旅行記気になる記事コロナ禍の海外旅ファストトラックmySOSweb

最速報告 mySOS web使ってみた!

MYSOS旅行記
JALショッピング

こんにちは。

JALの旅コミュニティtricoのアンバサダーをしています ひことらです。

 

実は今日、ニューヨークから日本へ帰国します。

そのタイミングで、mySOS webが今日、ローンチされました!

スポンサーリンク

mySOS WEB

そもそも、それは何?

 

これは、それまでスマホのアプリで使われてきた、mySOSのweb版ということになります。

帰国のために必須な、ファストトラックを利用するためのプラットフォーム的アプリのWEB版ということですね。

 

どんな方に便利かと言うと、

  1. スマホは持っているけどアプリをインストールしたくない(OSが古くて出来ない)
  2. スマホを持っていない

だいたい、この2つかと思います。

 

内容はアプリ版と全く変わらないと言うことで、実際に使って見ることにしました。

 

ただしこれ、誰もが使える訳ではないようです。

 

誰が使えるか

強制待機が必要な場合の入国時にはどうやら、使えないみたいです。

 

逆にそれ以外なら使えそうです。

 

ということで、まずは、そのチェックが必要です。

以下のサイトから確認が出来ます。

 

 

mySOS WEB

 

この画面で帰国の国と地域を入力して確認します。

mySOS WEB

例えば、タイからの入国だと、ワクチン3回目接種の有無に関わらず利用可能のよう。

mySOS WEB

でも、例えばエチオピアからだと、次にワクチン3回目接種についての確認が続きます。

 

mySOS WEB

それでもし、3回目接種をしていない場合には、強制待機が入国の必要条件となり、webの利用は出来ないようでした。

その場合はアプリが必須のようですね。

 

mySOS WEB

私は米国からなので、利用が出来ます。

早速、使ってみました。

 

利用方法

メールアドレス登録

まずはメールアドレスの登録が必要になります。

 

 

 

mySOS WEB

チェックがすぐに出来るメアドとパスワードを決めて送信。

 

すると、入力したメアドにそのアカウントをが利用できるようになるメールが届きますので、そちらのメールのリンクをクリックすれば、利用登録は終了です。

 

実に簡単でした。

 

必要情報の登録

ここからはアプリ利用時とまったく同じです。

私は、パソコンの方が使い慣れているので楽でした。

質問票webの入力

入力後、即、登録済マークが付きます。

 

誓約書

入力後、即、登録済マークが付きます。

 

ワクチン接種証明書

書類をアップロードすると、審査待ちマークが付きます。

しばし、承認を待ちます。

 

出国前72時間以内の検査証明書

書類をアップロードすると、審査待ちマークが付きます。

しばし、承認を待ちます。

 

※※この最後の2つは同時に登録して審査を待つことが可能です。

 

mySOS WEB

 

mySOS WEB

登録がすべて完了すると、このような画面になります。

アプリとまったく変わらないですね!

 

審査終了後

すべて審査が終わると、メールでお知らせが届きます。

私は1時間ぐらいで来ましたかね。

 

その後、指定のwebアドレスを見てみると・・・(アドレスはメールにアドレスリンクが張られていますよ~!)

 

mySOS WEB

このように緑色に変っていました!

検疫手続き事前登録をクリックしてみますね。

 

mySOS WEB

こちらも青色画面に変わっていました。

このあたりも、アプリとまったく同じです。

 

さて、では、この後どうするのか?

案内では、この画面をスマホで検察官に見せてください、とありますが・・・

おい、おい、おい。

スマホがないから、これを使っているのに。。。って突っ込みたくなります。

でも、大丈夫。

 

画面の印刷でも受け付ける、ということでした。

 

mySOS WEB

印刷するボタンをクリックして印刷。

 

更にもう1画面。

mySOS WEB

 

こちらの画面も印刷するボタンをクリックして印刷。

 

この2枚の印刷物を持っていればok!ということでした!

これでスマホは不要ですね!

 

※コピーは念の為、色がはっきりとわかるカラーコピーがいいかな、と思います。

 

まとめ

さて、このmySOS WEBいかがでしょうか?

これまでアプリを4回利用して帰国して身としては、アプリとなんら変わらない、というか、パソコン派の私にとっては、こちらの方が使いやすい!と思えるものでした。

 

例えばなのですが、ワクチン接種証明書までは自宅で入力をしておき、最後のPCR陰性証明書の登録だけは、泊まっているホテルのビジネスセンターだったり、町中のネットカフェを利用して登録、そして印刷が出来れば、パソコンすら持参する必要はなくなるのかな、と思いました。

 

今回は私は、スマホ2台分、そして、こちらのmySOS webを利用して、3つもファストトラック申請をしました。

政府関係者の皆様方には、余計な手間をかけさせてしまい、誠に申し訳ありませんでした、とお伝えしたいと思います。

 

今現在、まだ、NYC出発前のラウンジですが、JALのチェックインカウンターでは、mySOS webの印刷画面にて、問題なく、チェックインが出来ております。

 

 

こちらのブログが少しでも皆様のお役に立てればと思い、催促レポートをしてみました。

 

タイトルとURLをコピーしました