コラム成田空港

JAL 2020年 アメリカ路線が羽田へ。成田はどうなる?

成田空港 JAL ファーストクラス ラウンジ サテライト コラム

 

2020年の羽田国際線増設枠の路線が、まずは米系の航空会社で決まりました。

まずは、前回のコラムのおさらいです。

スポンサーリンク

羽田発着となるアメリカ系大手3社の状況

アメリカ運輸省が最終決定させたフライトが以下となります。

アライアンス航空会社路線
スカイチームデルタ航空羽田~シアトル
羽田~デトロイト
羽田~アトランタ
羽田~ポートランド
羽田~ホノルル
スターアライアンスユナイテッド航空羽田~ニューワーク
羽田~シカゴ
羽田~ワシントン
羽田~ロサンゼルス
ワンワールドアメリカン航空羽田~ダラス
羽田~ロサンゼルス
未加盟ハワイアン航空羽田~ホノルル

 

さて、路線は上記の通りに決まりましたが、

今回発表された路線は単純に増便されるのか、それとも既存の成田からの路線の移管なのか、

それによって、成田空港の混雑度、サービス、その他諸々が大きく変わってきます。

成田発着のアメリカ系大手3社の既存路線

現在の成田発着路線は以下となっています。

アライアンス航空会社路線
スカイチームデルタ航空成田~シアトル
成田~デトロイト
成田~アトランタ
成田~ポートランド
成田~ホノルル
スターアライアンスユナイテッド航空成田~サンフランシスコ
成田~サンフランシスコ
成田~ロサンゼルス
成田~ニューワーク
成田~シカゴ
成田~デンバー
成田~ヒューストン
成田~ホノルル
成田~ワシントン
成田~グアム
成田~グアム
成田~グアム
ワンワールドアメリカン航空成田~ロサンゼルス
成田~ダラス
成田~シカゴ
未加盟ハワイアン航空成田~ホノルル

 

ユナイテッド航空って、こんなに便数が多かったのですね。

ちょっと、驚いてしまいました。

羽田発着が増便された後、上記の路線は、いったいどうなるのでしょうか。

航空会社ごとに見ていきたいと思います。

デルタ航空

まず、デルタ航空ですが、

2020年の羽田5路線の獲得によって、現存の2路線と合わせてトータル7路線を羽田発着で持つことになりました。

今回の5路線は、増便ではなくすべて成田発着路線からの移管、そして成田からの完全撤退を既に表明しました。

 

これは、デルタ航空の成田空港でのサービスがなくなることを意味しています。

そうです。

デルタ航空のビジネスクラスラウンジも閉鎖するに違いありません。

デルタ航空のラウンジを共用していたスカイチームメンバーからすると、かなり心配なのではないでしょうか?

 

エールフランス大韓航空は自社ラウンジを利用していますが、

ガルーダインドネシア航空ベトナム航空は、成田航空に自社ラウンジを持っていませんので、これからどうするのか、対応に迫られてくることでしょう。

 

また、デルタ航空は、成田空港に格納庫も持っていました。

恐らくこれも廃止されることでしょうから、その雇用が失われていきます。

 

成田空港、千葉県としては、大打撃なのではないでしょうか?

 

デルタ航空

ユナイテッド航空

次に、ユナイテッド航空です。

今回、新たに決まった羽田発着路線は4路線。

その内、シカゴ線とワシントン線は、成田空港からの移管であることを既に発表しています。

しかしながら、ニューヨーク、ロサンゼルス便については明言をしていませんので、恐らく増便のようです。

 

そうなると、ユナイテッド航空で、成田で残るであろう路線は以下。(デイリー)

  • グアム3便
  • ヒューストン1便
  • ニューアーク1便
  • サンフランシスコ2便
  • ロサンゼルス1便
  • ホノルル1便
  • デンバー1便

 

こちらは、羽田へと2路線移管されるとしても、盤石ですね。

チェックインカウンター、ラウンジなど、サービスに変更があることはなさそうです。

ユナイテッド航空

アメリカン航空

さて、そもそも、最も路線が少ないアメリカン航空でいうと、

今回新たに決まった羽田発着路線は2路線。

どちらも、現状は成田空港発着に運航している路線となりますが、

それが、増便なのか、成田空港からの移管なのかは、アメリカン航空はまだ公にはしていません。

 

もし、どちらも成田空港からの移管となれば、アメリカン航空の成田発着便は日に1~2便となります。

ずいぶんと寂しい感じになりますね。

 

アメリカン航空は、第二ターミナルに大変大きなラウンジを構えています。

JALのラウンジが混雑する午前中は、JALのスタッフがラウンジに駐在したり、JALラウンジの食事も提供するなどのサービスも行っています。

 

もし、残った1便が夕方発のフライトとなった場合には、このアメリカン航空のラウンジは、午前中は閉めるといったことも考えられますね。

これも、さみしい限りです。

(同じように、夜出発のエミレーツ航空のラウンジが夕方までクローズしています。)

 

ただし、羽田路線開設の際に、羽田~ラスベガス路線の申請もしていました。

もしかしたら、成田~ラスベガス路線の開設があるかも、しれませんね。

 

JALとの共闘に期待したいところです!

シカゴ オヘア空港 アメリカン航空 フラグシップラウンジ

最後に

羽田空港の国際線増便に向けて、巷は少しザワついてはいますが、

その反面、路線の廃止や減便、そして撤退していく航空会社がある成田空港の胸中としては、

決して穏やかではないでしょう。

 

成田は成田で、少しスロットに余裕が出てきているはずですので、

LCCの国内線ばかりでなく、これまで就航のなかった国の航空会社の誘致などを積極的に行ってほしいと思います。

コメントをお寄せください。

  1. こんにちは
    オリパラや、今後もさらに増加する訪日客に対応するため、羽田の国際線を開設し、成田空港ともに首都圏の空を強化していく。

    というのは大義名分。なんでしょうね。
    増加するのが見込まれるなら、成田からの移管って変な話だし、そもそも全便移管なんて無理な話…

    成田を潰したいんでしょうね…

    それでも自分は成田を使います
    (品川在住ですが)

    • しげさん、
      こんにちは。

      おっしゃる通りで、これは増便にはなっていませんね。

      これから日本はどんどん人口が減っていって、高年齢化も進んで、
      日本人の国際空港の利用者は減っていくだけでしょうから、
      国際空港は、訪日客をメインに考えて運用していくことになると思います。

      羽田だ、成田だ、という議論もナンセンスなのかもしれません。
      関空やセントレアなど24時間オープンで発着枠に余裕があり、
      国内線と国際線が同居して日本全土へ移動がしやすい、そんな空港が好まれていくように思います。

  2. 飛行機トラベラー様

    こんにちは

    2020年以降の増便ができるのは成田だけのようですので
    オリンピック後に期待ですね。
    期待というか絶対に。。

    確かに訪日増加させるには首都圏だけに限る必要もないですからね。

    でも、どうしても成田羽田になってしまうんでしょうかね。。。

タイトルとURLをコピーしました