旅行記氷河特急鉄道の旅

番外編|氷河特急車内ランチ

旅行記

22JUN18 サンモリッツ – ツエルマット 車内ランチ

飛行機の機内食ではありませんが、

絶景を眺めながらの食事が想像以上だったので、レポートします。

2018.6.22乗車

スイス 氷河特急
氷河特急

氷河特急とは

ツェルマットとサン・モリッツというアルプスの二大リゾートをつなぐ伝統のスイス横断ルート。7つの谷、291の橋、91のトンネルを抜けて走る約8時間の旅です。マッターホルン・ゴッタルド鉄道(MGB)とレーティッシュ鉄道(RhB)の路線を最新のパノラマ車両で結びます。世界で最も遅い特急ともいわれる約7時間30分のルートは、アルプスの名峰、美しい森や牧草地、山間の急流や渓谷などが次々と車窓に展開する絶景の連続です。
75周年を迎えた翌年の2006年からは新型の車両を導入。大型の窓、エアコン完備の車内、テーブル付きの広い座席、日本語を含む6カ国語で説明が聞けるイヤホン、座席まで出来たての食事を運んでくれるサービスなどンランク上の快適な旅をお楽しみいただけます。

スイス政府観光局より

一部路線区間は、日本の箱根登山鉄道と姉妹鉄道提携をしていて、

車両も「マウント富士号」など、日本名が使われていたりします。

氷河特急
氷河特急

車中での食事

便名予約
クラス
日付出発到着出発
時間
到着
時間
氷河特急
GEX903
1等22JUN18サンモリッツツエルマット09:1517:10

乗車時間が8時間弱にもなる長距離路線のため、

乗車中の食事は必須になってきます。

乗車前に自分達で調達、持ち込んでもいいですし、車内販売もあります。

今回は、事前に自席で食べられる、2コースのランチを予約していました。

2018.06.22乗車

メニュー

氷河特急

事前予約をしていなくても、アラカルトの食事が楽しめます。

又、ワイン類が豊富に用意されていて、さすがヨーロッパ、と驚きました。

ワイン

氷河特急

スイス産の白ワインにしました。

ブドウの品種はシャスラ。スイス周辺でしか飲めない貴重なものです。

氷河特急

しっかりとテーブルセットもされると、テンションはあがりますね。

メイン

氷河特急

ビーフストロガノフ、もち麦と野菜のソテー。

ワンプレートのサーブされますが、車内なのでありです。

そして、普通に美味しかったです。車中で暖かい食事は贅沢ですね。

デザート

氷河特急

ガトーショコラ。甘いですが、ワインと共にぺろりと食べてしまいました。

氷河特急

コーヒーで〆ます。

最後に

氷河特急
氷河特急
氷河特急

景色を楽しみながらの食事は、

飛行機では味わえない鉄道ならではの楽しみです。

私は飛行機が大好きですが、何気に鉄道ヲタクでもあるのでした。

コメントをお寄せください。