旅行記観光地巡り宮古島来間大橋竜宮城展望台猫の舌ビーチたこ公園

宮古島 旅行記 2019年7月 その5 来間島編

猫の舌ビーチ 旅行記

2019年07月に宮古島を訪れました。

 

その1、その2、その3 、その4については以下をご覧ください。

 

 

 

 

 

宮古島到着3日目、そして最終日の4日目にも訪れた来間島。

島自体はとっても小さな島で、あんまり観光スポットが多いワケではないのですが、

とっても、素敵なビーチがあったのです!

 

スポンサーリンク

来間島 竜宮城展望台


たぶん、来間島と言えば、この竜宮城展望台が最も有名な観光地だと思います。

来間大橋と、東洋一と言われる与那覇前浜ビーチを対岸から眺めることが出来る展望台です。

民家の中に突如現れる感じなので、住んでおられる方のためにもどうぞお静かに!

無料です!

 

来間島 竜宮城展望台

展望台からの眺め。来間大橋。

 

来間島 竜宮城展望台

与那覇前浜ビーチと東急ホテル

 

来間島 竜宮城展望台

来間島の反対側。家が少なくて、緑と畑が広がるのどかな風景が広がっていました。

 

来間島 竜宮城展望台

来間島周辺の海も透明度が高くて、とってもきれい!!

 

カフェエリア

来間島の竜宮城展望台のあたりには、おしゃれなカフェが4,5軒ありました。

居酒屋のような場所があったら、夜に来てもいいなぁ~と思って探してみたのですがカフェだけでしたね。

その内の一軒に入ってみました。

 

AOSORAパーラー

AOSORA パーラー

海外にあるような佇まいの外観がとっても可愛らしい!

 

AOSORA パーラー

テラス席はハンモックもありましたが、さすがに暑くて外では無理ですね。。。(^^;

 

AOSORA パーラー

同じ敷地には、ハンドメイドのアクセサリーショップなんかもありました。

 

AOSORA パーラー

何のお店かよくわからずに入りましたが、スムージーの専門店でした。

その数なんと、25種類!

 

AOSORA パーラー

と言っても、オーダーしたのは無難にコーヒーやラテ。(笑)

テーブルとかも、味がありました。

 

AOSORA パーラー

お店オリジナルのハンドメイドのかばんや水筒、クッションなど。

どれも、かわいらしかったです。

 

AOSORA パーラー

カリフォルニアチックな店内の装飾。

 

AOSORA パーラー

タコライスも頂きましたよ!左側はフライトポテト。とっても変わった外見。

ハッシュドポテトのような感じでした。美味しかったです!

 

AOSORA パーラー

庭にヤギが飼われていました。慣れていて、可愛かったですよ~。

沖縄と言えば、ヤギ。というイメージを持っています。(^^;

 

たこ公園

ん?たこ公園?

 

たこ公園

確かに、たこ公園。(笑)

 

ただ、たこ公園に来たかったワケではなく、

この公園の近くに、隠れ家ビーチがあるという情報を、日本トランスオーシャン航空の機内誌「CORALWAY

でゲット。

それで、来た見たのでした。

 

たこ公園

たこ公園までは遊歩道になっています。

案内板もしっかりありました。

 

たこ公園

遊歩道とはこんな感じ。

 

たこ公園

石畳が敷かれているので、迷うことはないですね。

 

隠れ家ビーチ

ただ、こんな植物のトンネルなども抜けていきます。

 

 

たこ公園

5分ほど歩くと、少し開けた土地とたこ公園への登り坂が左側に出現。

左側の坂をそのまま登ると、すぐにたこ公園。

 

 

で、この広場を真っ直ぐすすむと。。。

 

来間島 隠れ家ビーチ

隠れ家ビーチに到着!!

ビーチといっても、砂利と海藻が多め。

岩場が多いので、熱帯魚がたくさんいました。

 

来間島 隠れ家ビーチ

たこ公園から見下ろすと、隠れ家ビーチの先は、こんなにきれいな感じの場所。

岩場がここだけえぐられているので、魚が集まり、シュノーケリングに最適!!

 

猫の舌ビーチ

nbsp;

このビーチが今回の宮古島旅行で、最も綺麗だった海、ビーチ。

竜宮城展望台から見えて、白砂のビーチと海が凄く綺麗だったので、行ってみました。

 

猫の舌ビーチ

絶景・・・・

 

猫の舌ビーチ

透明度、有りすぎ。

 

猫の舌ビーチ

砂浜、綺麗すぎ。

 

 

ということで、最終日も、晴れ間が出た瞬間に、再度訪れました!

とにかく、綺麗でした!!

 

猫の舌ビーチ

猫の舌ビーチ 猫の舌ビーチ 猫の舌ビーチ 猫の舌ビーチ 猫の舌ビーチ

 

最後に

ということで、宮古島旅行で最も綺麗だったビーチは、来間島の猫の舌ビーチ!でした。

そして、旅は、まだまだ続きます。

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました