気になる記事コロナ

コロナにかかった。その後 22年8月18日

コロナ3気になる記事
JALショッピング

こんにちは。

JALの旅コミュニティtricoのアンバサダーをしていますひことらです。

 

さて、コロナ自宅療養中の我が身でございます。

 

これまではこんな感じです

 

0⃣ 日目 違和感

朝起きた時から若干、喉に違和感。

でも、よくよく考えたら前日から喉の違和感は感じていたみたい。

そういうツィートしてるから。

 

  0⃣ 日目 発症日

喉の痛みは強く感じ、体温も37.5度ありました。

午後に体温が下がったので、無料PCR検査を受信。

 

  1⃣日目

正確にはこの日が療養開始日の1日目。

無料PCR検査の結果は疑陽性

医療機関の検査ではないので、”疑い”止まりの表現ですが陽性です。

 

朝の体温:38.6度

それ以後の体温:36.8度~37.2度。

 

朝にそんなに体温上がっていた感じはしませんでした。

見間違えたかな?

と思いましたが、体温計の記録を見たら、しっかり38.6度でした。

 

  2⃣日目

かかりつけ医にて改めてPCR検査受診。

そうすれば、任意保険の入院保険手当がもらえるらしいので受けました。(笑)

回復してからのお小遣いになります!

 

朝の体温:36.8度

それ以後の体温:35.6度~37.2度あたりをいったりきたり。

熱が出ているという意識はまったくなく、普通に過ごせました。

 

でも、平熱は36.5度なので、平熱よりも下の体温が出ることもありました。

おかしいなぁ~と思い調べて見たら、これは免疫力がなくなると体温が平熱よりも下がることがあるそうです。

知らなかった。

 

  3⃣日目

かかりつけ医でのPCR検査の結果が出て、正式に陽性

これで晴れて?コロナ患者となりました💦

 

さて、やることしなくっちゃ!

 

  自分の濃厚接触者への連絡

感染したであろう場所で一緒にいた知人へ連絡。

マスクを外しての外食時に一緒にいた人は濃厚接触者ということでした。

 

  食料品支援の申込み

同居の家族は別の場所へ避難してもらうことを前提に、食料品支援を「うちさぽ東京」へ頼みました。

 

申し込むにあたり以下の誓約書へのサインをしました。

  1. 自身は新型コロナウィルスり患による自宅療養で、配食またはパルスオキシメーターを必要としている
  2. 濃厚接触者の方や宿泊療養をご希望の方をお申し込みに含めていない
  3. 食料品の蓄えが自宅にない
  4. ネットスーパーや民間の宅配サービス等を利用することが難しい
  5. 同居のご家族や近くにお住いの親戚等、食料品の調達をお願いできる方がいない
  6. お申込み情報は保健所に共有されます

 

  接触確認アプリCOCOAへの陽性登録

厚生労働省からSMSが入りました。

厚生労働省の接触感染アプリ COCOAへの登録をしてくださいとのことでしたので、入力を行いました。

これでGPSを使って、自分の近くにいた人に連絡が入ります。

でも、私の陽性でアラートが出る人、家族以外で3人もいないと思います。

厚生労働省からのSMS

COCOA

 

それから、都に15日に申し込んでいたものも到着しました。

抗原定性検査キット

抗原定性検査キット

抗原定性検査キットです。

こちらも無料。ありがたいです。

早いけど!早速家族でやってみました。

 

抗原定性検査キット

Tに黒い線が浮かび上がると、コロナ陽性なのですが、

うっすらですが、線がしっかりと出ていますね。

 

感染者の検査結果を見た事ない人も多いのでは?

 

ちなみに今日の様子。

朝の体温:36.7度

それ以後の体温:36.5度。熱は完全に日常の状態に戻ったようです。

症状としては、鼻がまだ少し詰まっています。

それから、嗅覚、味覚についても問題がないので、美味しく食事が出来ています。

 

こんな感じでした。

今日は、この辺で。

 

 

タイトルとURLをコピーしました