コラム JAL Discova

ビジネスクラス機内食試食会開催 JAL Discova

JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会コラム
JALショッピング
スポンサーリンク

JALの旅コミュニティサイト JAL Discova ?

JALには、独自のSNSのような、JALファンのコミュニティサイトがあります。

それが、「Discova」です。

Discovaディスカバとは?

世の中には実際に行かないと分からない
魅力的な場所がまだまだあるはず。
Discovaは、あなたが見つけた
とっておきの体験をみんなで分かち合う
JALの旅コミュニティ。
誰かに教えたくなる風景を見つけたり、
JALに関する体験をしたら、
Discovaでみんなにシェアしよう。

 

Discovaは、他のSNSのように、写真をアップしたり、コメントをツィートしたりするのですが、

それだけではなく、他のコンテンツも揃っています。

そして Discova独自のイベントも度々催されていますが、今回はDiscova会員限定!JAL国際線ビジネスクラス機内食試食会というイベントに参加してきました!

Discovaについては、こちらをどうぞ。

 

イベントの様子

日時:2019年09月06日 18:00~20:00

場所:JALメインテナンスセンター1

 

当初イベント会場はJALの他、多くの航空会社の機内食を担当するJALの子会社JRC(JAL ROYAL CATERING)で行われる予定でしたが、前日に急遽変更となりました。

JALメインテナンスセンター1  JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜 が行われる会場で、東京モノレールの新整備場駅から徒歩2分ほど。もう、空港の敷地内に入っているような場所で、駅からビルまでの間からは、タキシングする飛行機が間近に見れます。

 

Discova会員限定!格納庫見学ツアー

 

メインテナンスセンターに入ると、会議室のような場所へ通されました。

会議室に入ると、テーブルは5卓準備されていて、今回のイベントに当選したのは21名が、決められた自席へと着席しました。

 

JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会

注意事項の案内からスタート。

 

JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会

私は、FRA=フランクフルトと示されたシートへ着席。

席には、既に機内食のメニューと全く同じメニューと、ドリンクメニューが置かれていました。

今回は、アルコールはなしということで、イベント用にドリンクメニューをわざわざ作ってありました。

感激です。

 

同席の方々と自己紹介をしている間に、アミューズブーシュがサーブ。

同席の方々との会話ですが、名前は明かしていないので、Discovaでのハンドルネームでの会話となりました。

完全に、SNSで知り合った方々とのオフ会のようなものでした。(笑)

 

JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会 JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会 JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会

さて、アミューズブーシュはこちら。

  • 揚茄子のとろろ掛け
  • 松茸と蕪のフラン

松茸と蕪のフランが絶品!松茸がしっかりと濃いめに味付されていて、フランとの相性が抜群。一緒に食べるとさらに美味しさが広がりました。

これらのアミュ-ズブーシュは、JALのビジネスクラスを利用しても、東南アジアや近距離路線では頂けず、欧米豪路線でしか頂けない少々レアなものなのです!

お酒が飲みたかった・・・。

 

JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会

さて、お食事はアパタイザーとメインと一緒にワンプレートで。

機内では、別々に順番にサーブされますが、時間の関係で一緒にサーブされたのですが、

機内でも、これもありだな!と思いました。

お酒を楽しみながらの食事の場合は、前菜も主菜も関係なく、少しづつつまみながら食事が進むので、すべての料理が同時にあった方が、よりお酒を楽しめると思いました。

 

JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会

5種のこちらがアパタイザーの盛り合わせ。

  • トリュフ入りドフィノア
  • ラディッシュのピクルス
  • ロブスターのラルド巻き、菊芋のピューレ
  • ズワイガニの根セロリ和え
  • 蓮根とうずらのきんぴら

ズワイガニのサラダがとっても美味しかったです。ロブスターのラルド巻きは歯ごたえがプリプリを超えていて、これもとても美味でした。最初、貝類だと思ったぐらいです。

 

JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会

そして、メインです。

サーモン、ハマグリの白ワインクリームソース クレソンピューレ

ソースが間違いなく美味しい代物だったのですが、和栗がゴロゴロしているのもよかったです。

洋食の中に、和食っぽいテイストが加わり、また秋の季節感も感じられました。

 

JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会 JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会

メゾンカイザーの特製ブレッド

  • かぼちゃのエクメック
  • プチカンパーニュ

かぼちゃのエクメックは、かぼちゃが生地に練り込まれているだけではなく、ゴロゴロと固形でも含まれていて、くるみかな?ピーナッツかな?と、ともに、味だけではなく歯ごたえも楽しめました。

 

JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会

デザート。抹茶とマンダリンのオペラ

これは、パスしてお隣の方に食べてもらいました。絶対に美味しかったでしょうね。

自分のものと、お2つ完食されていましたので!

 

さて、さて、お食事を楽しんでいる間には、料理長と機内食を担当しているCAさんとの質疑応答コーナーでも盛り上がりました。

 

JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会

JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会

印象的だったのは、レストランで扱える食材が10とすると、機内食で扱える食材は1しかない、ということでした。

それだけ限られた中で、これだけ美味しい食事を提供してくれているのは、

本当に、料理長をはじめとした、スタッフの方々の努力と研究の結果なのですね。

 

その上でお願いがあるとするならば、、、

見栄えや食感、味を良くすることを優先しているため、油脂を多めに使ったりと、カロリーが地上の食事よりも多めになっているように思いました。

味を落とさないように、保存、そして解凍するために、冷凍食品もそうらしいので、仕方がないことだとは思います。

長距離路線だと12時間近く、摂取したカロリーを積極的に消化出来ない状態が続くので、出来る限り摂取を控えるという防御策しかないのかと・・・。

 

都合がいい話で恐縮ですが、

美味しい上にカロリーも低い!という食事が出来ることが一番の理想かな、と思いました。

JALさん、是非!お願いします!

 

とにかく、美味しい食事と、普段では聞くことができない料理長やCAさんの声を聴かせて頂いて、時間はあっと言う間に過ぎてしまいました。

 

最後に、Discovaイベント お馴染み!のお土産コーナー!!

JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会 JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会 JAL DISCOVA ビジネスクラス機内食試食会

今回は、エアバスA350型機のミニモデルプレーンと、、、

JALファーストクラスでしか味わえない!

「JALオリジナル ショコラ界の巨匠 ジャン=ポールエヴァ の ボンボンショコラ「フルール」Bonbon de Chocolat FLEUR 」

 

宝石箱のような重厚なケースに入ってチョコレートは、たかがチョコレート、されどチョコレートです!

そうそう食べれるものではなく、自宅に戻ったらすぐに冷凍庫へ入れて、保存することにしました。

 

今回も、とっても楽しくてアットホームだった JAL Discovaさんのイベント。

大満足で帰路へとついたのでした。

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました