気になる記事B&F シートビジネスクラススタッガードリバースヘリンボーン

ノンアライアンス航空会社の魅力的なビジネスクラスシート 22年10月版

ビジネスシート1気になる記事
JALショッピング

こんにちは。

JALの旅コミュニティtricoのアンバサダーをしていますひことらです。

 

今日の記事はタイトル通り、

アライアンス以外で馴染みが薄くても魅力的なビジネスクラスシート

 

私は、JALマイラー&FOP修行僧。

飛行機を選ぶ際には、ワンワールド加盟航空会社を優先しています。

それ以外の航空会社を選ぶことは少ないのですが、他の航空会社のビジネスクラスにも大変興味を持っています。

特に、窓側&通路アクセスのシート。

いわゆる、リバースヘリンボーン型とスタッガード型のものですね。

今日は、日々調べているそういったビジネスクラスシートを持つ航空会社を紹介してみたいと思います。

3大アライアンスに加盟をしていない航空会社限定です。

 

※これは、約4年前にも記事にしていたもののリニューアルです!

 

スポンサーリンク

スターラックス STARLUX Airlines

  • 本拠地:台湾
  • World’s Top 100 Airlines 2022 100位以下

 

STARLUX Airlines A330

A330-300型機のスタッガード型シート。

まもなく、ファーストクラスを搭載したA350-1000型機も導入されます。そちらも楽しみです。

 

落ち着いた色合いが高級感を感じます。袖机にはワイヤレス充電が設置、モニターは17.5インチで4K液晶とスペックも高いと思います。アジアのエミレーツを目指すと表明しているので期待大です。

 

フィリピン航空 Philippine Airlines

  • 本拠地:フィリピン
  • World’s Top 100 Airlines 2022 100位以下

 

Philippine Airlines A350

A350-900型機のスタッガード型シート。

 

袖机の大きさが最大級クラス。食事を取りながらのノートパソコン操作も出来そうで、使い心地が良さそうだな、と思っています。ランクは100位以下ですがフレンドリーなサービスが受けられると思うので、それについての不安はないです。

ハイナン航空 Hainan Airlines

  • 本拠地:中国
  • World’s Top 100 Airlines 2022 14位

 

Hainan Airlines A350-900

A350-900型機のスタッガード型シート。

Hainan Airlines A330

Hainan Airlines A350-900

A330-200,-300型機のリバースヘリンボーン型シート。

 

5つ星認定を受けたこともある航空会社なのでサービスも期待が出来そう。中国が拠点ですが、キャセイパシフィックのようなのかな?と思っています。リバースヘリンボーン型とスタッガード型の両タイプを採用している数少ない航空会社の1つです。

 

中国南方航空 China Southern Airlines

  • 本拠地:中国
  • World’s Top 100 Airlines 2022 13位

 

中国南方航空 China Southern Airlines

中国南方航空 China Southern Airlines

B777-300ER型機のスタッガード型シート。

中国南方航空 China Southern Airlines

A350-900型機のスタッガード型シート。

 

スカイチームから脱退後は独自の進化を遂げています。中国の中ではSKYTRAXランキングでは最上位。5つ星航空会社のハイナン航空やキャセイパシフィックよりも上位になっているので、サービスも期待が出来ると思います。
過去に何度か利用したことはありますが、その時は”中国”ってサービスでしたけど💦

 

ビスタラ Vistara

  • 本拠地:インド
  • World’s Top 100 Airlines 2022 20位

 

Vistara B787-900

B787-900型機のスタッガード型シート。

 

インドの新興の航空会社ですが、SKYTRAXのランキングでは既にエアインディアを抜いてインド1位。シンガポール航空の資本が入っているので、サービスも期待が持てるのでは?と思っています。

 

ジェットブルー JetBlue Airways

  • 本拠地:米国
  • World’s Top 100 Airlines 2022 41位

 

JETBLUE

A321neo型機のMintと呼ばれるリバースヘリンボーン型ビジネスクラス。

JET BLUE

最前列の広さは凄すぎます!

 

ナローボディ機で横1-1席の並びはファーストクラス並ですし、扉のある完全個室のシートも圧倒的に魅力的です。
でも路線はニューヨーク~ロンドンだけみたいなので、乗れるチャンスは少ないかな。

 

ウエストジェット West Jet

  • 本拠地:カナダ
  • World’s Top 100 Airlines 2022 39位

 

westjet-787-900-2r

B787-900型機のリバースヘリンボーン型。

 

WEST JETは今年からJALの成田~バンクーバー路線で共同運航を始めます。その先のバンクーバー~カナダ路線は逆にJALとの共同運航が始まるかもしれません。もしかしたらその路線でこのシートに乗れるかも!とか考えています。

 

エルアル・イスラエル航空 El Al Israel Airlines

  • 本拠地:イスラエル
  • World’s Top 100 Airlines 2022 100位以下

 

エルアル・イスラエル航空 El Al Israel Airlines

B787-800,-900型機のスタッガード型ビジネスクラス。

 

日本就航が決まった航空会社なので特に気になっています。色合いが落ち着いていて好きなシートですが、サービスや食事など謎が大きいだけに興味も沸きます。テルアビブからの乗り継ぎがよくて運賃が安めだったら一度は乗ってみたいとも思いました。

 

エア セルビア Air Serbia

  • 本拠地:セルビア
  • World’s Top 100 Airlines 2022 92位

 

Air Serbia

A330-200型機の変形・スタッガード型ビジネスクラス。

 

王様シートと呼ばれる両側に袖机のあるシート。マレーシア航空、スイスエア、オーストリア航空なんかにありますが、この席は魅力的です。

 

まとめ

どうでしたでしょうか。

魅力的なシートは見つかりました?

今回は3大アライアンスは外しましたが、いつか、アライアンスに加盟している航空会社でも調べてみたいと思います。

今日はこんな感じで終わりにします。

 

 

おまけ

ワンワルード・コネクト(準会員みたいな感じ)には参加している、フィジーエア FIJI Airwaysにも気になるシートがありますので、最後におまけとして・・。

 

  • 本拠地:フィジー
  • World’s Top 100 Airlines 2022 36位

 

FIJI AIRWAYS

A350-900型機のリバースヘリンボーン型シート。

 

タイトルとURLをコピーしました