フライト搭乗記キャセイパシフィックエアバスA350-1000国際線ビジネスクラス

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

cx505サムネフライト搭乗記
JALショッピング

こんにちは。

JALの旅コミュニティtricoのアンバサダーをしていますひことらです。

 

今日は、キャセイパシフィックの搭乗記録をお届け!

香港経由でのバンコク旅の最初のフライトです。

 

機材はエアバスA350-1000型機。

コロナ禍でありながら、最大級の機材に乗ることが出来ました。

 

スポンサーリンク

旅程

今回の弾丸旅の全フライトはこちら。

日付区間&時間機材備考
CX50506SEPNRT:18:15✈HKG:22:10A350-1000今回はここ!
CX70507SEPHKG:08:00✈BKK:10:00A350-900
CX75008SEPBKK:11:00✈HKG:15:00A350-900
CX52009SEPHKG:11:30✈NRT:16:35A350-1000

 

チェックイン

キャセイパシフィックはフライトの48時間前からオンラインチェックインが可能です。

キャセイパシフィックからのメール

このようにお知らせメールが来ましたが・・・

何度トライしても、48時間前にはオンラインチェックインは出来ませんでした。

後で聞いたところ、コロナ禍の今は出入国に必要な書類のチェックをするために、必ずカウンターでのチェックを受けなければならず、モバイル搭乗券や自分で印刷できる搭乗券の発行はしていない、ということでした。

 

搭乗からプッシュバックまで

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

自席は12K席。

最前列はマイレージ上級会員用にブロックされていて、WEBサイトでは予約が出来ませんので、電話で指定をお願いしました。

正確に言うと、LINEのチャット機能でですね。

コロナ禍の対応で、恐らくスタッフは東京にはおらず、在宅や海外におられるスタッフが対応してくれていたのだと思います。

旅行会社から購入した航空券で、JALの上級会員ではありますが、対応頂けました。

4区間分まとめてすべて最前列を指定することが出来ました!

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

搭乗ゲートは75。本館の第三ターミナル側の一番奥でした。

ゲーツに着いた時は既にほとんどの方々の搭乗が終わっていました💦

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

乗り込みます。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

一番奥に見えるのが本日の機体。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

本日の機体その2。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

既に搭乗橋の1つはクローズされていました。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

乗り込みました!JALだと鶴丸のある場所。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

自席の12K。右際窓席の最前席です。リバースヘリンボーン式のシート。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

足元はかなり広くて、同じリバースヘリンボーンのJALのSKY SUITEⅢよりも開放感があります。

JL037 SKY SUITEⅢ

こちらがJALのSKY SUITEⅢ

モニター部分が固定されてせり出ている分、圧迫感があるんですよね。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

サイドテーブルには、読書灯、シートコントローラー、そしてエンターテインメントコントローラー。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

扉のあるキャビネット内にはヘッドフォン。USB電源とACコンセントも中にあります。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

カバーには鏡がありますが、鏡にもカバーがあっていいですね。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

スマホなども閉まっておけるポケットがあるので、充電したままスマホを収納して、キャビネットは閉じておけます。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

足元にもかなりの収納力がある荷物入れがあります。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

ノートパソコンやトートバックぐらいはすべて軽く入ります。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

ひじ掛けは手動であげれます。あげるとペットボトル収納も現れます。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

そして、この微妙なスペース。ベッドにした時にベッドが広くなるという優れもの。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

マガジンラック。

機内誌、機内販売カタログ、エンターテインメントガイドなどはコロナ禍ですべて撤収。

それらは機内WIFIにて各自のスマホやパソコンで見るようになっていました。

入っているのは、非常時のガイドのみ。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

個人モニター。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

18インチぐらいでしょうかね。

最新機材ですから、もちろん!タッチパネル式です。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

この席はシネット(幼児用ベッド)が設置できる座席となっていましたが、この前のスペースの上に置くようです。

ちなみにこの下は客室乗務員用の物入れになっていました。

 

さて、シート周りのレポートはこのぐらいで。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

席についたらまもなくウエルカムドリンクを持ってきてくれました。

サイドテーブルに置いてあったのは、機内食メニューとコロナのケアキットでした。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

お約束の1枚。

 

フライト中

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

自席からの機内の方向の視線はこんな感じでした。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

さて、プッシュバックが始まります。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

機外カメラは2つ尾翼上と前面。

これを個人モニターに表示しながらフライトです。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

成田空港も夕焼け空の中、

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

プッシュバック開始。目の前に見えるのはLCC用の第三ターミナルですね。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

滑走路へと向かいます。

外は日が落ちて一気に暗くなり、機内の反射が映ってしまって窓からの写真が撮りづらくなってきました。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

いっつも、どっちのカメラをセットしようかな、って悩みます。(笑)

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

エンターテイメントコントローラーと使って2画面表示!

(この後、三脚はこけてあえなく1画面に。。。)

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

沖合に泊まっているJAL機を見ながら。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

滑走路へと。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

第一ターミナル前の横を通り過ぎます。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

滑走路は第一滑走路のようです。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

ANAのフライングホヌの前を通って滑走路へ。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

飛び立ちます。

離陸時は動画にて。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

離陸時のルートはこんな感じでした。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

幕張とか浦安みたいな感じですが、千葉県の君津市上空です。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

富士山が見えるかもと思って右側座席にしましたが、すっかり真っ暗でそんな状況ではなかったです。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

離陸後の成田近辺のルート。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

機内では機内食タイム!

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

テーブルを広げて準備をします。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

機内のルートマップは飛行機が大きすぎて詳細な位置がわからないのが欠点💦

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

これもダメだし。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

これもダメ。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

あぁぁ~と思って食事に走る。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

食事後はWIFIに繋いだ(有料)パソコンでネットサーフィンをしたり、映画のトップガン・マーベリックを楽しみました。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

そうこうしている間に、香港国際空港の乗継ゲート案内が表示されるようになりました。

キャセイパシフィックのこの案内はとっても便利で親切ですね。シンガポール航空などでもあったように思います。

一方で、JALはないですね・・。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

この詳細がわからないフライトマップでチェック。

やっぱりわからない。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

色々触りましたが、ダメですね。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

JALに登用されるA350-1000型機のフライトマップがこれだったら嫌だなぁ~とも思いながら見ていました。

 

着陸から降機まで

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

着陸態勢に入り機内の照明が落とされてから、窓からの風景も写真に収められるようになってきました。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

これは機外カメラの映像。東京湾横断道路みたいなものが。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

これは海ほたる。

これらはマカオと香港を繋ぐ港珠澳大橋西人口島です。

 

着陸時の動画はこちら。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

着陸付近の航路。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

着陸!

この滑走路、実は香港国際空港に出来た第三滑走路のようでした。

慣熟運用ということらしいです。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

Google Mapではまだ埋立地の状態になっています。(笑)

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

空港内のどこだかよくわからない灯りを見ながら搭乗スポットへと向かいます。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

この誘導路近辺もGPSを見ると埋立地を走行しているようになっていました。(笑)

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

そして、搭乗スポットへと到着。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

お隣にはルフトハンザが駐機していました。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

到着から降機までは実にスムーズ。機内で増されたり、降機の順番が決まっているワケではなく、普通に前から順に降機が出来ました。

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

今回はトランジットなので、その案内に従ってトランジットゲートへと向かうのでした。

 

フライトログ

エアバスA350-1000型機 CX505 成田~香港 搭乗記 ビジネスクラス 06SEP22

今回の全体のルートはこんな感じ。日本と香港の航路は那覇行とは違っていて、宮崎&鹿児島上空を通り、台湾もかすめるルートなんですね。

知らなかったです!

日中のフライトだったら、もっと楽しめたのに、ちょっと残念でした。

 

便名CX505
搭乗日06SEP22
出発地NRT
出発時間(予定/実際)18:15/18:44
離陸滑走路16R
到着地HKG
到着時間(予定/実際)22:10/21:24
着陸滑走路07L
所要時間(予定/実際)04:55/03:40
機材A350-1000
機体番号B-LXL
自席12K
獲得JALマイル1,276
獲得FOP1,276

 

タイトルとURLをコピーしました