旅行記JALプレミア客室機内食ビジネスクラスSKY SUITEⅠボーイングB787-800

JAL JL068 成田 – シアトル ビジネスクラス機内食&搭乗記 07MAY19 1

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート 旅行記

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート

スポンサーリンク

07MAY19 JL068 成田 – シアトル Business Class 1

JALシアトル線就航に際しての2つのキャンペーン(マイル2倍、FOP2倍)が出ていたので、それを獲得するために、シアトル線に搭乗してきました。

 

2つのキャンペーンとはこちらです。

 

フライトログはこちら。

便名JL068
搭乗日07MAY19
出発地NRT
出発時間(予定/実際)18:05/18:53
到着地SEA
到着時間(予定/実際)11:05/11:07
所要時間(予定/実際)09:00/08:14
機材B787-800
機体番号JA841J
自席7K
獲得JALマイル19,698
獲得FOP12,338

 

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート

自席は7K。Bコンの先頭です。今回はお隣の7Hは空席でしたので、パーテションを上げていなければならない離発着時でも、気を遣うことがなくてよかったです。

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート

シートの後ろにある、この物入れが非常に便利です。

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート

お隣の席を少々、拝見。  真ん中の2席は、小物入れがないので少々不便。カップルならいいですが、一人でこの席だとちょっと残念。

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート

乗りこみ時に、アメニティなどはすべてセットされています。

スリッパ、ヘッドフォン、アメニティ、毛布、枕、機内食メニューです。

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート

モニターは驚異の23インチ。ビジネスクラスでは最大だと思います。

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート JL068 201907MAY ビジネスクラス シート

機内誌、機内販売案内、機内食メニュー、

安全のしおり、WIFIサービス案内、シート操作案内、エンターテインメント案内

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート

読書灯とノイズキャンセラー付のヘッドフォン。天井からの読書灯もあるので、ビジネスは照明は2か所あります。

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート

電源とUSB端子。

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート

アメニティポーチ。内容物は正直、たいしたものがはいっていません。これが残念。

(アイマスク、耳栓、マスク、ポケットティッシュ、歯ブラシ、リップバーム)

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート

ベッドをフルフラットにしたら、「エアウィーヴ」(疲れがとれやすいのマットレス)を敷いて。

「エアウィーヴ」は、頭上のコンパートメントに入っていて、自分で勝手に取って敷きます。

 

 

続いて、機内食のレポートです。

長距離路線で食事も多数頂きましたので、機内食は2回に分けてお届けします。

こちらは最初のメインの食事から。

 

メニューはこちら。

JL068 07MAY19 機内食 ビジネスクラス

JL068 07MAY19 機内食 ビジネスクラス

ウエルカムドリンク

JL068 201907MAY ビジネスクラス シート JL068 201907MAY ビジネスクラス シート

出発前にウエルカムドリンクが頂けるのが、とてもうれしいです。

JALでは、欧米・オーストラリア路線でしか行っていないサービスです。

 

モニターがサンディエゴより到着したままのフライトマップになっていました。サンディエゴから戻ってきた機体がすぐに又シアトルへ。

そして、更にシアトルに着いたらすぐに又成田に戻るのですが、機材メンテナンスは大丈夫なんでしょうかね?

アミューズブーシュ

実はこのメニューは3月と同じメニューです。

洋食のビーフは3月に頂いていました。洋食のビーフのメニューのレポートはこちらです。

 

JL068 201907MAY ビジネスクラス 機内食

胡麻豆腐 山葵のせ *黒木純シェフ監修

モリ―ユ茸のフラン そら豆添え

シャンパン パイパー エドシック エッセンシエル ブラン ド ブラン

オードブル

JL068 201907MAY ビジネスクラス 機内食

生江史伸シェフ監修のメニューです。

JL068 201907MAY ビジネスクラス 機内食

  • アジのエスカベッシュ
  • アスパラマスタード
  • 穴子とラタトゥイユ
  • 桜海老のポテトサラダ
  • 鴨ごぼう

ワインやシャンパンにぴったりなんですよね。ちびちびとお酒を楽しみながら、ゆっくり味わいました。

メイン

JL068 201907MAY ビジネスクラス 機内食

JL068 201907MAY ビジネスクラス 機内食

春の海の幸

バジルのアンショワイヤードソース

魚介の香りと旨みがふわっ~と広がってとっても美味しかったです。これもワインにぴったり。

特に真鯛でしょうか。皮目をカリカリに焼いてあってその香ばしさや触感と、白身側の旨みがマッチしていて絶品でした。

JL068 201907MAY ビジネスクラス 機内食

プチナチュール

抹茶のエックメック

パンは次の食事のためにお腹を空けていたかったのでパス。

デザート

JL068 201907MAY ビジネスクラス 機内食

苺とよもぎのパンナコッタ

こちらも実際には食べずにパス。ごめんなさい。

最後に

長距離路線では、時間がたっぷりあるので、せわしなさ感がなくて、とてもゆっくりと時間が流れている感じで、とても楽しく、リラックスして、機内食を頂けました。

メインの食事のあと、JALの特徴である「Anytime You Wish」がオーダーできるようになるので、すかざす、また機内食ハンターを始めました。

 

2食目以降の機内食は以下にてレポートしています。

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました