旅行記気になる記事コロナ禍の海外旅ニューヨーク 帰国のための陰性証明書Adams Health ServicesPCRテストJFK AIRPORT

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月旅行記
JALショッピング
スポンサーリンク

入国後、すぐに帰国の準備!(笑)

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月

ニューヨークへ無事に到着!!

入国審査他の手続きも終わりました。

 

さて、予約した滞在先へと移動します。

 

と、その前に、

日本帰国のためのPCR検査陰性証明書を空港で取得します。

 

え?って思いますよね。

 

ただ、

日本帰国のためのPCRテスト陰性証明書は、検体採取が帰国便出発時間の72時間前以降から可能となっています。

 

私の今回の旅はNYCの滞在が3泊。日本への帰国は3日後です。

そうなんです。3日後の帰国便フライトと同時刻以降であれば、到着後すぐに、帰国のために必要な陰性証明書のための検査をしても問題ないんです。

 

検査をして、陰性を証明してから、感染が広がっているニューヨーク市内を歩き回ったら、実際意味ないんじゃない?って思いますけど、ここは、割りきりです。💦💦💦

 

来る前に、PCRテストはどこでやろうかなぁ~と色々探していましたが、

一番信用できたのは、やはり、在ニューヨーク日本国総領事館の公式WEBサイトでした。

 

 

そちらで、 日本の検疫が求めている検査証明に対応している医療機関が紹介されていました。

※掲載されていた場所は最後に転載しております。

 

この中から決めようと思っていたのですが、もっと便利な場所がありました~!

 

Adams Health Services at JFK Airport

PCRテストと帰国のための日本国指定の陰性証明書への記入というのは、慣れている場所の方が断然安心です。

その点で、空港内の検査場というのは慣れていること間違いないと思っています。

そこで、調べていたところ、やはりありました。

JFK空港の公式WEBサイト内に、PCRテストの情報がまとまっておりました。

 

その中でも、JALが利用しているターミナル1内の検査場がとても、便利なように思いました。

 

便利だな、と思った点が以下です。

 

  1. 日本指定の陰性証明書への記入をしてもらえる
  2. 空港内でしかもJAL到着と同じターミナル内にあるので迷わない&便利
  3. 1時間で結果がでて、陰性証明書もその場で入手できるので2度訪れる必要がない
  4. 価格もお手頃 220$

 

私の場合には到着後、そのまま空港で検査が出来て、陰性証明書まで確保できるので、最高に便利だと思いました。

これで、万が一失敗しても、時間はまだまだたっぷりありますからね!

 

ということで、ニューヨーク到着して、すぐに帰国のためのPCR検査を受けることとなったワケです。

 

ニューヨーク JFK空港でPCR検査が受けられる施設一覧

 

Adams Health Services がこちら。

 

PCR検査の流れ

では、これからは、実際のPCR検査の流れを紹介していきます。

少しでも、参考になれば幸いです。

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月

到着して入国審査を無事に済ませたら、出発ロビーのフロアへと移動しました。

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月

ちょうど、私が乗って来た機材で折り返すJALのフライトのチェックイン手続きがスタートする時間が始まっていました。

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月

折り鶴で作った、鶴丸が素敵でした。

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月

又、天井にもJALのロゴが。海外で見ると、本当に安心します。

まぁ、JALに限らず、ANAであっても安心するのですが・・

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月

ターミナル1の出発ロビーフロアには、いたるところにPCR検査の看板が出ていて、場所を示していたので、迷うことはありませんでした。

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月

場所はこちら。

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月

カウンターBのあたりで、大韓航空とエールフランスのチェックインカウンターに挟まれた場所でした。

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月

COVID-19の大きなのぼりが出ているところが受付でした。

受付前にQRコードがたくさん掲示されていて、「受付前に事前に情報を登録ください。」ということでした。

私は事前に日本で登録はしていましたが、特に登録済みのメールが届くワケでもなく、少々不安でしたので、ここで再度、事前登録をしてから、受付へ。

 

受付で、パスポートを提示。

「COVID TEST PLEASE.」とでも言えばいいでしょうね。

220$はクレジットカードで支払い。JCB初めて何でも使えました。

日本の書式の陰性証明書へのサインも欲しいんだけど、と伝えようと思いましたが、事前に印刷しておいた書面を、受付の方の目の前でヒラヒラ~とさせておけば、「OK,OK」って言ってくれると思います。

 

登録が済むと、220$の領収書と受付の紙を渡され、「検査はあっちよ~」と検査場を指差されます。

 

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月

保安検査場はここ。受付の正面です。

 

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月

こんな小さな簡易テントが検査場でした。3階へのエスカレーターとトイレの間でした。

 

中には検査のスタッフが1名おりますが、検査キットとか乱雑に置いてあって、まるで倉庫でした💦

 

ここで渡すものは以下。

  1. 検査受付の用紙
  2. 領収書
  3. 日本の書式の陰性証明書

 

ここで、日本の陰性証明書を渡して、「CHECK & SIGN PLEASE.」とでも言えばOKです。

ちなみに私は領収書も渡しましたが、領収書は渡さなくてもOKだったかもしれません。

だって、ここで渡してしまったら、領収書なくなってしまうんですもん。

 

そして検査。

鼻をぐりぐりと10秒ほどされて終了。

はや!っていうか、雑!

