン型を併用。長距離路線だとそれ以外のいわゆる一昔前のハズレビジネス席は存在していないのも安心できる点です。扉付のリバースヘリンボーン型のシートを設置したA350型機はカタール航空同様、中央の天井のコンパートメントを外しているので機内の開放感もあって最高。A350型機が増えていったら、ランクはもっと上がると思います。
又、機内食やラウンジの食事でも10以内にランキングしているのもチェックですね。
参考
ビジネスクラス
総合順位
機内食ラウンジラウンジ
食事
5位4位10位圏外7位

 

Gulf Air

gulfair_business

 

☆私的解説☆
実はエコノミーシートでも10位にランクインしていたのですが、なんとビジネスクラスのシートでもランクインしていると、なかなか底力のある航空会社だなぁ~と感じました。なんせエミレーツ航空を差し置いてのランクインですから!
そして肝心のシートですが、こちらもオマーン航空と同様、JALのSKY SUITEⅠ型のシートですね。
ちなみにバーレーンのラウンジも10位にランクインしていました。
参考
ビジネスクラス
総合順位
機内食ラウンジラウンジ
食事
15位10位圏外10位10位圏外

 

まとめ

どうでした?

なかなか興味の沸く航空会社も含まれていたのではないでしょうか?

中東の航空会社が4社も入っていることと、JETBLUEがかなり上位に入っているのが驚きでした。

中東が大健闘!している中、まだ古いタイプのシートが大半のエミレーツ航空は、今のままでいいのかなぁ~とは感じました。

 

タイトルとURLをコピーしました