コロナ禍の海外旅修行の旅気になる記事マイレージ アメリカン航空FOPJALマイル

JALマイルやFOPはどれだけ貯まった? モントリオール渡航 2023

モントリオール旅 コロナ禍の海外旅
JALショッピング

こんにちは。

JALの旅コミュニティtricoの公式アンバサダーをしていますひことらです。

今日は先日行って来ました、モントリオール旅の備忘録となります。

 

今回の旅はこんな感じでした。

 

旅の行程
  • 2023/06/08
    AA8405 羽田✈シカゴ

    まずはシカゴへ!実際には JL010便! 

    アメリカの入国審査を受けて、ターミナル移動後、アメリカン航空のラウンジへ

  • 2023/06/08
    AA6276 シカゴ✈モントリオール

    アメリカン航空で、モントリオールへ

    モントリオール・エンバシースィーツ2泊

  • 2023/06/10
    AA1964 モントリオール✈ダラス

    アメリカン航空で、ダラスへ

    ダラス・エンバシースィーツ1泊

  • 2023/06/11
    AA8481 ダラス✈羽田

    帰国もJAL機材の JL011便!

  • 2023/06/12
    羽田到着

 

費用

今回は自分がかかわりのある旅行会社経由で手配を致しました。

旅行会社への支払い総額は 430,000円ほど。

手配料金に含まれていたのは以下です。

  • 羽田~モントリオール間 アメリカン航空 ビジネスクラス航空券
  • モントリオール ホテル2泊(エンバシースィート・朝食付)一人部屋
  • ダラス空港至近 ホテル1泊(エンバシースイート・空港サウス・朝食付)一人部屋

*ホテルを2人利用(シェア)していたら、ひとり当たりの総額は395,000円ほどだと思います。

 

ホテルは全室がスイートタイプの客室であるエンバシースイーツ指定にしました。

仕事もありましたので、ベッドルームと仕事のスペースは完全に分かれていた方が都合がよかったからです。

実際に泊ってみましたが、モントリオールは立地も大変よく、室内も過ごしやすくて最高でした。

エンバシースイートは、大型の冷蔵庫や電子レンジがあるのも本当に便利ですね。

後日、ホテル滞在レポもあげる予定ですので、是非そちらもご覧頂ければと思います。

 

航空券は包括運賃という料金体系のため、直接手配する公示運賃と比べると、

若干融通が利かない、不便な点もありましたが、それでもお値段を考えたら驚くぐらいにお安いのでよかったです。

 

JALマイルとJAL FOP

そして、アメリカン航空だと、かなりのJALマイルボーナスが付くのも魅力でした。

 

アメリカン航空搭乗時のJALフライトマイル積算率
運賃 ファースト
クラス
ビジネス
クラス
プレミアム
エコノミークラス
エコノミークラス
積算率 150% 125% 100% 100% 70% 50% 30%
対象予約クラス A, F J, C, D, R, I W, P Y H,K,M L, V, S, N, G O, Q
  • 上表の積算対象予約クラスであれば、包括旅行運賃もマイル積算の対象。
  • AA便名のアメリカン航空便、アメリカンイーグル便およびAA便名のすべてのコードシェア便が積算対象。

 

今回は Iクラス(ビジネスクラスのないフライトはY)ですので125%加算されました。
JALの包括運賃(旅行会社手配運賃)は 70%加算なので、かえってアメリカン航空の方が加算率は高いです。
アメリカン航空搭乗時のJALマイルアップボーナス(ダイヤモンドステータス保持時)
ボーナスマイル(マイルアップボーナス)
日本航空
アメリカン航空
130%
ブリティッシュ・エアウェイズ 100%
イベリア航空 100%

アメリカン航空は、ボーナスマイルもJALと同額で頂けます。

これは非常に大きいです。

私はダイヤモンドステータスですので、 フライトマイルの1.25倍 X 130%のボーナスがもらえました
アメリカン航空搭乗時のJAL FLY ONポイント加算率

次はFOPについて。

FOP
基本はJALと変わりません。

 

違ってくるのは、「FLY ON ポイント換算率

JAL便の日本発着 アジア・オセアニア線、ウラジオストク線は、1.5倍となります。

でも、北米路線の場合はJALに乗っても1倍なので、JAL搭乗時とアメリカン航空搭乗時では何も変わりません。

唯一違うのが以下のボーナスポイントです。

予約クラス 搭乗ボーナス FLY ON ポイント
「F」「A」「J」「C」「D」「X」「I」「W」「R」「E」「Y」「B」「H」「K」「M」「L」「V」「S」

※下欄記載の対象外運賃に該当する場合は対象外となります。

400ポイント
・上記以外の予約クラス

・対象外運賃
個人包括旅行運賃(パッケージツアーなど)、団体包括旅行運賃および団体記録にてご搭乗の場合、特典航空券やマイル積算対象外運賃にてご搭乗の場合

0ポイント

 

JALだと国際線往復で800ポイントのFOPがもらえますので、そこに差は出てきます。

 

ただし、

今回の私の場合は、旅行会社手配の個人包括旅行運賃でした。

個人包括旅行運賃の場合には、例え、JAL便で予約をしていたとしても、ボーナスポイントはもらえなかったので、

結局のところ、今回の手配方法&訪問場所の場合には、

FOPについては、アメリカン航空でも、JAL便名で利用した時と同額のポイントがもらえたことになります。

 

今回はフライトマイル100%のFOPが加算されました。

 

そして、

実際の付与画面が以下です。

JALマイルとJAL FOP

 

フライト区間 便名 フライトマイル 予約クラス JALマイル JAL FOP
羽田~シカゴ AA8405 6,283 I 18,064 7,854
シカゴ~モントリオール AA6276 754 Y 1,734 754
モントリオール~ダラス AA1964 1,517 I 4,361 1,896
ダラス~羽田 AA8481 6,436 I 18,504 8,045
合計

JALマイル 42,663

FOP 18,549

5日間で、JALマイルが 42,000マイルも貯まってしまいました!!

 

 

ということで、今日は実際の渡航にかかった費用とそれでもらったJALマイルとFIOPについてまとめてみました。

 

カナダ行については、

アメリカン航空のビジネスクラスが異常といって良いほどお安く、しかも、今回のレポのように、

JALマイルやFOPもJALに搭乗する場合と同額が貯まるので、とてもおすすめです。

 

ちなみに、日本~アメリカ間はJALが運航している便も選べますので、機内もJAL!ということで、

言うことなし!と感じました。

 

こちらの旅行に興味がありましたら、直接、メールでお知らせくださいませ!

手配が出来る旅行会社をご紹介いたしますよ~。

 

info@hikoukitabi.com

※上記は私のメアドであり、直接旅行会社さまへつながるメアドではありません。

※誹謗中傷や冷やかしメール、迷惑メールフォルダへ自動移行されたメールは無視させて頂きます。

 

コメントはこちら