こんなんじゃ、きっと陽性だったとしても、陰性になるだろうな、って正直思いました。

 

で、1時間後に、受付に来て!と言われて終了。

陰性証明書も受付で渡すから。ということでした。

 

1つ上のフロアに、マクドナルドやピザ、韓国料理のフードコートがあるので、そこで時間は潰せると思います。

私は、JALカウンターの前で、チェックインする方々の様子をじっと、眺めておりました。(笑)

 

陰性証明書確保

1時間経ったので、受付へ。

 

そういえば、引換証とか何も手にないけど、大丈夫かなぁ~?

何て言えばいいんだろう?とか、ちょっと思いました。

英語がまったく喋れない方だと、ここだけ、唯一、心配かな。

 

1時間前に自分の受け付けをしてくれた人と同じ人が受付にいたら、覚えてくれているかもしれませんが、私の時は、スタッフは替わっていました!

 

でも、パスポートでも見せて、「サーティフィケート PLEASE. 」とでも言えば平気でしょうかね。

 

パソコンをカタカタと叩いて、検査結果を調べ、何かを印刷して、手渡されました。

 

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月

それが、この陰性証明書でした。

ただ、日本帰国の場合には、これではダメなんですよね。

 

「JAPANESE CERITIFICATE!!」

と催促しましたら、無事に!

 

ニューヨークで日本帰国のための陰性証明書を取得してみた 2022年3月

日本の書式の陰性署名書を頂けました!

 

これ、パスポート番号や自分の名前など、記載間違いが多く、間違っているものだと、搭乗が出来ないというかなり厳しいものらしいので、上部の個人情報の部分はあらかじめ自分で記入してから渡しておいた方がいいですね。

 

まとめ

こんな感じで、本当に検査から1時間で、必要な書式の陰性証明書を入手することが出来ました!

迷うところはほとんどなく、また、英語がまったく喋れなくても、問題なく入手できるな、って思いました。

 

出発日のフライトのチェックイン開始の1時間前にでも来て受ければ、大丈夫ではないでしょうかね?

 

私の場合には、先にも書きましたが、陰性証明書が無事に入手出来るか、ドキドキしながら滞在するのは嫌だったので、到着時に取ってしまいました。

それもありだと思います。なるべく早めの時間に取っておけば、それ以降の滞在は本当に安心して、NYCの旅を楽しむことが出来ると思います。

 

ということで、帰国のための陰性証明書の入手が、今一番面倒なことになっていると思います。

入手に際しての参考になれば幸いです。

 

在ニューヨーク総領事館で紹介されていたPCR検査施設

(○は日本語が通じる医療機関、●は英語対応の医療機関です。)

○Anshin Medical  (安心メディカル)

住所:36 West 44th Street, Suite 303, New York, NY 10036
電話:212-730-9010 / 9060 / 9011
http://www.anshinmedical.com/

 

● CareCube

所在地:https://carecube.clinic/locations/
市内に複数の施設があり、どの施設でも検査に対応しています。検査後、以下のいずれかの施設にて検査結果を所定のフォーマットで受け取ることができます。
・ 408 7th Ave, Brooklyn, NY 11215 (Brooklyn)
・ 349 6th Ave, New York, NY 10014 (Manhattan)
・ 213-02 42nd Ave, Queens, NY 11361 (Queens)
・ 31-52 Steinway St, Long Island City, NY 11103 (Long Island)

 

● CLEAR-19 RAPID TESTING

住所:1693 Broadway, New York, NY 10019
電話:1-866-CLEAR19
https://www.clear19rapidtesting.com/
(注:日本人職員が在籍している時のみ日本語対応可能)

 

○ 20 East Medical

住所:20 East 46th Street, Suite 202, New York, NY 10017
電話:212-557-4646
http://www.20eastmedical.com/

 

○ Makoto Iwahara, M.D., P.C. (岩原内科)

住所:120 E 79th St, New York, NY 10075
電話:(212) 879-2328

 

○ Japanese Medical Care (Jメディカル)

(マンハッタン院)
住所:315 Madison Avenue, Floor 17, New York, NY 10017
電話:212-365-5066
(ウェストチェスター院)
住所:3010 Westchester Avenue, Suite 206, Purchase NY 10577
電話:914-305-8630
https://www.jmedical.com/

 

● Lenox Hill Hospital

住所:130 East 77th Street, New York, NY 10075
電話:212-434-6000
https://lenoxhill.northwell.edu/signature-services

 

○ Mount Sinai Doctors Japanese Medical Practice (東京海上記念診療所)

(マンハッタン診療所) (成人のみ受診可能)
住所:55 East 34th Street, 2nd Floor, New York, NY 10016
電話:212-889-2119
(ハーツデール診療所) (小児・成人受診可能)
住所:141 South Central Avenue, Suite 102, Hartsdale, NY 10530
電話:914-997-1200
https://www.mountsinai.org/locations/msd-japanese-medical-practice/japanese

 

● Rapid Test NYC

Website: http://www.rapidtest.nyc/

検査結果を所定のフォーマットと共に受け取る事が出来ます。お問合せは下記又は各施設へお願いします。
(検査全般英語対応電話: 917-301-8782)
(日本語サポート電話: 917-499-9893)

アッパーイーストサイド施設
住所: 150 East 72nd St New York, NY 10021
電話: 917-639-3060(英語)

ダウンタウン ノリータ施設
住所: 325 Lafayette St New York, NY 10012
電話: 917-675-7776(英語)

 

 

タイトルとURLをコピーしました