修行の旅JALグローバルウォレット

実録!JAL GlobaL WALLETの利用記録

修行の旅

 

 

19年2月にシンガポールを訪れた際に、JAL Global WALLET(以下JGW)を実際に使ってみました。

口座には、前回すでに20,000円のチャージはしてあります。

 

その時の記事はこちら。

 

 

今回は、シンガポール・チャンギ国際空港内のお店で、JGWをマスターカードで使ってみることにしました。

 

何に使おうかと迷いましたが、お酒のお共に最適で、シンガポール名物と言えば、こちら!

 

BEE CHENG HIANG

シンガポールスタイルのポークジャーキー 「Bakkwa(バクワ)」 です。

 

こちらを、1933年創業の老舗店、BEE CHENG HIANGで購入することにしました。

BEE CHENG HIANG は有名店で銀座にも支店を持っています。

 

シンガポール空港では、デパ地下のようにガラスのショーケース前で実践販売をしているので、目にすることも多いと思います。

 

甘辛くて肉々しているポークジャーキは、酒の肴としてそのまま食べるもよし、インスタントラーメンの具材にしてもよし、そしてソーセージがわりに野菜と一緒に炒めたり、焼いても実は美味しいのです。

 

ただし、あぶっているとは言え、まだみずみずしいお肉なので、日持ちがさほどしないのが難点。

そして、更なる欠点が、これは肉製品なので、本当は日本への持ち込みは出来ないという点です。

 

がーーん、、です。

 

これだけ大々的に販売しているのに、持ち込んではいけないなんて。

 

わかってはいますが、買います。

そして、その場ですべて食べることにします。

 

小さくカットされて、真空パックされているものも売っています。

これだと、7ヶ月近くも日持ちがするし、酒の肴としては一番食べやすいかな。

(その場で食べるのに日持ちがする必要もないですが、、それはお察しくださいませ。)

 

Mini EZ Chilli

で、お徳用パックで、値段は43.2シンガポールドルでした。

(その場で食べるのにお徳用パックなんて必要もないですが、、それはお察しくださいませ。)

 

さて、余談が過ぎました。

JAL Global WALLETの話でした。

 

買うものと値段がわかったので、

まずは、アプリで、日本円からシンガポールドルへ両替します。

 

 

その際、両替レートも出てきます。

JGW両替

 

※この記事を書いている日付で比較すると、

LGWでの日本円⇒シンガポールドル(SGD)への両替レート 1SGD=84.93円

空港の銀行(三菱UFJ銀行)での両替レート 1SGD=87.36円

両替専門商(ワールドカレンシー)の両替レート 1SGD=87.36円

金券ショップ(江戸屋両替センター)の両替レート 1SGD=87.37円

 

換算レートがやはり、抜群です。

 

 

そして、両替はあっという間におわります。

 

※ただし、通信環境は必須です。WIFIが繋がる場所か、SIMカードやモバイルWIFIでスマホでのデータ通信が可能な状態にしておく必要があります。

 

あとは、クレジットカード同様に、JGWを差し出して、お買い物をするだけです。

 

本当は、シンガポールドルが余らないように、ちょうどの金額で両替したはずなのですが、なんか割引されて値段が少し安くなったので(喜ばしいことですが。。)シンガポールドルがJGW口座内に余ってしまいました。

 

そして、後日談です。

JALのマイページのマイレージ明細。

 

JGWマイル加算

 

両替に対するマイル(200円につき1マイル)と、ショッピングに対するマイル(こちらも、200円につき1マイル)が付与されていました!

両替時&ショッピング時でマイルが加算されますが、その両方を合わせると100円に対して1マイル換算ということになります。

 

今回の内訳

4,000円をシンガポールドルに両替したので、20マイルの加算

40.37シンガポールドルのショッピングをしたので、17マイルの加算

 

今回は、JGWを利用することで2,000FLY ON ポイントがもれなくもらえるキャンペーンをやっていたので無理やり利用してみました。

 

お気づきの方もたくさんいると思うのですが、

JALカードのショッピングマイル・プレミアムに加入していれば、クレジットカードの利用100円につき1マイルが貯まります。

こんな面倒なことをしなくても、普通にJALカード決済で同額のマイルが頂けるのです。。

 

JALカード ショッピングマイルプレミアム

 

 

JGWがお得なのは、現地の通貨を現金でATMから引き出して、現金で決済する場合です。

 

地下鉄のチケットだったり、蚤の市や露天での購入、200円程度の少額なものの決済、ホテルのチップなど、

これらは、カードでは払いづらいので、やはりそのためには現金を持ち歩く必要が出てきます。

 

現金が必要な場面では、この優遇された換算レートと現地のATMで簡単に引き出せる、というメリットが存分に活かされてきます。

さらに、そこに両替200円につき1マイルが貯まるのです!

 

これがどれだけ便利でお得なのかを力説つもりが、今回は現金決済ではないので、あまり説得力がなかったですね。。。

 

次回、アメリカへの予定がありますが、その際は、ATMで現金引き出しをして、枕銭やタクシーのチップやらで、思う存分にJGWの良さをアピールしてみようと思います。

コメントをお寄せください。