修行の旅ニュースビジネスクラスアメリカン航空バーゲン運賃

アメリカン航空 香港~メキシコシティ ビジネスが20万円!

アメリカン航空 修行の旅

アメリカン航空が香港発券の運賃で暴れているようでしたので、自分の夏休みに使ってみようかなと思い調べてみました。

FARE BASIS フェアベーシス

航空券予約端末で調べたところ、

FARE BASIS は「INE08TN1

 

予約クラスは「」クラス

= JALのマイル&FOP加算率はフライトマイルの125%ですので、ツアー用の70%加算のような割引ビジネスの扱いではありません。

 

出発期間の制限 は「制限なし

=空席さえあれば、いつでも購入可能。

 

予約受付期間 は 「制限なし

=予約期限が限られたバーゲンフェアとしての位置づけではなく、一般に設定されている運賃。だた、こういう運賃はすぐにひっこめたり出したり、割と自由に行われているので、すぐになくなってしまう可能性はあります。

 

航空券代金12,000HKD (約168,000円)

=上記が航空券代金で、他に空港諸税がかかってきます。

 

では、実際にフライトの空席を確認してみます。

実際のフライト例

google flight

google flightを利用して、6泊8日(フライトによっては6泊9日になります)のスケジュールにて調べてみました。

7月、8月の夏休みシーズンでも、まだまだ、空席は出てきます。

7月よりも8月の方が空席は多かったです。

 

具体的なフライトはどうなのか、更に先に進んでみます。

google flight

google flight

次にそのまま、アメリカン航空のサイトに移行し、実際の予約ギリギリまで進んで条件を確かめてみます。

google flight

 

なんと、直接予約の割引があるのか、総額が下がっています。

総額 13,414HKD (google flightでは14,614HKD) =  約188,000円!!

獲得できるJALマイルおよびJAL Fly ONポイントは 22,640

FOP単価は、8.3

ビジネスクラスでこの単価は非常に安いと言えると思います。

機材、シートやサービスは?

実際にこの運賃で行こうとすると、

アメリカン航空の香港~ダラス・フォートワース線又はロサンゼルス線の利用で空席が出てきます。

ルール上は成田経由でも可能なようですが、この安い運賃では空席が出てきませんでした。

 

そこで、ほぼ利用することになる、香港~ダラス・フォートワース線およびロサンゼルス線のサービスを調べてみます。

香港~ダラス・フォートワース間

AA126便&AA125便

使用機材:ボーイングB777-300ER

SEAT形態:Flagship Business

アメリカン航空 フラグシップ ビジネスクラス

 

ビジネスクラスのシートは最新のリバースヘリンボーンタイプです。

アメリカンのこれまでのヘリンボーンタイプは、前向き後向きと前後互い違いの設定で、前後の乗客同士で目が合い、気まずい雰囲気になりがち、というものだったのですが、そこから改良された新シートになっています。

香港~ロサンゼルス間

AA192便&AA191便

使用機材:ボーイングB777-300ER

SEAT形態:Flagship Business

こちらも、新型のリバースヘリンボーンシートです。

 

機内WIFI、プレミアムダイニング、アメニティキッドの進呈など、シートにこだわる私でも納得の機材のようです。

最後に

この運賃での購入は、超お得!としかいいようがありません。

個人的には、いつ、販売が中止になってもおかしくないと思います。

また、メキシコの超有名リゾート地であるカンクンも、ほぼ同料金の設定がされていることがわかりました。

 

そこで、

メキシコシティ in  & カンクン out で航空券を予約し、途中、長距離バスとLCCを使い、世界遺産の遺跡を巡りながら、最後はビーチリゾートでのんびり、という王道ルートでの旅行を、早々にしてみたいと思っています。

 

 

 

コメントをお寄せください。