旅行記スイスツェルマットマッターホルンハイキング

スイス旅行記4 ツェルマット ハイキングで逆さマッターホルンを見る

ツェルマット ハイキング 旅行記

2018年6月に、9日間のスイス旅行をしてきました。

その旅行中で、印象深かったところを、順不同で少し紹介したいと思います。

今回は4回目。

ツェルマット滞在中のマッターホルンを見ながらのハイキングコースについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

ツェルマットのハイキングコース

ツェルマットにはたくさんのハイキングコースがあります。

登山列車に、ゴンドラ、ロープウェイ、リフトなどなど、様々な交通機関で山の頂上まで一気にいけるところも多いです。

なので、登山列車で一気に頂上まで登って、下りをゆっくりと下山するだけのハイキングコースというものもたくさんあって、普段は体を動かしておらず、体力に自信がない私でも、安心してできるハイキングでした。

決してトレッキングではありません。ハイキングです。

 

標高3,000mを超えるところに電車が走っていたり、山間部にはロープウェイを繋いでいたりする。

さらに、さらに、3,000m級のその展望台からスキー客用のリフトがあったりして、スイスの交通機関の発達度に、何度も驚かされました。

 

そのおかげで気軽に、スイスアルプスを堪能させてもらえたワケです。

 

今回私が選んだのは、ゴルナグラード展望台からツェルマットへとつながるハイキングコースです。

とても有名なハイキングコースです。

ツェルマット ハイキングコース

ローテンボーデン~リッフェルベルグ

ゴルナグラード鉄道の終点・ゴルナグラードの1つ手前の駅「ローテンボーデン」駅から、もう1つ手前の「リッフェルベルグ」駅まで間、1時間ほどの区間です。

非常に短くて、高低差もさほどなく、それでいて、逆さマッターホルンが見れるリッフェルゼーがあるので、とても人気のコースみたいです。

 

実際、日本や中国からのおじいちゃん、おばあちゃんを含むツアーの方々も、苦も無く楽しまれていました。

 

 

ローテンボーデンから歩き始めると、もう、ほんの10分ほどで、リッフェル湖へ到着。

そして、早速、逆さマッターホルン!

 

じゃん!

雲ひとつない快晴で、こんなに素晴らしい写真が撮れました!!

本当に、鏡に映したような状態でした。

 

逆さマッターホルン

 

なんて、嘘です!!!

 

上の写真は上下を反対にしたものです。それにも気が付かないのでは!?!

 

本当の写真は、こちら ↓

 

リッフェル湖

 

本当に、鏡に映ったような、素晴らしい光景!

 

 

逆さにしても、わからないぐらいなんですから。

他の方のブログや旅行記を見ていたのですが、こんなにきれいな逆さマッターホルンはなかなか見なかったです!

(自画自賛!)

でも、それもそのはずで、リッフェルゼーは、

本格的な夏になると、水量が減った上に、水草が成長し始めるので、こんなにきれいな逆さマッターホルンは現れないということでした。

6月に行ったので、本当に最高の時期だったのかもしれません。

 

 

少し進むと、もう1つ湖がありました。

こちらにも、逆さマッターホルンがお出迎えしてくれました。

逆さマッターホルン

 

ハイキングコースには、分岐点には必ず案内板が立っているので、迷うことはなかったです。

山々に囲まれながら、のんびりと進みました。

ツェルマット ハイキング

ツェルマット ハイキング

ツェルマット ハイキング

 

マッターホルンが、これでもかと、どこにいても現れます。

ツェルマット ハイキング

ツェルマット ハイキング

 

そして、あっという間に、

リッフェルベルグ駅が見えてきました。

ツェルマット ハイキング

 

近くを、

ゴルナグラード登山鉄道が走っていきます。

絵になりますね。

ゴルナグラード登山鉄道

 

そして、リッフェルベルグ駅の手前に、ケルンがありました。

ケルンは山頂や登山道に積み上げられた石の塔のことです。

 

道に迷わないようにするための道しるべ、遭難者への慰霊、単なるいたずら、と意味合いは色々あるみたいですが、これはどういった目的のものだったのでしょうかね。

 

マッターホルンと一緒だと、絵になりますねぇ。

ツェルマット ハイキング

 

それから、駅とは逆の方に、なんかありました。

 

ツェルマット ハイキング

 

教会でした!

ツェルマット ハイキング

ツェルマット ハイキング

 

リッフェルベルグ駅で登山列車に乗って、ツェルマットへ下山すれば、所要時間は、わずか1時間ほど。

快晴だったこともあって、見る景色、見る景色、絶景の連続でしたので、それでも大満足!

 

私は、時間も体力も有り余っていましたので、そのままツェルマットまでハイキングで戻ることにしました。

リッフェルベルグ~リッフェルアルプ

さて、この区間だけは、ちょっとだけ急な斜面もありました。

 

足をくじいたりしないように、注意しながら歩きます。

と言っても、そんな急ではないのですが、小石に引っかかっただけで、くじいてしまう可能性のある年ですので。

ツェルマット ハイキング

ツエルマット ハイキング

 

高山植物。

ゆっくりと足元を気にしながら歩いていると、自然と目線も下に下がり、こういった花たちにも気が付くようになりますね。

ツエルマット ハイキング

ツエルマット ハイキング

ツエルマット ハイキング

 

途中、雪解け水が集まって、小川となり、

ツェルマット ハイキング

 

山を下っていきます。

ツェルマット ハイキング

 

ベストポジションに、ベンチがあって、

座って眺めたいけど、先客が居座っていて、残念。。

ツェルマット ハイキング

ツェルマット ハイキング

 

でも、最高。

ツェルマット ハイキング

 

そうこうハイキングを楽しんでいると、リッフェルアルプ駅に到着。

まだ、まだ、余力があったので、そのままツェルマットまで徒歩で戻ることにしました!

 

リッフェルアルプ~ツェルマット

この区間は最初に一気に急な坂道を下ることになるのですが、

途中からは、標高もぐっと下がって、農村、牧草地といった風景に変わっていきました。

気温も上がってくるし、空気も濃いし、人も多くなるし、

あぁぁ、山を下りてきたな、って感じます。

ツェルマット ハイキング

 

途中から、

クラインマッターホルンへと向かうゴンドラの下を歩くように、ツェルマットへと向かいます。

ツェルマット ハイキング

 

ツェルマット ハイキング

 

スイスの山小屋というイメージ通りの家の前を通ったりして、

ツェルマット ハイキング

 

ゴンドラの駅も過ぎると、まもなく、ツェルマット中心地へ到着!

このあたりは、ツェルマットの街の端っこあたりなのですが、このあたりもとても、牧歌的な風景でした。

ツェルマット ハイキング

 

こんな感じで、ハイキング終了!

いやぁ、本当に楽しかったです。

最後に

ツェルマットのホテルへ何事もなく無事帰還後は、お酒と美味しいチーズや生ハムで乾杯しました!

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました