コラム

新型コロナへのJALマイレージバンク特別対応

FOPコラム
JALショッピング
スポンサーリンク

JALのステイタス追加救済策の発表

コロナの影響でなかなか自由に飛べない時代ですが、まもなく、第三四半期も終わります。

そろそろ、来年度のステイタスに関してもしっかりと確定しておきたいところだと思いますが、

21年9月14日、JALから2022年度のJMBステイタスに対して、特別対応が発表されました。

 

それに対して、SNSでは悲喜こもごも。

自分のブログですから、自分の思いはこちらに記しておきたいと思います。

 

まずは、JALからの案内がこちら。

2021年度FLY ON ステイタス会員の方へ ~2021年秋~第2回ボーナスFLY ON ポイント(2021年分)積算について

 

いつもJALグループをご利用いただき、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染症の影響によりJALグループも路線の運休や減便をさせていただいており、ご利用のお客さまにはご不便をおかけしております。

未だFLY ON ステイタス獲得の機会が減少している状況ではございますが、JALグループを特にご愛顧いただいているFLY ON ステイタス会員のお客さまには、今後もJALの上質なサービスをお楽しみいただきたく、第2回として9月末から10月上旬に、2021年のFLY ON ポイントとしてステイタス別にボーナスFLY ON ポイントを積算させていただきます。

 

対象のお客さま

2021年度FLY ON ステイタス(有効期限:2022年3月末)をお持ちのJALマイレージバンク会員の方

  • お客さまご自身で申請していただく必要はありません。
  • 新型コロナウイルス特別対応により、FLY ON ステイタスが2021年度(有効期限:2022年3月末)延長対象となるお客さまも対象です。
  • 2021年1月以降のご搭乗で達成された、2022年度FLY ON ステイタス(有効期限:2023年3月末)はボーナスFLY ON ポイント積算の対象外です。

例)2020年のご搭乗で2021年度JMBサファイアを達成され、2021年のご搭乗で2022年度JMBダイヤモンドを達成されたお客さま

⇒2021年度JMBサファイアのステイタスに応じてボーナスFLY ON ポイントを積算いたします。

 

積算内容

  • 2021年9月7日時点での2021年FLY ON ステイタスに応じて、以下のとおり積算いたします。
  • 2021年分のFLY ON ポイントとして2021年9月末から10月上旬に積算いたします。

 

2021年度FLY ON ステイタス第2回ボーナスFLY ON ポイント数

(2021年9月末から10月上旬積算予定)

第1回ボーナスFLY ON ポイント数

(2021年2月積算済)

JMBダイヤモンド35,000FLY ON ポイント40,000FLY ON ポイント
JGCプレミア17,000FLY ON ポイント28,000FLY ON ポイント
JMBサファイア10,000FLY ON ポイント15,000FLY ON ポイント
JMBクリスタル4,000FLY ON ポイント8,000FLY ON ポイント

 

ご注意
  • 9月7日時点で、積算するFLY ON ポイントに応じたFLY ON ステイタスをお持ちである場合のみ、積算対象となります。
    2021年度JGCプレミアステイタスの基準を達成いただいたお客さまで、9月7日時点でJALグローバルクラブを退会されている場合は、JMBサファイアステイタスとしての積算となりますので、あらかじめご了承ください。
  • JALグループ便のご搭乗により積算となるFLY ON ポイントとして積算されます。

 

内容的には、来季のステイタスを獲得出来ている方が少ないので、再度ボーナスFOPを追加で差し上げます。という内容でした。

そして、このお知らせにはさらに、以下の部分も掲載がありました。

 

JMBダイヤモンド・JGCプレミア サービスセレクション2022について

対象のお客さま
第1回(2021年2月積算済)と第2回(2021年9月末から10月上旬積算予定)のボーナスFLY ON ポイントを除いた、2021年1月~12月のご搭乗実績で、JMBダイヤモンドまたはJGCプレミアのステイタス基準をご達成いただいた方

  • ボーナスFLY ONポイントを除いた実績でご達成いただいたステイタス相当のサービスセレクション特典をご提供いたします。

 

詳細はこちら

例1)2021年のご搭乗で積算いただいた175,000FLY ON ポイント(うちJALグループ便115,000FLY ON ポイント)のうち、第1回・第2回で積算されたボーナスFLY ON ポイントが合計75,000FLY ON ポイント含まれる場合(JGC会員)

⇒第1回・第2回ボーナスFLY ON ポイントを除くと、100,000FLY ON ポイント(うちJALグループ便40,000FLY ON ポイント)となり、JGCプレミア相当のサービスセレクション2022をご利用いただけます。

  • 2022年度ステイタスはJGCダイヤモンドとなります

例2)2021年のご搭乗で120回(うちJALグループ便60回)以上かつ99,000FLY ON ポイントを積算いただいたうち、第1回・第2回で積算されたボーナスFLY ON ポイントが合計75,000FLY ON ポイント含まれる場合

⇒第1回・第2回ボーナスFLY ON ポイントを除くと、120回(うちJALグループ便60回)以上かつ24,000FLY ON ポイントとなり、サービスセレクション2022は対象外となります。

  • 2022年度ステイタスはJMBダイヤモンドとなります

それに対しての一部会員の反応と私見

追加のボーナスFLY ON ポイント付与については利用者に良いことしかなく、それに対しての批判・悲観しているものはあまり見ませんでした。

これでステイタス者が減らないことで、自分がステイタス特典を享受するタイミングやチャンスが少なくなってしまうのが嫌だな、ってことぐらいでしたね。

足元の広い座席の争奪戦や小さなラウンジの混雑などでしょう。

それでも、そこまで考える方はあまりいらっしゃらないような印象でした。

 

ネットをザワつかせたのは、以下の2点が原因かと思いました。

  1. ボーナスFLY ON ポイントについては、サービスセレクション付与の実績には反映されないこと
  2. 今回の第二回分のみならず、第一回目のボーナスFLY ON ポイントも実績としては反映されないこと

 

多くの方々が、第一回目のボーナスFLY ON ポイントは当然実績として考慮されると想定して、いわゆる修行の旅であったり、旅の計画を進めてきたと思います。私もそうです。

それをここにきて「それは加算しません。」と言われても、プチパニックになるのは仕方がないことです。

獲得していたと思っていた40,000ポイントが実はなかった!ってことですからね。

 

それに対する感情は会員さん個々の性格次第。

「後出しはずるい。ふざけるな!」とJALを批判する方。

「どうしよう。サービスセレクションあてにしていたのに。今から40,000ポイント新たなに貯められるかな?」と不安になる方。

「今の世の中では、色々仕方がないんじゃないかな。」と達観される方。

 

私としては、

「こんなご時世なのでステイタスは付与します。でも付随する実費のかかるサービスについては、これまで同様に付与できる資金的余裕がありません。」

そういうことかな、と解釈しています。

 

もうちょっと早く決めてくれたら対応出来たのに、今更はちょっと遅いよとは思います。

 

ただ、

又3,000億円もの資金調達が必要となっていたこと、

再感染が広がり回復傾向だった業績が再び怪しくなっていること、

そんなことを思えば、このタイミングなのも仕方がないと思い直しています。

逆にいえば、今の今まで、コロナ前と同じサービスを付与してくれようと努力していたと思えば、JALへの印象ががらっと変わります。

 

私自身も40,000FOPのカウントがされないことで、ダイヤモンドのサービスセレクションはもらえなくなります。それでも割とあっさりと納得できたのは、eJALポイントでもらう身だからでしょうね。

パートナーステイタスを選ばれていた方だと、そう簡単に納得できるものではないことも理解します。

 

サービスセレクションはこれまで少しづつではありますが、年によって内容は変わっているものでした。

そして、永年続くことも、内容が不変なことも、一切案内はされていません。

世の中が、そしてJALを取り巻く環境が大きく変わっている中で、去年とか、これまでのサービスを基準に先の判断をするのは、自分に有利で勝手な想像でしかなかったんだよな、と思うようにします。

これからの対応 裏技

さて、私の現在のFOPは 135,614 FLY ONポイント

40,000FLY ONポイントは考慮されないとなると、サービスセレクションのレベルは 95,614 FLY ONポイント

JGCプレミアのレベルまでは達しています。

e JALポイントを貰う事は確実なので、30,000e JALポイントですね。

それでもいいかな、って思いはします。

 

ダイヤモンド会員JGCプレミア会員
e JALポイント60,000ポイント30,000ポイント

 

今から、ダイヤモンドのサービスセレクションを貰うために、乗るか乗らないか、まだ考えてはいません。

 

ただ、もし、目指そう!と思った時には、FOPを効率よくもらうための裏技を駆使出来ればいいな、と思っています。

 

裏でもないです!ゴメンナサイ。

最安値の航空券をつかむ

当たり前ですね。スミマセン。

航空券は先の出発であればあるほど運賃は安いので、今からであれば12月の航空券を集中的に!

そのためにお休みを調整する。

 

でも、先の出発だけとも限りません。

今出ている、特別対応をフルに活用することです。

今は、持っている予約の日時が政府や自治体からの緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が出ている期間であれば、その先1か月の間のフライトに変更が出来る特別対応が出ています。

直近で安い運賃が出ているようなことがあれば、搭乗する予定がまったくなくても、とりあえず抑えておくこともいいと思います。

後で、搭乗できる日のフライトへ変えてしまえばいいのでね。

 

欠航しそうなフライトを敢えて選ぶ

フライト欠航が起きた場合には代替フライトが用意されますが、代替フライトはそれぞれ。

  1. 同日の前後のフライト
  2. 日付を変えてのフライト
  3. 至近の別空港へのフライト
  4. 別航空会社のフライト
  5. 乗り継ぎ便でのフライト

ここでFOPを有効に貯める代替フライトは5番です。5番を選択できるようだと、いっきにFOPを得られるチャンスがあります。

今ではかなり有名になっているのは、中部~羽田 ですね。

よく欠航になります。

その場合には、上記の1,2,4あたりが提案されることがほとんどなのですが、5を選ぶこともできます。

中部~那覇~羽田、中部~新千歳~羽田 というルートが該当します。

 

これでもOKなんですよ!

JALから提案されることはまずないので、こちらから希望として伝えればOKです。

 

そして、

経路変更をした場合には、FOPやJALマイルの計算は普通運賃にて積算されるんです

 

だから、先得で購入した航空券の290FOPが4,386FOPにも化けることがあるのです。

こういう可能性があるのは、地方同士をつながくフライトです。

伊丹✈高知、伊丹✈福岡、沖縄✈小松、鹿児島✈松山、沖縄✈岡山・・・。

 

でもそれを狙って予約をしておいて、欠航をしなかった時は、正直、地獄ですね。(笑)

何もないとFOP単価としてはよくない路線ばかりなので・・・。

真逆の結果になってしまいます。(笑)

 

欠航しそうなフライトを敢えて選ぶ その2

予約フライトが欠航してしまった場合、2の日付を変えてのフライトとした場合で宿泊費が別途追加となってしまう変更となった場合には上限1万円まで航空会社から頂けます。

 

例えば、

最終便が欠航となってしまい、翌日朝のフライトへ変更した場合(滞在延長)

朝のフライトが欠航となってしまい、前日夜のフライトへ変更した場合(前乗り)

 

この場合の宿泊費は実費の範囲で1万円までとなるのですが、

ホテルを探してみてください!こういうことに対応したプランがたくさんあることに気が付きますよね。

5,000円の宿泊代金のホテルが、5,000円のQUOカード付きで10,000円の宿泊プランを用意していたりします。

そういう宿泊プランを利用すれば、ホテルからは1万円の領収書を頂けるので航空会社からも1万円を頂けます。

一方で、手元には5,000円のQUOカードが残ります。

それをそのまま日常品の購入に回したり、金券ショップへ売って現金化することもできます。

それが、実質的な航空券代金やFOP単価を下げる効果につながります。

 

私は最大で7,000円分のQUOカード付プランを見たことがありますよ~!(笑)

 

まとめ

今年も間もなく、あと3か月となります。

この時期に又フライト計画をすることになるなんて、ずいぶんと久しぶりだなと思いながら、このブロクを記しました。

 

このご時世、色々な事情のある方々がいらっしゃることは充分に承知しております。

政府や自治体が不要不急の移動は自粛するようにと要請している中、

「自己都合で出歩く行為を、医療従事者はどう思っているのだろう。又、自粛を続けている方々は不安に思っているに違いない。」という気持ちは忘れずに、出来る限りの配慮をしようと思っておりますが、自分のブログだけは、このまま続けようと思っております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ブログランキング参加中ですので、お楽しみいただけましたら、ブログを続ける励みにもなりますので、是非、下のボタンをポッチとお願い致します。
PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
コラム
飛行機とJALマイルとビジネスクラスの旅ブログ

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました