気になる記事燃油サーチャージ

JALの燃油・税の料金で行ける航空券を探してみた!2022年秋~冬

燃油サーチャージが高すぎる気になる記事
JALショッピング

こんにちは。

JALの旅コミュニティtricoのアンバサダーをしていますひことらです。

 

海外行の航空券、とにかく燃油サーチャージが高いですよね~。

 

スポンサーリンク

JALの燃油サーチャージ

2022年8月1日から9月30日発券分まで

お一人様1区間片道当たりの日本発着区間設定額

区間旅行開始国が日本の場合
日本-韓国、極東ロシア5,900円
日本-東アジア(除く韓国、モンゴル)11,400円
日本-グアム、パラオ、フィリピン、ベトナム、モンゴル、ロシア*117,800円
日本-タイ、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、ロシア*224,700円
日本-ハワイ、インドネシア、インド、スリランカ30,500円
日本-北米、欧州*3、中東、オセアニア47,000円

2022年10月1日から11月30日発券分まで

お一人様1区間片道当たりの日本発着区間設定額

区間旅行開始国が日本の場合
日本-韓国、極東ロシア7,700円
日本-東アジア(除く韓国、モンゴル)12,900円
日本-グアム、パラオ、フィリピン、ベトナム、モンゴル、ロシア*122,900円
日本-タイ、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、ロシア*229,800円
日本-ハワイ、インドネシア、インド、スリランカ37,400円
日本-北米、欧州*3、中東、オセアニア57,200円

 

  1. イルクーツク
  2. ノヴォシビルスク

 

JALの欧米路線は、10月発券分からは11万円超え!

これは、航空券代金以外に追加でかかる費用ですからね。

実際に欧米行となると、総合計金額は20万円を超えてくることになります。

 

JALファン、JALに乗りたい筆者ではありますが、こんな料金払えるか!って思います。

本当に、どこの航空会社もこんなに高いのか?

そんなことはない!

ということで、今日は上記の金額以下で買える航空券を集めてみました!

 

ソウル行

 JALソウル行 航空券以外の諸税合計 19,420円
 JALソウル行 最安値航空券の合計金額 56,000円

 

LLCが多々飛んでいるソウルですが、諸税もそこまで高くはないので、その値段で行ける航空券は探せませんでした。

ちなみに最安値航空券総額は 23,000円ほど。JALの半額以下のものはLCCにて多々あります。

マニラ行

 JALマニラ行 航空券以外の諸税合計 41,700円
 JALマニラ行 最安値航空券の合計金額 109,410円

 

こちらもソウル同様に流石にJALの諸税の金額以内で行ける航空券はありませんでした。

ちなみに最安値航空券総額は 46,000円ほど。JALの半額以下でした。
LCCを利用したソウル経由です。

ホーチミン

 JALホーチミン行 航空券以外の諸税合計 43,370円
 JALホーチミン行 最安値航空券の合計金額 111,370円

 

LCCであるベトジェットが直行便・往復で総額39,000円。

JALへ支払う諸税以下で航空券を購入出来ます。

ハノイでも同様。JALの諸税よりもベトジェットの総額の方が下回っています。

バンコク

 JALバンコク行 航空券以外の諸税合計 57,220円
 JALバンコク行 最安値航空券の合計金額 125,930円

 

LCCであるタイエアジアXZIP AIRを片道ずつ利用することで直行便・往復総額54,000円。

JALへ支払う諸税以下で航空券を購入出来ます。

 

シンガポール

 JALシンガポール行 航空券以外の諸税合計 57,220円
 JALシンガポール行 最安値航空券の合計金額 126,220円

 

LCCであるスクートが直行便・往復総額で43,000円。ZIP AIRが直行便・往復総額で44,000円。

JALへ支払う諸税以下で航空券を購入出来ます。

 

クアラルンプール

 JALクアラルンプール行 航空券以外の諸税合計 56,750円
 JALクアラルンプール行 最安値航空券の合計金額 132,750円

 

LCCであるスクート同士での乗継で往復総額で43,000円。

JALへ支払う諸税以下で航空券を購入出来ます。
直行便ではありません。

 

ジャカルタ

 JALジャカルタ行 航空券以外の諸税合計 67,930円
 JALジャカルタ行 最安値航空券の合計金額 148,930円

 

LCCであるスクート同士での乗継で往復総額で58,000円。2社以上を使った乗継だと、53,000円~。

JALへ支払う諸税以下で航空券を購入出来ます。
直行便ではありません。

 

デリー

 JALデリー行 航空券以外の諸税合計 68,120円
 JALデリー行 最安値航空券の合計金額 165,120円

 

デリーへは燃油サーチャージ以下で購入できる航空券は存在していません。

最安値航空券総額は 73,000円ほど。ベトジェットのベトナム乗換にて、JALの半額以下にはなります。

 

さて、ここからは諸税のみで10万円を超えた地域となってきます。

 

シドニー

 JALシドニー行 航空券以外の諸税合計 110,600円
 JALシドニー行 最安値航空券の合計金額 224,600円

 

LCCであるスクート同士での乗継で往復総額で72,000円。
JALへ支払う諸税以下で航空券を購入出来ます。又、驚くべきなのは、シンガポール航空の乗継便で往復総額で110,400円 。
フルサービスキャリア、しかもサービスにも大変定評のあるシンガポール航空に、諸税だけの金額で乗れてしまいます。

JALへ支払う諸税以下で航空券を購入出来ます。

直行便だとカンタス航空の最安値が126,000円でした。

 

パリ

 JALパリ行 航空券以外の諸税合計 121,190円
 JALパリ行 最安値航空券の合計金額 231,660円

 

シンガポール航空の乗継便で往復総額で107,360円 。
シドニー同様に、シンガポール航空が激安です。 

JALへ支払う諸税以下で航空券を購入出来ます。直行便だとエールフランスの最安値が223,000円でした。

 

ロンドン

 JALロンドン行 航空券以外の諸税合計 129,900円
 JALロンドン行 最安値航空券の合計金額 244,900円

 

ロンドンへは燃油サーチャージ以下で購入できる航空券は存在していません。

但し、2種類の航空券を合わせて使う方法だと、スクートのアテネ行+ウィズ・エアーで往復総額97,000円ほどで購入可能です。旅慣れている方であればいいかもしれません。

シンガポール航空の乗継便も往復総額で134,00円ほど。ほとんど諸税並です。

 

フランクフルト

 JALフランクフルト行 航空券以外の諸税合計 112,640円
 JALフランクフルト行 最安値航空券の合計金額 227,640円

 

フランクフルトへは燃油サーチャージ以下で購入できる航空券は存在していません。
それでもスターアライアンス加盟のエチオピア航空(乗換1回のみ)が最安値で119,000円。ほとんど諸税と同額です。

シンガポール航空の乗継便も往復総額で134,000円ほどです。

 

ロサンゼルス

 JALロサンゼルス行 航空券以外の諸税合計 107,890円
 JALロサンゼルス行 最安値航空券の合計金額 267,890円

 

LCCであるZIP AIRが直行便・往復総額で78,000円。
フルサービスキャリアでスカイチーム加盟のあるデルタ航空で往復総額で107,400円 。JALへ支払う諸税以下で航空券を購入出来ます。

 

ラスベガス

 JALラスベガス行 航空券以外の諸税合計 108,370円
 JALラスベガス行 最安値航空券の合計金額 268,370円

 

ラスベガスへは燃油サーチャージ以下で購入できる航空券は存在していません。

ワンワールド加盟のアメリカン航空が最安値で119,000円。ほとんど諸税と同額です。

 

 

シカゴ

 JALシカゴ行 航空券以外の諸税合計 108,370円
 JALシカゴ行 最安値航空券の合計金額 274,370円

 

シカゴへは燃油サーチャージ以下で購入できる航空券は存在していません。

スターアライアンス加盟のザ・スイスが最安値で153,000円、ワンワールド加盟のアメリカン航空が最安値で156,000円。

 

ニューヨーク

 JALニューヨーク行 航空券以外の諸税合計 107,890円
 JALニューヨーク行 最安値航空券の合計金額 217,890円

 

ラスベガスへは燃油サーチャージ以下で購入できる航空券は存在していません。

スターアライアンス加盟のザ・スイスが最安値で140,000円。

 

まとめ

さて、主要都市だけを調べてみました。

これから続々とJALのバーゲン運賃を出してくると思いますが、例えタダ!航空券が0円だったとしても、燃油サーチャージに代表される諸税が高いため、最安値になることはありません。

 

LCCが安いのは想像がついていたかと思いますが、

それでも、JALの半額以下、燃油サーチャージ以下まで安いという認識がない方も多いのではないでしょうか?

 

更に、シンガポール航空デルタ航空といったフルサービスキャリアを利用しても、JALの燃油サーチャージ以下の総額で行ける都市があるというのも、目から鱗ではないでしょうか。

 

JALファンの方々も、今こそ、他の航空会社を経験する時、我慢の時かな、とも思います。

JALの運賃を見て、旅行を諦めるのではなく、是非、他の航空会社も検討してみたら、海外旅行への道が開けると思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました