コラムコロナ禍・旅の準備バンコク旅行記 準備編タイラインドパスThailand Pass

2022春 バンコクへ行こう。タイランドパス申請から受領まで

タイランドパス1コラム
JALショッピング

こんにちは。

JALの旅コミュニティ tricoのアンバサダーをしています ひことら です。

 

春のバンコク行の手配がすべてと問いましたので、タイランドパスを申請致しました。

 

申請内容を1つ1つレポートしていきたいと思います。

タイは2022年6月からは一切の渡航制限を解除する予定だと既に発表をしていますので、それ以降の渡航については、タイランドパスの登録も不要になってくるのでは?と思います。

ですので、ここでレポートしても、あんまり、役に立つことは少ないと思いますが、

後で読み返した時に、こんな面倒なこともやっていたんだなぁ~という思い出話でいいかな、とも思っております。

 

最後に申請するにあたって便利なアプリやソフトもご紹介します!

 

スポンサーリンク

Thailand Pass 申請

コロナ禍のタイ入国に際しては、

このタイランドパス Thailand Pass の事前申請が必須で、この事前登録&承認がない場合には、タイへの旅行はできません。

 

 

初期情報

thailandpass1

飛行機での入稿は左側。 Air Travelを選択。

 

すると、注意喚起画面がポップアップで表示されました。

Following reports that a number of applicants have received FAKE and SCAM emails, Thailand Pass wishes to inform and advise the following:

– DO NOT respond or click on any attached links in the emails
– Emails from Thailand Pass regarding your applications will only be sent out from one official account (thpass@tp.consular.go.th)
– The system will not ask for any personal information nor request applicant to amend the application by email.

Please note that all registration processes are done solely on the Thailand Pass website only.


翻訳するとこんな内容です。

多くの申請者がFAKEおよびSCAMの電子メールを受信したという報告を受けて、ThailandPassは次のことを通知および通知したいと考えています。

-メールに添付されているリンクに返信したりクリックしたりしないでください
-アプリケーションに関するタイパスからのメールは、1つの公式アカウント(thpass@tp.consular.go.th)からのみ送信されます。
-システムは、個人情報を要求したり、申請者に電子メールで申請を修正するよう要求したりすることはありません。

すべての登録プロセスは、タイパスのウェブサイトでのみ行われることに注意してください。

そして、次の画面へと進みます。

thailandpass2

web画面では国籍を聞いてくるので、Non-Thaiを選択。

自動的に、言語は English になります。

次の画面へ。

thailandpass3

観光での訪問なら、「Test & Go」を選択ですね。

航空券は既に支払済のものがあるので、あらためての出費が不要なのでした。

次の画面へ。

 

thailandpass4

すると改めて入国に際してのルールが表示されますので、わかりましたよ~のチェックを入れて、Confirm 承認。

次の画面へ。

 

と、ここまでは誰でも進めますが、この先からは具体的な入力、そして書類が必要になってきます。

 

入国方法と目的の入力

thailandpass5
またまた、注意喚起画面がポップアップで表示されました。

翻訳するとこんな内容です。

「確認」をクリックすることにより、タイパス登録の個人データを、タイ外務省が他の関係する政府機関およびその指定された担当者に少なくとも60日間保持、処理、および開示することに同意します。情報の処理と検証、政府の措置と行政の将来の実施、および/またはタイへの出入国の申請者の身元の確認および/または資格の検証を唯一の目的としています。

私はタイパス登録の条件を読み、これにより遵守することに同意することを認めます。私は、私の知識または信念の限りにおいて、すべての真の情報を提供したことを証明します。虚偽の情報が提供された場合、タイの関係政府機関が私のタイへの旅行を拒否および禁止する可能性があることを理解し、必要に応じて、タイの法律で義務付けられている法的措置を取ります。

**備考:申請者は、上記の利用規約に同意しない場合、タイパスに登録できないことを認めます。

ポップアップの注意喚起で ACCEPT を押すと次へ進めます。

次の画面へ。

 

個人情報の入力

thailandpass6

パスポートの画像ですが、スマホのカメラで撮ったもので大丈夫だと思います。

次の画面へ。

 

COVID-19 ワクチン接種情報の入力

thailandpass7

デフォルトで出て来る画面では2回のワクチン接種の詳細を記載します。

入力が終わったら、注意事項にチェックをいれて、 Next へ。

3回接種が終わっている場合には、赤い7角形のところをクリックして3回目のワクチン詳細も記入。

ワクチンパスポートにQRコードが記載されている場合には、★をクリックしてQRコードも読み取ります。

 

3度目のワクチンの入力画面、QRコード入力画面を出すとこんな感じになります。👇👇👇

thailandpass8

 

QRコードがあった方が認証が早く行えるので、ある人はQRコードも登録してくださいと書かれています

・ワクチン証明書、およびQRコードはスマホアプリの画面のスクショでも大丈夫です。

・ただし、何度やってもQRコードは読み取ってくれませんでした。あちら側で何かしらの不具合があるようです。
QRコード
も提出してください、って言っておきながらエラーって・・・💦💦💦

ワクチンパスポートのQRコードを読み取った!

私の場合
1・ワクチン接種証明書アプリ
Android・画面のスクショ、QRコードのダウンロードデータで試しましたが、いずれも読み取れず。

2・市町村発行の紙の予防接種証明書
QRコードが記載のある証明書だったため、QRコード部分だけをキャプチャーしたもので試しましたが、読み取らず。

3・ワクチン接種証明書アプリ
Apple(iPhone)・画面のスクショで試したところ、見事!読み取りました。

見た目だと、3つのQRコードに何の違いがあるのかがわかりません。
と、思いきや、わかりやすい違いがありました!!

QRコードの大きさです!

読み取ってくれた、iPhoneのスクショ画像だけ、一辺が1,500pxほどあったんです。
その他は1,000px以下でした。

ということで、上記の他の読み取ってもらえなかったQRコード(Androidや、市町村の紙の陰性証明書に記載のもの)も、一度一片を1,500pxへと拡大してから、読み取ったところ、すべて読み取れました~!!

 

次の画面へ。

滞在先の入力

thailandpass8

滞在先は既に支払済みでないといけません。予約確認書を読み込む必要があります。

次の画面へ。

海外旅行保険&Packageサービスの手配済の入力

thailandpass9

旅行保険の契約書は英語で記載、そして補償金額は米ドルかタイバーツで記載されている必要があります。

私は、損保ジャパンの【海外旅行保険【off!】】というもので、必要なものだけ申し込みました。

障害死亡・後遺障害費用と、疾病死亡・治療が500万円のみ。それで1,480円で済みました。

他の項目はクレジットカード付帯の保険でカバーします。

数ある保険会社の中から、損保ジャパンを選んだのは、WEBで契約申し込みが出来て、そのまま英語の証券をWEBから入手することが出来たためです。

※楽天カード付帯保険で済まそうとしましたが、3日経っても英語の証券(付保証明書)が送られてこなかったので、痺れを聞かせて、損保ジャパンに申し込んだというワケです。

 

そして、これで必要情報の入力は終了です。

最後に確認画面が出てきますので、もう一度内容をチェックですね。

タイランドパス

これでよければ、 SUBMITを押せば、申請終了です!

 

タイランドパス申請済

申請が無事すみましたら、アクセスコードが表示されて終了です。

これはメールでも届くので、うっかりこの画面を閉めてしまっても大丈夫です。

 

ここには、だいたい、3~7日待ってくださいね、っていう表記がありました。

待ちましょう。。

 

Thailand Pass 申請受領

前日の 17:18 p.m. に申請が完了しまして、翌日の 14:21 p.m.にはQRコードが無事メールで送られてきました。

半日ですね!凄いスピード力です。

貼付のQRコードを印刷して持っていく他、iPhoneならばApple Walletへ、androidなら、Wallet Passesアプリへ取り込むこともできます。

私は2台持ちなので、念の為にどちらにも入れておきました!

タイランドパス

Apple Wallet

 

タイランドパス

Wallet Passes

 

おまけ 申請に際しての障害を取り除く!

タイランドパスの申請方法を順を追って述べてきたワケですが、人によってはハードル高いなぁ~って部分があると思います。

その障害を取り除く方法をいくつか、ご紹介したいと思います。

 

必要書類を電子データで持っていない!

この申請はすべての書類を電子的な状態で持っていないことには出来ません。

そこで、申請に必要な書類等をすべて電子的なデータに変換する必要があります。

 

紙⇨画像データ(jpeg,gif) 簡単変換!

自宅に複合機能付のプリンターがあれば、スキャンするだけのことなのですが、きっとそれが自宅にはない方の方が多いのかと。

 

その場合の方法、

1・コンビニエンスストアのコピー機で紙を読み取り画像へと変換が出来ます。

2・スマホで写メする。上手に撮らないとブレたりしますが、明るいところで落ち着いて撮影すれば、まず問題ないと思います。

特にコンビニのコピー機は優れものですよ。WIFIDで繋ぐとスマホに直接データを保存することも出来ますし、SDカードなどを持参してSDカードに保存することが出来ます。

 

参考として、以下はセブンイレブンのマルチコピー機の案内です。1枚30円。

セブンイレブン マルチコピー機

 

WEBサイトには詳しい操作方法も紹介されているので安心ですよ。

 

画像データ(pdf)⇨画像データ(jpeg,gif) 簡単変換!

書類系のデータはpdfファイルになっていることが多いと思いますが、タイランドパスの申請に関しては、pdfファイルは利用することが出来ません。

pdfファイルを、jpegやgifなどの画像データへと変換する必要があります。

その際には、フリーソフトを利用すれれば簡単に変換が可能です。

 

私が愛用しているのは、こちらです。

I Love PDF

このサイト、本当に便利です。

アプリやソフトではなく、web上で色々な変換が出来てしまいます。

pdf⇨jpegの他、pdf⇨WordやExcelなんかも可能です。このサイトを利用すればほとんどの変換が可能なんじゃないかな、って思います。

 

画像データ(jpeg,gif) ⇨ 画像データ(jpeg,gif) 簡単サイズ変換!

タイランドパスでは、ワクチンパスポートのQRコードは大きくすれば読み取れた!という事件(笑)が起きました。

持っている画像データのサイズを大きくする必要が出てくることもあります。

そんな時に便利なのはこちら。

リサイズ超簡単!Pro

フリーソフトでダウンロードをする必要はありますが、私は毎日のように愛用しています。

もともとは、複数の異なる大きさの画像をまとめて同じ大きさに圧縮するのに秀でたソフトなのですが、実はこれ、拡大する場合にも使えました。

拡大する場合には、画質は確実に荒くはなってしまうのですが、今回のワクチンパスポートのQRコードの拡大の際にも、このソフトを利用してやってみたものでも認知されて取る込むことが出来ました。

 

恐らく、ここで紹介したこれらのツールを使ったややり方で、タイランドパスは皆さん申請は出来ると思います!

 

ということで、私もこれらを駆使して申請。半日後に無事タイランドパスをゲット致しました。

 

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました