旅行記コラムパリRATPSNCFパリヴィジットカルネnavigo easy

パリに行こうかなシリーズ。鉄道編。 パリ旅行計画

パリの街並み旅行記
JALショッピング

国際線航空券を発券して以来、気持ちが高ぶってしまって、高ぶってしまって。

今日は、パリ市内での移動手段を考えていました。

まずは鉄道系。

スポンサーリンク

地下鉄

やっぱり基本は地下鉄ですよね。

いちいち切符を買わなくてよい、フリーパスを確認。

パリビジット

パリビジット

パリ市内を縦横に走るメトロやバス、RER(郊外電車)、トラムなどの公共の交通機関が乗り放題のパス。期間とエリアによって複数あります。

値段を調べてみました。

利用できる日数(有効期間)ゾーン1-3ゾーン1-5
1日間12€25.25€
2日間19.5€38.35€
3日間26.65€53.75€
5日間38.35€65.8€

ゾーン1~2の間だと、1日券で1日6回以上乗るならお得。5日間だと1日4回以上でお得。

1日4回は乗りそう。どうしようかなっ。

カルネ

パリビジットといつも迷うのは回数券のカルネ。

地下鉄やバスは1回券だと1.9€

10回分の回数券だと、10回で16.9€1回あたり1.69€

 

例えば、5日間、毎日4回使うと、カルネを2セット買えば良くて、合計33.8€

 

又、5日間の間に郊外の町なんかを訪れたりするとまったく使わない日も出てきます。

そうなるとパリビジットは無駄な日が出るし、かと言ってカルネも余らせては捨てるだけだし・・・💦💦

 

パリビジットとカルネは本当にトントンな勝負になるんですよね。

でも、私の知っているカルネって日本の一昔前の回数券とまったく同じ、小さな切符を最初に10枚貰うシステムだった。

これ、旅行中に1,2枚必ず失くしていたんですよね。

で、失くしてたら全然安くないじゃん!って自分にいつも突っ込みを入れていました。

だから、カルネの難点はそこでした。

 

デジタル化が遅れていると言われている日本ですらスイカとか、電子マネーで電車に乗れる時代なのに、フランスって電子マネーとか、今どきあるんじゃないの?って調べていたところ・・

 

そりゃ、そうだ。システム出来てたぁ!!

(∩´∀`)∩わ~い♪。

 

navigo easy

navigo easy

Navigo Easy Travel Card

日本の交通系ICカードのようにお金をチャージして使うカードではないみたいです。

カードにチケットを登録する感じ。ざっくりと言うと、こんな感じ?

 

  1. 窓口で Navigo Easy Travel Cardを購入。カード自体は2€
    *自動券売機で「Bon pour navigo easy」を選んで2€の支払い。チケットを窓口でカードと交換という方法もあるらしい。窓口へ行くなら、こんな方法面倒だと思ったら、窓口ではカードしか使えないらしいので現金だとこの方法ってことらしい。
  2. 切符を購入。カードへ切符をチャージ
  3. 改札はカードをかざして通過。

 

超簡単。

2の切符を買ってカードへチャージは、支払いはクレジットカード決済でスマホからでも可能のようです。

NFCを使ってリアルのカードへチャージするシステムですね。

これは便利!

 

 

NAVIGO EASY アプリ

 

アプリをスマホにダウンロードし、アカウントを作成してみました。

公式アプリはこちら。

google_play

app_store

ここまで来たら、Navigo Easy Travel Card本体も欲しいところ。

帰国した方々がメルカリとかヤフオクで出品していないかなぁ~と探していますが、出ていないです。

誰かくれないかなぁ~。(笑)

 

そうそう!このシステムを使うと、カルネは10回分で、14.9€

紙の切符より2€も安いというのもうれしいです。紙ごみも出さずにすむし。

 

郊外列車

これはもう、フランス国鉄の利用になりますよね。

ユーレイルフランスパス

知らなかった・・。

フランスパスだと思っていたら、いつのまにかユーレイルパスの一か国パスへと変貌を遂げていたなんて。

(私の知識が古すぎるだけです・・・。)

 

値段は以下。

利用できる日数(有効期間)2等1等
1日間92$123$
2日間138$183$
3日間174$232$
4日間206$274$
5日間234$312$
6日間259$346$
7日間283$377$
8日間307$409$

長期になればなるほど1日あたりの値段が安くなっていきますね。

毎日各地を転々とするなら大きく元は取れそうだけど、パリに拠点を構えて、郊外へちょこちょこ行くだけなら元は取れなさそうかな。

eチケットになっているのは便利でいいな、と思いました。

 

個札 乗車券

昔から比較されていますが、大きな移動を続けないなら、都度、乗車券を買う方がいいのかな。

昔はなかったけど、今は、普通列車の乗車券でも早期予約&列車指定でかなり割引がされるようになっているんですね。

 

例えば、1か月先のパリ🚝レンヌ(モンサンミシェル観光の拠点)

ouiGO (サービスを省いたlow cost TGV。いわば LCT!) で16€~。

1週間前でも、19€~。

事前に予定を決めておけば、こんなに安く乗れるんですね!

驚きです。

 

有料特急はパスを持っていても座席指定が事前に必要で、その費用は1区間10~20€。

あれ?座席指定代金の料金で乗車券が買えてしまうではないか。

事前に購入しておけばそれだけ安く移動が出来るんですね。

(日本のJRもそういう運賃を作って欲しいな。)

 

まぁ、予定をあらかじめ決めてしまって、個札を買うのが良さそうですね。

 

便利なサイト&アプリ

パリ市内の地下鉄路線や観光地の位置関係の知識が完全に戻ってきていません。

まだまだ、リハビリが必要です。

気づいた時に、必要なアプリはスマホに落としておこうと思います。

今日、ダウンロードしたのはこちら。

フランス国鉄(SNCF)の情報サイト

JR東日本のサイトみたいな感じ。時刻表とか駅とかサービスを調べるって場所かな。

乗り継ぎが必要な移動に便利。だけどバスは一部出てこない。(私企業のバス情報がないのは仕方がない。)

 

google_play

app_store

モバイルチケットの購入サイト

実際に乗車券が購入できるサイト。クレジットカード決済&モバイル乗車券が可能。

これは普通にモバイル対応出来るんですね。そうでなくっちゃ!

空港から市内へのRERの乗車券とか、郊外へ観光へ行く時の乗車券を購入する時に使うと思います。

 

google_play

app_store

パリ交通局の情報サイト

Next Stop Paris」というアプリ。パリ市内の移動時に便利な案内サイトで、日本語にも対応。

地図と観光案内が合わさったようなアプリです。

オフラインでも利用できるということです。どういうシステムになっているんでしょう?

データがすでにスマホにダウンロードされてしまっているのかな?

 

google_play

app_store

 

パリ交通局の情報サイト その2

Bonjour RATP」というアプリ。

これもパリ交通局のアプリなのですが、先に紹介したnavigo easyとも連携していて、どうやらこれ1つでチケットの管理が出来るみたい。アプリ自体は、「Next Stop Paris」とあまり変わらないのかな・・。

 

google_play

app_store

 

そんな感じで、今日は鉄道系のみ。

次はシェアサイクル(自転車)、シェア電動キックボードなどのアプリと利用方法を調べてみたいと思います。

シェアサイクルが便利に使えるようなら、地下鉄はいらないかもしれない。

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました