コラムJALファーストクラスエアバスA350-900

JL エアバス AIRBUS A350-900型機 お披露目会に潜入!【普通席編】

JAL A350-900型機 国内線 普通席 コラム

2019年06月21日、JALのコミュニティサイト【Discova】主催のエアバス AIRBUS A350型機のお披露目会に参加して参りました!そこで、一般人としては最初の見学者の1人に入れた私が(笑)、この エアバス AIRBUS A350型機をレポートしたいと思います。

ファーストクラス、クラスJに続いて、JAL エアバス AIRBUS A350-900型機 普通席です。

 

ファーストクラス、クラスJの紹介は以下です。

スポンサーリンク

Discovaとは?

Discovaとは、JALが直接、編集・運営をしている旅のコミュニティサイトです。

口コミやJALに関するコラムや、特集記事、みんなの投票などのコンテンツがあります。

その中でも、最も盛り上がっているのが口コミ情報で、口コミには2種類あります。

 

1つ目は「発見レポ」

訪れた場所、お店、出逢った人、食べたものなど、日本各地、世界各地で会員が体験したモノ、事を写真と共に投稿する場です。。

そして、もう1つがJALの話題で盛り上がる「JALトーク」

旅行記のような体験談から、ラウンジ、機材、マイル、等々、とにかくJALファンのあるあるを語る場です。

 

今回は、このDiscovaの会員限定で募集をしていたDiscova会員限定!格納庫見学ツアー 第二弾!」が、時期的にJAL エアバス AIRBUS A350型機JAL受け渡しの時期と重なっため、JALさんとDiscovaの粋な計らいで、メディア発表の翌日、一般人としては最初のエアバス機内の見学が許された、非常に貴重な経験になったのでした。

 

 

AIRBUS A350-900 JAL 国内線仕様 普通席

JALエアバス AIRBUS A350型機の普通席はBコン後半、Cコン全区間で全263席の配置です。

但し、クラスJの紹介時にも述べましたが、Bコン前半部分については普通席への転換も可能ということなので、最大では、全305席まで増やすことが可能のようです。

 

JAL A350-900型機 国内線 座席配列図

 

さて、では実際の機内のシート紹介に入ります。

 

座席は3席、3席、3席。

下記は27HJK座席。シートはシックな色合いの布生地です。

JAL A350-900型機 国内線 普通席

 

3席が並ぶ中間座席。

JAL A350-900型機 国内線 普通席

 

シートモニターは10インチ。

前席の後部に、モニター、収納スペース、電源、折り畳み式のテーブル、カップホルダー、マガジンラックと機能的に配置されています。

JAL A350-900型機 国内線 普通席

JAL A350-900型機 国内線 普通席

 

折り畳みのテーブルを開いたところ。

JAL A350-900型機 国内線 普通席

 

完全に開いたところ。

JAL A350-900型機 国内線 普通席

 

ここまで紹介してきて、電源の位置と収納スペースの位置が秀逸なのがわかると思います。

 

1)折り畳みのデスクを開いてPCやタブレットを置き、電源を取る際に、コードがまったく邪魔にならない。

2)スマホの充電の際も、スマホは電源上の収納スぺースか(一応書籍専用と記載がありますが、スマホは許容範囲でしょう)、デスクの下の収納スペース(マガジンラック)へ納めておけば、やはり充電コードが邪魔になりません。

3)今まで、スマホの充電をしていることを忘れて、トイレに行く際に、何度充電コードに足を引っかけたことか!!JALエアバス AIRBUS A350型機なら、それは100%なくなります!

4)目の前で充電をしているので、降機時に機内にそのまま忘れてしまうこともなくなります!

3)と4)は注意力の足りない私だけの利点かもしれませんが。。。

JAL A350-900型機 国内線 普通席

 

ドリンクだけならドリンクホルダーだけを倒して利用できます。

JAL A350-900型機 国内線 普通席

 

下部のマガジンラックはネット式の小物入れもあるので、収納もし易くなっています。

JAL A350-900型機 国内線 普通席

 

モニターの下に、ヘッドフォン端子の他、USB端子が設置されているので、ここからもスマホの充電が可能です。

JAL A350-900型機 国内線 普通席

 

ヘッドレストはクラスJ同様に、上下が可動式で両脇は折りたためるので、これで頭をしっかりと固定できます。

JAL A350-900型機 国内線 普通席

JAL A350-900型機 国内線 普通席

 

チャンネルや音量と言ったモニターのコントロール以外のもの、読書灯、CAコールボタンなどもすべてモニター内での操作になっています。

JAL A350-900型機 国内線 普通席

 

機内の照明は多様に変えることが出来、それによって機内の印象ががらっと変わります。

JAL A350-900型機 国内線 普通席 JAL A350-900型機 国内線 普通席

 

エアバス AIRBUS A350型機の特徴である、大容量のオーバーヘッドコンパートメントや、大型の窓などは、もちろん普通席でも共通です。

最後に

非常口席とクラス最前列の席は足元に余裕があり、誰もが座りたい席ですが、モニター付シートの場合は事情が違ってきます。今まで私はその席は足元が広くても選びませんでした。

なぜなら、それらの席のパーソナルモニターはひじ掛けに収納されていることがほとんどで、以下のような欠点があったからです。

1)ひじ掛けに収納しなければならないので、他の座席よりもモニターサイズが小さくなる。
2)離発着時は収納しなければならないので、他の座席よりも利用できる時間が限られる。
※しかも!離発着時の機首カメラの景色などが眺められない!!
3)機内食が出るフライトの場合は、モニターが邪魔して、食事がとりづらい&かなりの確率でトレイの食事をこぼしてしまう。

ところが、JALエアバス AIRBUS A350型機なら、モニターは前面の壁に設置されているため、上記のような欠点が解消されています!!

そのために、これらの席は、足元が広い上に、大きなモニターを離発着時まで利用することができます。
まさに、欠点のない神席となります!!!

それらのことから、ファーストクラスやクラスJじゃなくても、普通席の27列目全席と45列目のDEGは『神席』です!!

 

モニターはひじ掛け下ではなく、前面の壁に設置されています。

JAL A350-900型機 国内線 普通席

 

以下のように45列目のABC、HJKのみ、ひじ掛け下収納モニターとなります。

JAL A350-900型機 国内線 普通席

 

機外カメラから見える風景については、YOUTUBEでも紹介しております。

よろしければ、そちらもご視聴ください。

CX509 成田~香港 TAKE OFF風景

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました