気になる記事修行の旅FOPJAL 国際線 FLY ON ポイント2倍キャンペーン2023年度 FLY ON ステイタス獲得キャンペーンボーナスマイルキャンペーン米州路線ご搭乗キャンペーンJALグループ国内線 FLY ON ポイント2倍キャンペーン

JALの新しいキャンペーンが来た!米州路線ご搭乗キャンペーン

米州路線ご搭乗キャンペーン気になる記事
JALショッピング

こんにちは。

JALの旅コミュニティtricoのアンバサダーをしていますひことらです。

 

今日は昨日発表されたJALステータス獲得のためのキャンペーンの検証です!

 

昨日発表されたキャンペーンは以下の3つです。

  1. JALグループ国内線 FLY ON ポイント2倍キャンペーン
  2. JAL 国際線 FLY ON ポイント2倍キャンペーン
  3. 対象のお客さま限定の特別なご案内米州路線ご搭乗キャンペーン

 

スポンサーリンク

JALグループ国内線 FLY ON ポイント2倍キャンペーン

JALグループ国内線 FLY ON ポイント2倍キャンペーン

まずはこちら。

6月に対象月6,7月で出ていたキャンペーンの対象期間が延長されたものです。

今年一杯、搭乗の際に獲得できるFOPが2倍になるキャンペーンです。

これについては、ご存じの方の方が多いのかな?と思いますので説明は割愛しますね。

 

リンクだけ貼っておきます。

 

 

JAL 国際線 FLY ON ポイント2倍キャンペーン

JAL 国際線 FLY ON ポイント2倍キャンペーン

そして、こちらは国際線版。これも詳細は省きます。

 

リンクだけ貼っておきます。

 

 

 

米州路線ご搭乗キャンペーン

米州路線ご搭乗キャンペーン

そして、こちらが対象者限定のキャンペンです。

対象者になっていない方は、こちらのブログではじめて知る方も多いのではないでしょうか?

 

このキャンペーンはなんと、太っ腹な2本立てなんです。

 

どんなキャンペーンなんでしょうね。

 

いやぁ、凄いんです、凄いの!

 

ボーナスマイルキャンペーン

まずは、こちら。ボーナスマイルが頂けるものです。

詳しく見ていきたいと思います。

 

キャンペーン内容

キャンペーン登録の上、対象のご搭乗をされた方に、ご搭乗のクラスに応じてボーナスマイルを積算いたします。

 

対象期間中に搭乗していれば、予約日・ご購入日は問わないということです

 

対象期間

対象のご搭乗期間:2022年10月1日(土)~12月31日(土)(ご出発日)

 

対象のお客さま

2022年度 FLY ON ステイタスをお持ちで、JAL Webサイト会員ログイン後の「お客さまのキャンペーン一覧」に、こちらのページが表示されている方

 

すべての方が対象になるワケではないのですが・・・

実は対象になっていない方でも、JALの予約デスクに電話をして、
「参加をさせて欲しい!」と懇願すれば、
「では、登録させて頂きます!」ということにもなることが多いのです。

もしもこのキャンペーンの対象にならなかった方で、キャンペーンに参加したい!と思う方は、電話で聞いてみてください。

その際、キャンペーン名を一語一句間違えずに伝える必要があります。

その際は、「対象のお客さま限定の特別なご案内米州路線ご搭乗キャンペーン」です。

 

対象路線

JAL国際線 北米=日本発着路線 JAL便名JAL運航便

ニューヨーク、ボストン、シカゴ、ダラス、サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴ、シアトル、バンクーバー

 

ハワイ(ホノルル、コナ)線、グアム線は対象外になっています。
又、コードシェア便も対象外です。

 

対象予約クラス・積算マイル数

ボーナスマイル
1・ファースト・ビジネスクラス
(予約クラス F / A / J / C / D / I / X)
1搭乗あたり10,000マイル
2・プレミアムエコノミークラス
(予約クラス W / R / E)
1搭乗あたり5,000マイル

 

・1、2それぞれで期間中2回まで。(1往復)
ビジネスかファーストで2回、プレミアムエコノミーで2回、合計30,000マイルが最高ということになります。
・アップグレードをした場合にはアップグレード前の予約クラスに準ずるとのこと。
・特典航空券は対象外。

 

ご注意

  • 予告なく中止・期間変更または実施内容が変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 欠航や機材変更を含め、実際にご搭乗されなかった便・運賃はマイル積算の対象外となります。
  • 景品表示法の定めにより、本キャンペーンに当選された方は、当社が同時期に実施するほかのキャンペーンに当選できない場合がございます。

 

ひことら
ひことら

ということで、
こちらのキャンペーンはプレミアムエコノミークラス以上への搭乗が条件となるキャンペーンになるので、若干ハードルは高いのかな、と思います。

例えば、ダイヤモンドステータスの方が、ニューヨークまでビジネスクラスで往復すると、1往復で58,658マイルも獲得できます。

 

こちらのキャンペーンはおまけみたいなもの?
自分的に衝撃が走ったのは、次のキャンペーンですよ~。

 

 

2023年度 FLY ON ステイタス獲得キャンペーン

来年度のエリートステータスを諦めていた方に救いの手が差し伸べられているのはこちらです!

 

キャンペーン内容

対象路線を4区間以上ご搭乗された方に、2023年度も2022年度と同じ FLY ON ステイタスをご提供いたします。

 

対象期間

2022年7月20日(水)~12月31日(土)(ご搭乗日)

 

対象のお客さま

2022年度 FLY ON ステイタスをお持ちで、JAL Webサイト会員ログイン後の「お客さまのキャンペーン一覧」に、こちらのページが表示されている方

 

こちらのキャンペーンも、対象のお客さま限定のキャペーンということですが、

ボーナスマイルキャンペーン」同様に、

JALの予約デスクに電話をして参加をさせて欲しい!と懇願すれば、登録してもらるかもしれません!

 

対象路線

JAL国際線 北米・ハワイ=日本発着路線 JAL便名JAL運航便

ニューヨーク、ボストン、シカゴ、ダラス、サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴ、シアトル、バンクーバー、ホノルル、コナ

 

・グアム線は対象外。
・コードシェア便は対象外。

 

対象予約クラス

JMBフライトマイル積算対象 全予約クラス

 

・特典航空券でご搭乗の場合は対象外。

 

ご注意・ご案内

  • 予告なく中止・期間変更または実施内容が変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 本キャンペーンは対象のお客さまを自動で参加登録いたします。お客さまご自身でのキャンペーン登録は不要です。
  • 本キャンペーンでご提供する2023年度 FLY ON ステイタスでは、JMBダイヤモンド・JGCプレミア サービスセレクション2023のご利用はいただけません。

 

ひことら
ひことら

こちらのキャンペーンの凄いところ!

 

  1. 特典航空券以外であれば、エコノミークラスでも、ツアーでも対象にあるという点。
  2. ハワイが含まれている点。

 

この2点ですね。

本当に、凄いキャンペーンだと思いました。

 

ひことら
ひことら

 

では、このキャンペーンがどれだけ凄いのか?

実際にどのぐらいの予算で、今と同じステータスが獲得できるのかを次に検証してみたいと思います。

 

 

ステータス延長のための費用・最安値は?

では!!(。>д<。)ゞ。

 

今回、2番目に紹介しました【2023年度 FLY ON ステイタス獲得キャンペーン】を使った、ステータス獲得を考えてみたいと思います。

 

なるべく最安値で、というところをポイントに考えてました。

 

 

対象路線を4区間ということですが、コストを考えると、これは完全に日本~ホノルルの2往復の一択となりますね。

 

お休みが比較的取りやすい方

単純に、往復航空券を2枚購入すればいいですね。

例として以下のような。

 

2023年度 FLY ON ステイタス獲得キャンペーン

2023年度 FLY ON ステイタス獲得キャンペーン

 

1往復で120,000円弱ですので、2往復でも240,000円弱。

これは、

今ダイヤモンドステータスをお持ちでしたら、24万円弱で来年度もダイヤモンドステータスが持てるということです。

 

素晴らしすぎ~~。💦💦💦

 

考えられる問題としては・・

  • ホノルル行のバーゲンフェアについては、最低でも2泊4日の日程が必要となってきます。4日のお休みを2回取れるかどうかという点。
  • 円安・物価高の昨今、ハワイでの滞在費用を捻出できるのかという点。

 

このあたりかと。

まぁ、費用については、そもそもダイヤモンドステータスを取るためにはもっとたくさんの資金が必要なワケで、

それがかからないのですから、さほどの障害ではないのかな、と思います。

 

それよりも、

今から年内のお休みの調整がつくのかどうか、そちらの方が障害になっている方は多いのではないでしょうかね?

 

それならば・・

 

お休みが比較的取りづらい方

1枚は日本発の航空券、1枚はホノルル発の航空券にして、2枚を合わせて使いましょう!

 

日本発航空券

まずは、日本発の航空券。

これは、前に例として紹介した予約記録を使いますね。

 

2023年度 FLY ON ステイタス獲得キャンペーン

10月15日発 東京✈ホノルル
10月21日発(翌日着) ホノルル✈東京

 

航空券代金 117,940円

 

 

ホノルル発航空券

次にホノルル発。

これもJALのWEBサイトで簡単に購入出来ます。

別に何も難しいことはありません。

 

2023年度 FLY ON ステイタス獲得キャンペーン

10月16日発 ホノルル✈東京
10月20日発(翌日着) 東京✈ホノルル

 

2023年度 FLY ON ステイタス獲得キャンペーン

 

航空券代金 1,144.17$=約158,000円

日本発よりは少し高いんですね。

まぁ、物価を考えたらハワイ発の方が高くて当然、という見方です。

 

さて、さて、

この2枚の航空券を日付順に並び返してみると(組み合わせて使うと)・・・

 

1回目渡航
10月15日発 東京✈ホノルル  *日本発航空券
10月16日発(翌日着) ホノルル✈東京  *ホノルル発航空券

まずは、こんな日程でハワイへ行きます。

ホノルル線は夜の出発なので15日は仕事を終えてからでも搭乗は可能だったりします。それが出来ればお休みは不要ですね。

その場合、10月16日、17日の2日のお休みがあれば行って帰ってくることが出来ます。

日程は土日にしたり、ご自身の連休に当てれればお休みの問題はかなり解決できると思います。

 

※又、ホノルルではタッチ、10月15日のフライトで帰れば、なんと1日のお休みだけでも行けるのですが、PCR検査を受けて結果を待たなければならないので、今は無理です。

 

2回目渡航
10月20日発 東京✈ホノルル  *ホノルル発航空券
10月21日発(翌日着) ホノルル✈東京  *日本発航空券

そして、もう一度同様のハワイ往復を繰り返せばいいワケです。

 

これは、ステータスを獲得するためのフライトだと割り切ってしまえば、ホノルル滞在1泊の旅を2回繰り返すだけで、条件に合致してきます。

2枚の航空券代が合計で28万円ほどですね。

 

 

 

ひことら
ひことら

ということで、いずれにせよ、


30万円以下で、現在保持のステータスを来年度も維持が出来るようになります。

これは凄いコストパフォーマンスです。

 

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

来年のステータスを諦めていた方にも、チャンスが訪れたのではないでしょうか?

 

特にダイヤモンドステータスに限って言えば、

FOP2倍キャンペーンよりも、2023年度 FLY ON ステイタス獲得キャンペーンの方がステータス確保には圧倒的にお得なキャンペンだと思います。

 

今回のブログのように、是非トライしてみてはどうかな、と思いました。

そして、対象にはなっていない方は、JALへお願いしてみてはどうかな、と思いました。

 

その際は、是非ともその結果を教えて頂ければと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました