コラムJALコードシェアビスタラ

アエロメヒコに続きインド・ビスタラとのコードシェアが実現

JAL&ビスタラ コードシェア開始 コラム

昨年2018年末に、JALの他社との業務提携、コードシェアについて記事をまとめていました。

JALが他社との提携を発表していながら、進展のない案件があまりに多かったためです。

 

 

しかしながら、2019年2月に入って一気に進展してきました。

まず、2月12日に、

2017年の発表から1年以上進展のなかったアエロメヒコとのコードシェア提携を発表、開始しました。

 

そして、昨日、

昨年の記事執筆時点ではまったく進展のなかったビスタラ とのコードシェアが発表されました。

 

ビスタラ (VISTARA) とは?

ビスタラ エコノミークラスキャビン

ビスタラ(VISTARA)はインドの大財閥タタ(TATA)グループとシンガポール航空の合弁会社として2015年1月よりインド国内に運航を始めた航空会社です。

今では、デリーを拠点にインド国内22地点に就航しています。

 

インドの航空会社というと、スターアライアンス加盟のエアインディア(AI)、ジェットエアウェイズ(9W)が老舗と言えるでしょうか。

その他、近年の旺盛な航空需要を受けて、ゴーエア(G8)スパイスジェット(SG)インディゴ(6E)エアアジアインディア(I5)なども就航都市、便数を増やしています。

それらの新興の航空会社がLCCなのに対して、ビスタラはフルサービスキャリアとして、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスの導入や、空港ラウンジの設置、マイレージプログラム「Club Vistara」の展開をしています。

ビスタラ 機内食イメージ

 

個人的には、シンガポール航空の資本が入っている時点で、ビスタラが提供するサービスの品質には信頼が置けます。

そして、これは完全に個人的な印象だけですが、航空会社を表す2レターコードが、

UNITED KINGDOMを表す UK なのも、なんとなく印象を良くしています。

 

インド航空当局(DGCA)の統計で最も定時運航率の高いインドのエアラインにも認定され、運航品質も高く評価されているそうです。

 

ビスタラの使用機材は エアバスA320シーリズのみ(CEO&NEO)で、

ビジネスが8席、プレミアムエコノミーが24席、エコノミーが126席のコンフィグレーションで運航しています。

 

vistara-seat-map

 

 

 

そして機内で提供しているコーヒーは、スターバックスだそうです。

ビスタラの機内でスターバックス!

コードシェア概要

実際のJALとのコードシェアですが、以下の通りです。

販売開始日: 2019年2月26日(火)
運航開始日: 2019年2月28日(木)

対象路線: VISTARA運航のデリーと以下7都市を結ぶインド国内線
ムンバイ・ベンガルール・コルカタ・ハイデラバード・アーメダバード・プネー・チェンナイ

 

JALが運航する便(成田~デリー間)へのビスタラ便名の付与、さらなるコードシェア路線の拡大、マイレージ提携の実施については、現状は検討段階とのことです。

ビスタラとのコードシェア

使えそうな利用ルート

JALの成田~デリー線に対して、同日の乗り継ぎがスムーズにできるフライトがあるか、調べてみました。

結論から言うと、往路については、かなり乗り継ぎ時間も良いフライトが多いということでした。

その一方で、復路については、同日の乗り継ぎとなると、待ち時間が長いケースが多いです。このあたりのスケジュールは、ビスタラに今後検討をして欲しいところだと思います。

JAL&ビスタラ乗り継ぎ例

JAL&ビスタラ乗り継ぎ例

最後に

ANAはムンバイへも既に就航しており、さらにチェンナイへの新規就航も発表しています。

それに続いてJALもベンガルール(バンガロ-ル)への新規就航を発表しましたが、既存のデリー路線との相乗効果が発揮されるよう、両都市間の運航を担うビスタラの活躍に期待をしたいものですね。

 

コメントをお寄せください。