コラムJALファーストクラスエアバスA350-900

JL エアバス AIRBUS A350-900型機 お披露目会に潜入!【クラスJ編】

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ コラム

2019年06月21日、JALのコミュニティサイト【Discova】主催のエアバス AIRBUS A350型機のお披露目会に参加して参りました!そこで、一般人としては最初の見学者の1人に入れた私が(笑)、この エアバス AIRBUS A350型機をレポートしたいと思います。

ファーストクラスに続いて、JAL エアバス AIRBUS A350-900型機 クラスJです。

 

ファーストクラスの紹介は以下です。

 

スポンサーリンク

Discovaとは?

Discovaとは、JALが直接、編集・運営をしている旅のコミュニティサイトです。

口コミやJALに関するコラムや、特集記事、みんなの投票などのコンテンツがあります。

その中でも、最も盛り上がっているのが口コミ情報で、口コミには2種類あります。

 

1つ目は「発見レポ」

訪れた場所、お店、出逢った人、食べたものなど、日本各地、世界各地で会員が体験したモノ、事を写真と共に投稿する場です。。

そして、もう1つがJALの話題で盛り上がる「JALトーク」

旅行記のような体験談から、ラウンジ、機材、マイル、等々、とにかくJALファンのあるあるを語る場です。

 

今回は、このDiscovaの会員限定で募集をしていたDiscova会員限定!格納庫見学ツアー 第二弾!」が、時期的にJAL エアバス AIRBUS A350型機JAL受け渡しの時期と重なっため、JALさんとDiscovaの粋な計らいで、メディア発表の翌日、一般人としては最初のエアバス機内の見学が許された、非常に貴重な経験になったのでした。

 

 

AIRBUS A350-900 JAL 国内線仕様 クラスJ

JALエアバス AIRBUS A350型機のクラスJは最前部Aコン(コンパートメント)後半とBコンの前半に全94席の配置です。

但し、Bコン前半部分については、普通席への転換も容易に可能ということで、繁忙期の羽田~沖縄路線などは、普通席となる場合も出てくるかもしれません。

そのBコン前半部分の両サイドの天井の読書灯については、普通席への転換も考慮して、3つセットされています。

JAL A350-900型機 国内線 座席配列図

 

さて、では実際の機内のシート紹介に入ります。

 

座席は2席、4席、2席。両サイドの2席のシートが使い勝手が高いように思われます。

以下は、Aコン後半部分です。

JALのコーポレートカラーである赤が基調にはなっていますが、シックで落ち着いた色合いの赤がいいですね。

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ

 

窓側の2列席。

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ

 

中間の4列席。

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ

 

ファーストクラスでも紹介しましたが、最前席でもモニターは前面の壁に設置されているので、離発着時からずっとモニターを利用できますし、モニターサイズも他の座席と同様の大きさになっています。

モニターサイズは11.6インチです。

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ

 

読書灯は可動式。角度や明るさは自由に操作できます。

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ

 

ヘッドレストにも、JAL鶴丸のロゴ入りのヘッドカバーが付いていました。

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ

 

ヘッドレストは上下に稼働し、左右を折り曲げることで、頭をしっかりサポートしてくれます。

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ

 

リモコンのコントローラー、リクライニングボタン。

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ

 

このカクテルテーブルの色合いもいいですね。

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ

 

USB端子と電源は他の機材でも見られるひじ掛け下。この位置だけちょっと「・・・」かなぁ。

電源については、後述の普通席の方がいい位置にセットされていると思います。

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ

 

シートのディバイダー(ひじ掛け)の下に、収納スペースあり。ノートPCぐらいは入ります。

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ

 

前面にもマガジンラックの収納スペースがあります。機内誌やエンターテインメントメニューなどがこちらに置かれることになるでしょうね。

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ

 

オーバーヘッドコンパートメントが大型化されたのは、クラスJも同様です。

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ

 

Bコンの後方からの光景。モニターが付いているシートはやはりワクワクしますね!

JAL A350-900型機 国内線 クラスJ

最後に

さて、クラスJの内覧については以上です。

この座席が普通席からわずか+1,000円で利用できるのは非常にコスパもよくてお薦めです。

特に2名で利用される場合で、窓側2席が確保でき場合には、5,000円ぐらいの価値はあるんじゃないかな、と思います。

 

次回は、普通席を紹介したいと思います。

 

JALエアバス AIRBUS A350型機は、全クラスに個人モニターがついたことにより、機内での時間の過ごし方が大きく変わることになると思います。

中でも機外カメラの設置は、航空ファンのみならず、小さなお子様にもきっと楽しめることでしょうね。

 

機外カメラから見える風景については、YOUTUBEでも紹介しております。

よろしければ、そちらもご視聴ください。

CX509 成田~香港 TAKE OFF風景

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました