コラムJALファーストクラスエアバスA350-900

JL エアバス AIRBUS A350-900型機 お披露目会に潜入!【序章】

JAL エアバス A350型機の全容 コラム

2019年06月21日、JALのコミュニティサイト【Discova】主催の「Discova会員限定!格納庫見学ツアー」に参加して参りました!

当初は、格納庫見学だけの予定だったのですが、急遽、格納庫で整備を続けている JALの最新機材 エアバス AIRBUS A350型機の内覧が出来ることになりました。

そして、なんと!それは、メディアの取材以外の一般には、初のお披露目の場となったのでした。テンションが上がりまくりで、当日を迎えたのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

Discovaとは?

Discovaとは、JALが直接、編集・運営をしている旅のコミュニティサイトです。

口コミやJALに関するコラムや、特集記事、みんなの投票などのコンテンツがあります。

その中でも、最も盛り上がっているのが口コミ情報で、口コミには2種類あります。

 

1つ目は「発見レポ」

訪れた場所、お店、出逢った人、食べたものなど、日本各地、世界各地で会員が体験したモノ、事を写真と共に投稿する場です。。

そして、もう1つがJALの話題で盛り上がる「JALトーク」

旅行記のような体験談から、ラウンジ、機材、マイル、等々、とにかくJALファンのあるあるを語る場です。

 

今回は、このDiscovaの会員限定で募集をしていたDiscova会員限定!格納庫見学ツアー」第二弾の予定でした。

それが先述の通り、時期的にJAL エアバス AIRBUS A350型機のJAL受け渡しの時期と重なっため、JALさんとDiscovaさんの粋な計らいで、メディア発表の翌日、一般人としては最初のエアバス機内の見学が許された、非常に貴重な経験になったのでした。

 

 

JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜

まず、

JALは社会貢献活動「空育®」の一環として、無料でJAL工場見学〜SKY MUSEUM〜を実施しています。

土日や祝日も含めて、毎日5回も開催されています。

 

予約は見学日の6カ月前の同一日の9:30からインタネットで可能です。

これが大人気で、早々に埋まってしまいます。

以下は、2019年06月22日の空席状況です。既に6カ月先の12月の平日までほぼ埋まっているのがわかると思います。

 

 JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜

JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜の空席状況 例

 

こちらの見学コースは所要約100分。

JALの整備士さんや運航乗務員さん、客室乗務員さんなどの経験者が担当、ご説明して頂けます。

 

大まかな内容は以下。

  1. 航空教室(約30分)
    研修室のようなところに入って、映像などで飛行機の仕組みを教えてもらえます。
  2. 展示エリア(約30分)
    整備士、運航乗務員、客室乗務員などの仕事紹介エリアやアーカイブ展示などを見学します。制服を着用した記念撮影も楽しめます。
  3. 格納庫見学(約40分)
    実際に格納庫へ向かい整備中の航空機を間近で見学します。

 

今回も、Discova 主催ということで若干の違いはあるにせよ、基本はこの流れで進行する予定だったと思うのですが、それが2時間半の時間を丸々、JALエアバス AIRBUS A350-900型機の観賞・体験に回してくれる大内覧会へと変更して頂けたのでした。

 

JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜に興味のある方は、以下の公式ページをご確認ください。

 

JL エアバス AIRBUS A350-900型機 お披露目会開始!

集合場所は、JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜と同じく、JALメインテナンスセンター1でした。

東京モノレールの新整備場駅から徒歩1分です。

Discova会員限定!格納庫見学ツアー

エントラスにて受付を済ませると、入館証が渡され、それにて保安ゲートを通過出来ました。

同時に、当日の注意事項とグループ別けをされたカードが配れました。

このイベントは全部で4グループに分かれての見学となりました。

JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜

入館証が付いたネックストラップは記念に持ち帰りましたよ!!

 

開始時間までは、展示エリアの自由見学となりました。

tokyo2020 仕様に装飾された機体モデル

JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜

 

JASも含めた過去の機体モデル

JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜

 

コクピットの全景

JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜

JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜

 

国内線のシートと少し古い(shell flat) 国際線ビジネスシート

JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜

 

見学をしている間に時間となって、セミナールームにて担当スタッフの方々の紹介が始まりました。

JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜

通常のJAL工場見学〜SKY MUSEUM〜ですと、ここで飛行機についての仕組みの勉強会となるのですが、今回は特別!兎にも角にも、エアバス AIRBUS A350 型機のための見学会に変わっております。

4つに別れたグループの担当の方々の紹介が終わると、すぐに格納庫への移動となりました。

 

格納庫へ!

セミナールームから格納庫へは歩いてほんの3分程。まずは、ハンガーM1へ。

こんな近いところにあるんだ!と少々驚きました。

 

JAL エアバス A350型機の全容

ただ、

エアバス AIRBUS A350型機は、ハンガーM2にあるということで、M1には見向きもせずに(笑)、M2へ。

 

 

どぉ~ん!!

JAL エアバス A350型機の全容

いましたよ~!!

前日のメディア発表会が開催された時のままのように、機体の周りには、見学者用の椅子が並んでいて、モックアップ用のシートがありました。

メディアへの発表からわずか1日で、自分が実際にこの機体を見れているんだなぁ~と、再び感慨深い気持ちになりました。

 

さて、最初は2階の通路から、思う存分眺めました。

R4・右側のドアを開けるのは非常にレアで、一般ではまず利用しないドアです。

そちらのドアにタラップがかかっていました!

JAL エアバス A350型機の全容

 

超特大のウイングレット 前後で見るとうねりの角度がまったく違っておりました。

後ろからだとあまり曲がってはおらず、鈍角ですが、

JAL エアバス A350型機の全容

 

前から見ると、直角を割って鋭角に曲がっています。

JAL エアバス A350型機の全容

 

滅多に見ることが出来ない飛行機のおしり

JAL エアバス A350型機の全容

 

尾翼の鶴丸

JAL エアバス A350型機の全容

 

AIRBUS A350-900の文字

JAL エアバス A350型機の全容

 

特別塗装機 第一号 JAL RED

JAL エアバス A350型機の全容

 

JAL初となるロールスロイス社エンジン

JAL エアバス A350型機の全容

 

機体を支えるタイヤ

JAL エアバス A350型機の全容

 

翼下の機材番号 JA01XJ

JAL エアバス A350型機の全容

 

お顔を拝見。エアバス AIR BUS A350型機 はコクピットの窓は開きません。お掃除が大変だそうです。

JAL エアバス A350型機の全容

 

たぬきのようにも見える横顔

JAL エアバス A350型機の全容

 

真下から

JAL エアバス A350型機の全容

 

最後に

写真はまだまだ撮っていますが、とりあえずはこのへんで。

思う存分に機外からエアバス AIRBUS A350型機を堪能しました。

さて、次回は、いよいよ、一般人では初となるエアバス AIRBUS A350型機の機内へと潜入していきます。

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました