コラム ワンワールド カタール航空

カタール航空のワンワールド脱退は回避されたのか?

カタール航空コラム
JALショッピング
スポンサーリンク

事の発端

JALファン、そしてワンワールドファンにとって、ステータス獲得のために重要な位置づけのカタール航空

ファンの間で、最初に衝撃が走ったのが2018年10月09日。

 

その時のカタール航空の主張がこちら

 

カタール航空の主張

  • アメリカン航空カタール航空のアメリカへの乗り入れを邪魔している
  • カンタス航空エミレーツ航空と共に、カタール航空のオセアニアへの進出を妨害している

👇

ワンワールドのメンバーが裏切っているので、

カタール航空はワンワールドから脱退することを示唆

 

それについては、私も昨年初頭にブログも書いておりました。

 

 

その後

2019年3月6日、

旅行業界では最大の会議&見本市ITBの席で、カタール航空CEOは、2ヶ月以内にワンワールドに留まるか、脱退するかを決定する予定であると明言しました。更に、その時には恐らく脱退になると思うとも言っていました。

 

この時には、内心「あぁぁぁ、もうだめだ~。脱退確定だな・・・。泣」と思ったものでした。

 

 

2019年5月頃には、正式な脱退発表がされてもおかしくなかったのですが、

発表がされないままに時が過ぎ、半年・・・。

 

その間、

ラタム航空のワンワールド脱退

そしてアラスカ航空のワンワールド加盟と別の事案で賑わっていました。

 

カタール航空ワンワールド脱退を思いとどまったのか?と思いながらも、カタール航空が危惧していた事情はなんらかわってはいないだろうし、どうなんだろう、と少し知らんぷりをしていました。

(内心はドキドキでしたが・・・)

 

昨日のプレスリリース

そして、昨日のアメリカン航空のプレスリリースが衝撃的なうれしさでした。

 

アメリカン航空とカタール航空が戦略的パートナーシップ契約&コードシェア契約を締結

 

2年前から中止していたコードシェアを復活させて、アメリカン航空がドーハへの路線も開設ということでしょうか。

アメリカン航空とカタール航空が仲直りってことですね (笑)!!!

 

まとめ

カタール航空ワンワールド撤退宣言を撤回、とまではいきませんが、撤退理由の1つとしてあげていた問題の1つは状況が好転したことには間違いがありません。

 

なんなら、早く「脱退しません」宣言が欲しいところですが、まぁ、少しは安心していいかな、というニュースでした。

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました