旅行記プレミア客室ビジネスクラスキャセイパシフィックリバースヘリンボーン

キャセイパシフィック ビジネスクラスシート乗り比べ(リバースヘリンボーン型)

エアバスA350-900型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート 旅行記

キャセイパシフィックのフラグシップビジネスシートは、こちら。

キャセイパシフィック ビジネスクラス

キャセイパシフィックのリバースヘリンボーン型シートですが、発表から既に10年近くがたっています。

その間、基本的な仕様は維持しつつ、少しづつマイナーチェンジが行われていて、新しいものになればなるほど、改良されて、より心地のよいものへと進化していってる印象です。

今回は、実際に搭乗した際の写真と共に、その進化の違いを比べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ボーイングB777-300ER型機

対象フライト:23MAY18 NRT-HKG CX501便

機材:ボーイングB777-300ER 機体番号:B-KQC

自席:11K

シート周り

キャセイパシフィック B777-300ER ビジネスクラス

こちらが11Kの座席。Aコンパートメントの先頭です。

キャセイパシフィック B777-300ER ビジネスクラス

お隣の11D、11Gの座席。

コントローラー

キャセイパシフィック B777-300ER ビジネスクラス

それまでのジャンボジェット機と呼ばれる B747-400では、通路に向かうタイプのヘリンボーン型で、

ボーイングB777型機が、最初にリバースヘリンボーンシートが搭載された機材です。

そのため、仕様は最もオリジナルに近く、コントローラーやヘッドフォン端子が旧式仕様になっています。

収納スペース

キャセイパシフィック B777-300ER ビジネスクラス

暗くて見づらいですが、サイドテーブル下に収納スペースがあります。蓋などはなく、むき出し状態です。

オットマンは特に収納用には作られておらず、荷物は上に置くだけ。なので、離発着時にオーバーヘッドコンパートメントへ収納するようにと、注意をされてしまいます。

キャセイパシフィック B777-300ER ビジネスクラス

アームレスト下に靴入れがあります。きちんと扉があっていいのですが、私の28cmの大きい靴は入らないんですよね。

シートモニター

キャセイパシフィック B777-300ER ビジネスクラス

画面サイズは15.4インチです。最新機材からすると、これでも少し小さく感じてしまいます。

タッチパネル仕様にはなっています。

エアバスA330-300型機

対象フライト:12MAR19 NRT-HKG CX527便

機材:エアバスA330-300 機体番号:B-LAP

自席:20A

 

キャセイパシフィックのエアバスA330-300型機はリージョナル(中短距離)仕様とフルフラット(長距離)仕様の2種類があります。

ここ最近の日本路線は、フルフラット(長距離)仕様が運用されることが多いみたいです。これはうれしいですね。

シート周り

キャセイパシフィック エアバスA330-300型機 ビジネスクラス シート

20AはBコンパートメントの先頭。

キャセイパシフィック エアバスA330-300型機 ビジネスクラス シート

シート周り。コントローラー、読書灯、シートコントローラー、AC電源他

キャセイパシフィック エアバスA330-300型機 ビジネスクラス シート

足元に収納はなく少々狭い印象。

テーブル

キャセイパシフィック エアバスA330-30

キャセイパシフィック エアバスA330-30

折り畳み式のテーブルは非常に使い勝手が良いです。

収納スペース

キャセイパシフィック エアバスA330-300型機 ビジネスクラス シート

サイドテーブル下に三角形の収納。ノートパソコンはサイズによっては入りません。

キャセイパシフィック エアバスA330-300型機 ビジネスクラス シート

ひじ掛け下は収納にはなっていません。

キャセイパシフィック エアバスA330-300型機 ビジネスクラス シート

サイドテーブル上のキャビネットは、ヘッドフォンを出しておけば、パスポートケースやスマートフォンなどが収納可能でした。

キャセイパシフィック エアバスA330-300型機 ビジネスクラス シート

ひじ掛け下は、靴入れになっています。ただ、大きな靴は入りません。

シートモニター

キャセイパシフィック エアバスA330-300型機 ビジネスクラス シート

画面サイズは15.4インチです。モニターサイズはもう少し大きく出来そうなスペック。

タッチモニター機能あり。

 

基本はボーイングB777型機に初めて搭載されたバージョンと変わりないシートですので、B777型機と合わせて、A3330型機への搭載シートは第一世代ということになります。

エアバスA350-900型機

エアバスA350型機は、A330型機と比べて、機材自体そして、シートもかなり向上しています。

まず、全機、機内WIFIが装備されました。

シート周りもとても利用しやすく、便利に改善されていました。

 

対象フライト:13MAR19 HKG-SIN CX635便

機材:エアバスA350-900 機体番号:B-LRN

自席:20A

シート周り

エアバスA350-900型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

20AはBコンパートメントの先頭座席

エアバスA350-900型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

お隣の20Dと20G。

エアバスA350-900型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

初代に比べてパーテションが大きくなり、よりプライベート感が増した印象です。

エアバスA350-900型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

エアバスA350-900型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

電源とヘッドフォンジャックは、キャビネット内へと移りました。これで充電中のスマホなどは、キャビネット内で充電できるようになりました。

エアバスA350-900型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

ベッドにした時によりベッドのサイズが大きくなるように、ひじ掛け下に収納式のシートマットが出来ました。

エアバスA350-900型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

足元が非常にすっきりしました。

テーブル

エアバスA350-900型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

とても使いやすい折り畳み式のテーブルは同型が継続。

コントローラー

エアバスA350-900型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

4.3インチのビデオハンドセットになりました。

パーソナルTV画面とは別のエンターテインメントをハンドセットで見ることができます。

映画を見ながらフライトの最新状況が確認出来るのは、本当に便利だと思います。

収納スペース

収納の場所が一気に増えました!

荷物が少ない時は、頭上のオーバーヘッドコンパートメントを利用しなくても、よいぐらいです。

エアバスA350-900型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

サイドテーブルのキャビネットが広くなりました。ヘッドセットを入れたままでもスマホやパスポート、文庫本などは同時に入ります。また、ネットポケットが出来ました。

エアバスA350-900型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

アームレスト下がペットボトルも入る、収納になりました。

エアバスA350-900型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

サイドテーブル下の収納が大容量になり、蓋ができました。

シートモニター

エアバスA350-900型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

画面サイズが18.5インチと大型化されています。

(これでも充分大きいのですが、JALSKY SUITE Ⅰ23インチ。それが異常すぎる大きさなんですよね。)

エアバスA350-1000型機

エアバスA350-900型機よりも大きく機体が伸びています。

CX Seatmap-A350-900

A350-900 5コンパートメント

CX Seatmap-A350-1000

A350-1000 4コンパートメント

 

ですが、A350-900型機のビジネスクラスは10列が、2つのコンパートメントに別れているのに対して、1000型機は12列が1つのコンパートメントにまとまっています。

エアバスA350-1000型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

後方座席から見ると、ビジネスシートがずらぁ~と並ぶ様子はかなり圧倒されます!

対象フライト:21MAR19 BKK-HKG CX712便

機材:エアバスA350-1000 機体番号:B-LXJ

自席:17A

 

エアバスA350-1000型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

エアバスA350-1000型機 キャセイパシフィック ビジネスクラス シート

シート自体は、900型機とまったく同様です。

エアバスA350型機に搭載のシートが第二世代シートということになります。

 

最後に

やはり第二世代のシートは色々と改良が加えられていて、より利用しやすい仕様になっています。

エアバスA350型機は全機 WIFI対応なのも便利です。

これ以上どこを改良する場所があるのか、と思えるぐらい完成度は高いとは思いますが、それでも、これからも改良は続いていくことでしょう。

 

最後に、

最新鋭のエアバスA350-1000型機のシートモニターで日本語の映画を探してみました。タッチパネルで操作は簡単。サクサクと探すことができました。

ちなみに日本語で楽しめる映画は、全部で60本もありました!

最新鋭のビジネスクラスで映画を堪能!

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました