修行の旅JAL海外発券

修行の旅 ソウル&パース JALビジネスで【FOP単価10.35】

修行の旅

JALから1-3月限定のヨーロッパ行ビジネスクラスのSaver X-JBが出ましたが、

それでもFOP単価はよろしくないですね。

福岡・東京・大阪・名古屋が同料金とのことなので、FOPが2倍となる福岡~東京国内線を追加しても、

総額  330,260円

FOP 22,690

FOP単価は、14.55

福岡までの往復を別途、手配をしないといけないので、うーーん、という感じです。

 

それなら、やっぱり、以下ですね。。

スポンサーリンク

ソウル発券のJL ソウル-オーストラリアはいつでも安い

JALのソウル発オーストラリア行ですが、

バーゲンフェアではなく、キャリア運賃(正規割引運賃)が1年間通しで、

2,230,000KRW = 約215,800JPY   で登録されています。

FARE BASIS は XNN0NQDE

 

この運賃の優れているところ

  • 週末でも追加代金が不要
  • 最低滞在期間の設定がない = 日帰りでもOK
  • 日本でのストップオーバーが往復ともに可能
  • しかも日本でのストップオーバーは無料
  • 有効期間は1年間
  • オーストラリア国内は、カンタス航空の利用も可能

 

特筆すべきなのは、日本での滞在が往復ともに無料で出来るというところで、

これによって、ソウルとオーストラリアの旅行を分けて組むことが出来る。

ということは、長期の休みを取らなくても、何回かに分けて、弾丸修行が行使できるということです。

 

実際に、行程を組んでみました。

休み最小限の行程

お仕事の休みが土・日だったら、以下のような日程であれば、

月曜日(又は金曜日)の有給を1日取るだけで可能です。

便名予約クラス日付曜日出発地到着地出発時間到着時間FOP
JL094X26MAYGMPHND19:2021:301,821
JL771X01JUNNRTSYD19:2006:10
(翌日)
9,518
QF575I02JUNSYDPER08:2511:302,546
QR568I02JUNPERSYD23:5506:05
(翌日)
2,546
JL772X03JUNSYDNRT08:1517:059,518
JL093X16JUNHNDGMP15:4018:001,821

 

オーストラリア内では、乗り換えが可能です。

というか、パースの場合には、JALの直行便はないので必ず乗り換えになるのですが、その際利用できるカンタス航空はワンワールドに加盟しているので、その区間にもしっかりとFOPが貯まってくるのです。

 

それから、上記のルートだと、

ホテルの予約が不要なんですよね。

そうなると、オーストラリアでの出費ゼロも不可能ではないですね。

 

航空券代としては、

空港諸税を入れて、

TOTAL  269,595円 

 

以下は、google flight より

1

google flight

2

google flight

 

ただし、これはソウル発着ですので、ソウルへの往復が別途必要になります。

特典航空券の利用なども考えられますが、

購入する際、ここを無理にJALを使うと、かえってFOP単価が悪くなりますので、LCCあたりで考えた方がいいですね。

たとえば、PEACHでとると、

空港諸税を入れて、

TOTAL  17,920円

 

ピーチ予約画面

ピーチ予約例

 

5月26日(日)ソウル日帰り修行

6月01日(土)~6月03日(月) オーストラリア弾丸修行

6月15日(土)ソウル日帰り修行

ということで、週末と月曜日の半休1日だけで修行が完結します。

FOP単価

 

上記の行程で、東京~ソウル間の別手配分も購入する場合、

ピーチの最安値を手配した場合

総額

269,595円 + 17,920円 = 287,515円

獲得FOP

27,770

FOP単価 10.35

ビジネスクラス利用で、ソウルまでの往復を含めての価格ですので、かなりインパクトがあります。

 

更に、東京~ソウル間は特典航空券の利用など、費用負担を考えない場合には、当然FOP単価はもっと下がります。

総額

269,595円

獲得FOP

27,770

FOP単価 9.70  10円を切ります!!

 

このJALの航空券は全区間ビジネスクラスですので、

  • 搭乗ボーナスが1区間あたり FOPが400ポイントつく
  • ソウル、シドニー共に、FOPが 1.5倍換算される地域である
  • オーストラリア内の移動もカンタス航空が利用できて、マイル&FOP対象となる

この点がFOP大量獲得に大きく作用しています。

JALの機内サービスを堪能する場合の行程

私は、JALの機内サービスを存分に楽しみたい派なので、

修行の旅の場合でも、ナイトフライトは極力避けて、デイフライトを選ぶようにしています。

この行程においても、往路をメルボルン経由にすることで、往復ともにデイフライトになり、

たっぷりと、シャンパンとフライトを楽しむことができます。(笑)

 

便名予約クラス日付曜日出発地到着地出発時間到着時間FOP
JL094X26MAYGMPHND19:2021:301,821
JL773X01JUNNRTMEL10:3021:559,946
QF771I02JUNMELPER08:0010:102,087
QF568I02JUNPERSYD23:5506:05
(翌日)
2,546
JL772X03JUNSYDNRT08:1517:059,518
JL093X16JUNHNDGMP15:4018:001,821

 

この行程で行くと、

2017年にリニューアルオープンした、メルボルン・カンタス航空 国内線ビジネスラウンジも利用することができますね。

メルボルンの街並み

メルボルンの街並み

最後に

ANAのパース就航が発表されていますが、

JALならカンタス航空とがっつり組めるので、

ANAからキャンペーン的な料金が出た際には、必ずJALも対抗した料金を出すはずです。

 

直行便よりも寄り道ルートの方が、マイルもFOPもたくさん貯まりますので、

逆に、万々歳、といったところだと思います。

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました