機内食タイ航空エコノミークラスAIR BAGANAIR MANDALAYMyanmar Airways InternationalMyanmar AirwaysASIAN WINGS AIRWAYS

機内食回顧録シリーズ タイ航空 バンコク~ヤンゴン OCT11

機内食回顧録機内食
JALショッピング
スポンサーリンク

機内食回顧録シリーズ

スマホやSDカード内を整理していると出てくる、過去の機内食写真。

メニューは既になかったり、肝心なお味の記憶もなくっていたりもしますが、 写真をそのまま葬ってしまうのももったいない。 ということで、写真だけでもこちらにアップしていこうかと思います。

私は、機内食って見ているだけでも楽しいのですが、同じように感じる方がいたら、幸いです。

2011年10月 TG バンコク~ヤンゴン 普通席

便名がちょっと出てこないのですが・・・

この区間は、今は、子会社のタイスマイルに運行移管されていますので、調べても出てこないんですよね。

ANAの深夜便で羽田✈バンコクでフライト。

朝5時頃にバンコクに到着し、朝9時ぐらいのフライトではなかったでしょうかね。

 

機内食

タイ航空 機内食

食事はボックスで届けられました。

短距離路線でも、バンコク~シンガポールなどはトレイで提供されるのですが、朝食だったからでしょうかね。

バターロール、ハム・ポテトサラダ・トマト、カットフルーツ

それにミックスフルーツジュース、お水

 

おまけ

ミャンマー滞在時には、国内線で移動しました。

当時は、国内線乱立、大競争時代。今は既に航空会社もありました。ちょっと写真を紹介しますね。

ミャンマー国際航空

Myanmar Airways International

当時の国際線はほとんどがこの航空会社でしたが、路線が少なかったので、日本からは外航を利用する方が多かったと思います。

ベトナム航空、タイ航空、シンガポール航空などですね。

AIR BAGAN

AIR BAGAN

AIR BAGAN

AIR BAGAN

AIR BAGAN

ミャンマーの地方都市・バガンが会社名になっていますが、実際はミャンマー国内に豊富な路線を持っていました。

機材は多用。

2018年に保有機ゼロとなり、政府から免許停止処分を受け、今でもWEBサイトは2016年のまま。

潰れたかな?

AIR BAGAN

こんな機内食も出ていました。

 

ミャンマーエアウェイズ

Myanmar Airways(のちに、Myanmar National Airlines)

当時はぱっとした印象がなかったのですが、今見ると国際線、国内線共にフライトは充実しています。

 

AIR MANDALAY

AIR MANDALAY

こちらも地方都市の名前がついた航空会社。でも本社はヤンゴンです。

 

ASIAN WINGS AIRWAYS 

当時もっとも勢いがあったのがこちら。

 

コロナ禍のミャンマーはほぼ鎖国状態。国内線も運行はされていないようです。国内移動も出来なかったら、国の経済は本当にズタボロな気がします。

観光資源が多くて、人々も穏やかな国なので、早く、又、活気を取り戻して欲しいです。

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました