コラムLCCZIP AIR

JAL100%出資会社・ZIP AIRからの衝撃リリース

ZIP AIRの機体デザイン案 コラム

8月1日、JALの100%子会社である[ZIP AIR]から結構衝撃なプレスリリースが発表されました。

スポンサーリンク

ZIP AIRとは?

まずは、ZIP AIRとはなんぞや?というおさらいから。

今日本にあるLOW COST CAREER = LCC (低コスト航空会社)は、以下。

 

  • MM:Peach Aviation(ANAの連結子会社)
  • GK:ジェットスタージャパン (カンタス航空,JAL,三菱商事などの共同出資)
  • IJ:春秋航空日本(春秋航空,JTBなどの共同出資)
  • JW:エアアジア・ジャパン(エアアジア,楽天などの共同出資)

*バニラエアは、2019年にPeach Aviationと合併して消滅

 

これらのLCCは、エアバスA320型系又はボーイングB737型系ナローボディ機(機内での通路が1本のみでその左右に座席が並ぶタイプ)を利用していて、短距離路線が中心です。

ピーチ アビエーションの座席MAP

例)ピーチ アビエーションの座席MAP A320

 

又、日本の2大航空会社であるANAには、連結決算(実質子会社)としている Peach Aviation がありますが、JALには連結決算又は子会社となるLCCがまだ存在していません。(ジェットスタージャパンは一部の出資のみで、過半数以上の出資はしていません。)

 

そんなことから、JALが国際線の中長距離路線をメインとした100%出資の全く新しいLCCとして誕生させたのが、

ZIP AIR

という訳です。

 

ZIP AIRのコンセプト

  何もかも叶えてくれるフルサービスキャリアか、クオリティを犠牲にしたLCCか。空の移動はいつまでその2択なんだろう。私たちZIPAIRが目指すもの。それは、今の時代に合ったサービスクオリティと究極のコストバリューを両立する、今までにないエアラインです。空の上で過ごす時間、そのすべてを日本らしい創意工夫で、今、一歩前へ。

Z_ Safety

日本の高クオリティなオペレーションと最新機体ボーイング787を採用し、世界最高水準の安全・安心を提供していきます。

Z_ Human Centric

価値観の多様化。コネクテッド時代。時代とともにお客さまの求めることも変わっていきます。私たちはそんな新しい人たちの、新しいニーズに応えたサービスを提供していきます。

Z_ Value

十分に満足できる飛行機での移動を、お客さまに納得いただける価格で提供していきます。

*ずべて公式ホームページより

 

今の時代に合ったサービスクオリティ究極のコストバリューを両立する、今までにないエアラインです、と言い切っていますね。

 

実際に、ボーイングB787型機を採用しているところは、これまでの日本のLCCにはないことです。

 

ZIP AIRの就航路線

2019年7月5日、

ZIP AIRの使用航空機は、JALから譲り受けるボーイングB787-800型機2機、

総座席数290席で、2クラス制を採用することが発表されました。

同時に運航路線・運航開始予定日も以下の通り示されました。

 

  • 東京(成田)=バンコク(スワンナプーム)【運航開始予定日】2020年5月14日
  • 東京(成田)=ソウル(仁川)【運航開始予定日】2020年7月 1日

 

ZIP AIRのサービスはどうなる?

LCCフルサービス航空会社(レガシー航空会社)の大きな違いと言えば、以下の通り。

 

  • 預け荷物は有料。金額は重さに応じる。
  • 事前座席指定は有料。金額は座席による。前方シートや足元の広い席は高い。
  • 機内食は有料。
  • 電話での予約は手数料が有料。

 

ZIP AIR が他のLCCのように上記のようなサービスを完全に別料金にするのか、一部無料で応じるのかなど、サービス詳細についての発表はまだされていません。

 

他の日本のLCCと違って、唯一違った点の発表といえば、2クラス制を採用していることですね。

ビジネスクラス相当とエコノミークラスということになると思いますが、

このビジネスクラスがどのレベルのシートとサービスになるのかに、注目しています。

 

現在、シンガポール航空の子会社であるLCCSCOOTボーイングB787-800型機 で運航しているので、

そちらのシート配置が参考になってくるかと思います。

 

以下が、SCOOTボーイングB787-800型機 の座席配置です。

ビジネス(名称:スクートビズ)21席

エコノミー 315席

総座席:336席。

 

ZIP AIRは総座席が290席ということなので、これよりも、もう少し余裕のあるシート配置になります。

どこに、余裕が出てくるのか?

 

  • エコノミー&ビジネスのシートピットをもう少し広げる
  • ビジネスの席数を増やす

 

のいずれかということになるでしょう。

 

上級クラス(ビジネスクラス)のサービスは?

上記で、シート配置について触れましたが、

ZIP AIR の ビジネスクラスについては、横は2席-2席-2席となることは既に発表されています。

ですから、シート幅については、SCOOTよりは確実に広々としてくると思います。

 

ビジネスクラスについては、現状のJALの JAL SKYLUXE SEAT ぐらいかな、と予想します。

JAL SKYLUXE SEAT

もう少し、ランクアップしているとすれば、JAL SHELL FLAT NEO レベルでしょうか。

pic_jal_shellflatneo

 

また、ビジネスクラスと言えば、エコノミーのサービス以外に付加されるサービスがあります。一般的には以下のようなものですね。

 

  • 専用チェックインカウンター
  • 保安検査場優先レーン
  • ラウンジサービス
  • 優先搭乗
  • 手荷物優先引き渡し
  • ボーナスマイルの加算

 

運賃が一番重要なことは揺るぎないのですが、

私自身は、これらのどのサービスが受けられるかによって、ビジネスクラスを利用するかどうかが決まるかな、と思っています。

中でも、ラウンジやマイルはJALとの相互利用が出来るのが理想だと思っていました。

 

そして、衝撃。

そして届いた、ZIP AIRの2019年8月1日のプレスリリース。

 

株式会社ZIPAIR Tokyo及び成田国際空港株式会社は、本日8月1日、2020年5月の運航開始日より、成田国際空港 第1ターミナル 北ウイングを使用することを決定しました。

また、本日8月1日より、本社所在地を同ターミナルに移転しました。

【成田国際空港使用ターミナル】
成田国際空港 第1ターミナル 北ウイング

【本社所在地】
〒282-0011 千葉県成田市三里塚字御料牧場1-1 成田空港第1ターミナル内

 

思わず、何度も見返してしまいました。

 

第一ターミナル? 北ウィング?

???

 

 

ZIP AIR は、JALが拠点とする 第二ターミナルではなく、第一ターミナルを利用するというのです!!!

 

これで、第二ターミナルに設置されている、JALの保安検査場への優先レーンや、ファーストクラスラウンジ&サクララウンジの共用という淡い期待はもろくも崩れ去りました。

 

ショックですね。

 

ということは、ビジネスクラスの搭乗の際でも、ラウンジの利用は不可、もしくは海外の空港のように、多くの航空会社やカードの上級会員との共通ラウンジの利用となるのでしょう。

 

ただ、日本での国際線中長距離LCCです。

これまでの常識が通用しないのも当然と言えば当然です。ですから、まだまだ、衝撃は続くかもしれません!

 

早く、サービスの詳細の発表をして欲しい!!

 

ZIP AIR に 目が離せなくなりました。

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました