プレミア客室ビジネスクラスガルーダインドネシア航空スタッガードボーイングB777-300ER

GA:ボーイングB777-300ER スタッガード型ビジネスクラス

ガルーダインドネシア航空 ボーイング777-300ER機 プレミア客室
ジャカルタ スカルノハッタ国際空港

ガルーダインドネシア航空機でいっぱいのジャカルタ・スカルノハッタ国際空港。

スポンサーリンク

GA875 13OCT18 HNDCGK ビジネスクラス

ガルーダインドネシア航空にて、バリ島への旅行中の最初のフライト。

羽田空港からジャカルタ・スカルノハッタ国際空港へ。

機材は、ボーイング777-300ER機。

ビジネスクラスの座席配列は、スタッガードタイプです。

座席まわり

スタッガードタイプにも、ANAのように全席が完全な独立タイプと、真ん中2席が隣り合うタイプとあるけど、

ガルーダインドネシア航空のビジネスクラスは、真ん中が2席並んだタイプ。

私は一人旅なので、真ん中の席になった場合には、かなりきまづく、ストレスMAX。

ガルーダインドネシア航空 ボーイング777-300ER機
ガルーダインドネシア航空 ボーイング777-300ER機

モニターはビジネスクラスにしては、小さいです。

もっと大きいモニターでもセットできる広さがあるだけに、残念。

ガルーダインドネシア航空 ボーイング777-300ER機
ガルーダインドネシア航空 ボーイング777-300ER機

コントローラーとシート調整ボタン。

ボーイング787やエアバス350を見なれ始めているので、このタイプは少し古く感じてしまう。

ガルーダインドネシア航空 ボーイング777-300ER機

手荷物はオットマンの下にむき出しに置くか、ひじ掛け下のこの小さなスペースにしか収納が出来ない。

ガルーダインドネシア航空 ボーイング777-300ER機

電源とUSB充電端末。ただ、ここでスマホを充電しようとしても、スマホを置くスペースがない。

いつでも、テーブルを出して、テーブルの上に置いていました。

ガルーダインドネシア航空 ボーイング777-300ER機
ガルーダインドネシア航空 ボーイング777-300ER

シート コンフィグ

ガルーダインドネシア航空のボーイングB777-300型機には2種類あります。

ファーストクラスの設定があるかないかの違いで、

日本路線には、ファーストクラスがない機材が就航しています。

ビジネスクラスの作り自体は同じとなっています。

 

SeatGuruによる情報

ガルーダインドネシア航空 B777-300
ガルーダインドネシア航空 B777-300 機内座席配置図

 

アメニティ

未だに開封もしないまま、引き出しに埋もれているであろうアメニティ。

この距離でバッグに入ったアメニティが頂けるのはうれしい。

JALやANAではもらえませんので。

ガルーダインドネシア航空 ボーイング777-300ER機

最後に。

ガルーダインドネシア航空の中では、最新の部類に入る仕様のコンフィグです。

2席ー2席ー2席のシート配列の旧式シートに比べたら、断然に居心地の良いシート。

ただ、収納スペースが少ない、電源の場所、モニターの大きさなど、

少々、使いづらい印象が残りました。

それでも、それを打ち消すほどのスタッフのフレンドリーさ、ホスピタリティがありました。

5つ星航空会社に選ばれるのも納得のサービスでした。

*デルタ航空の特典航空券にて発券のため、マイル加算なし。

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました