旅行記 観光地巡り 金城町石畳道

沖縄さんぽ 2020年7月 金城町石畳道 2-2

金城町石畳道旅行記
JALショッピング

那覇の町を歩いて来ました~。

前回は首里城でしたが、今回は首里城から徒歩で行ける「金城町石畳道」です!

訪問時期:2020年7月4日~5日

 

1回目の投稿はこちら。

スポンサーリンク

金城町石畳道

アクセス

ここは首里城の隣と言ってもいいぐらいの場所なので、首里城へ行く際についでに行くのがいいと思います。

金城町石畳道アクセス

首里城見学が終わって戻る際は、守禮の門て前を左方向へ。

県営首里城公園駐車の矢印が出ていますよ。

 

公道を渡ると、はい入り口です。

金城町石畳道

まずは真珠道(シマシービラ)。そのまま金城町石畳道に繋がっています。

 

真珠道(シマシービラ)

金城町石畳道

緑に囲まれたこの辺りはまだ真珠道かな。

 

金城町石畳道

真珠道はそのまま金城町石畳道へと繋がっているようですから、道なりに歩いていけばいいみたいです。

 

金城町石畳道

ここは、日本の道100選に選ばれている道なのです。

 

金城町石畳道

でありながら、これって。

お~いっ!!!

 

金城町石畳道

石畳MAP発見。

 

金城町石畳道

まぁ、ハブが出てもおかしくないけれども・・・。

 

金城町石畳道

ちょっと来た道を振り返ってみました。

小路沿いにはカフェが点々とあります。

 

金城町石畳道

横路。

 

 

金城町石畳道

一度バス通りを横切ります。ここからが金城町石畳道ということですね。

 

金城町石畳道

金城町石畳道

「500年来の石畳小道と樹齢300年の赤城あり。」

 

金城町石畳道

石畳もそうなのですが、石垣もいい感じなんですよね。

 

金城町石畳道

車は通りませんので、のんびると歩けます。

 

金城町石畳道

人が誰もいません。コロナ前では考えられなかったことです。

 

金城町石畳道

石畳もいい雰囲気。

 

金城町石畳道

遠くには今の那覇も見えて、コントラストがまた趣あります。

 

金城町石畳道

脇道もありますよ。

 

金城町石畳道

何気にてすりはユニバーサル仕様のうねうねとしたてすりで、好感度アップ。

 

金城町石畳道

ほわっ。

 

金城町石畳道

ばななだぁ~!!

人様の土地のものなので取ってはいけません!!

 

金城町石畳道

路の案内図もいい感じ。この先に樹齢300年の大アカギがありますよ~。

(なぜか、そこだけ人がたくさんいて写真は撮れませんでした。高校の課外授業とかかな・・。)

 

金城町石畳道

この先に大アカギが・・。

 

金城町石畳道

結構、入り組んでますよね。1直線の1本の道だけではないんですよ。

 

金城町石畳道

金城村屋。無料の休憩所です。

ザ!沖縄って古民家がいいですよねぇ~。

 

金城村屋

ここも誰もいないという、奇跡。日曜日なのに・・・。

 

金城村屋

 

手前の樹木も立派ですね。

 

金城村屋

大樹はたいてい、なんか別の草木が絡まって生えていますよね。(笑)

 

金城村屋

う~ん。いいなぁ~。住みたい。

 

金城大樋川

金城大樋川。

共同の井戸ですね。

 

金城町石畳道

さて、あとちょっとで端っこです。

 

金城町石畳道

この辺りは民家もあって、車も入ってきますね。

 

金城町石畳道

こんな感じで終着点。

時間にして30分弱といった距離でしょうか。

実に楽しいおさんぽでした。

私は一気に歩きましたが、疲れたら途中にあるカフェで休んだり、他にも湧き水が溢れる「ヌカー」などが数か所あるので、1つ1つ立ち寄ってみるのも面白いと思いました。

 

まとめ

さて戻りなのですが・・・。

このまま金城町石畳道の下からどこかに行こうと思ってもバスがありません。

私はずっとおさんぽ(ある意味迷っていた。)で、とんでもない距離を歩いていたのですが、

おとなしく首里城まで戻るのが早いと思います。

 

もしくは、金城町石畳道真珠道を分けるバス通りまで戻れば、近くに石畳入口というバス停があります。

そこから7番のバスで首里駅前まで行くのが楽だと思います。

日中は30分に1本ぐらいの本数になるので前もって、時間調整をしながら歩いていればいいかな、って思います。

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました