旅行記 ホテル ニューヨーク ホテル

TWA HOTEL at J.F.Kennedy Airport 滞在記 客室編2 20年3月 6-3

TWA HOTEL旅行記

ニューヨークへ行ったら絶対に泊まりたかったホテルが「TWA Hotel」!!

滑走路が見えるという部屋からの景色が楽しみで、ワクワクで部屋に飛び込んだのですが部屋はかなりがっかり。

 

前回までのレポートはこちら

 

宿泊日:

2020年03月10日~03月11日

 

 

スポンサーリンク

部屋番号の仕組み

TWA HOTEL

このホテルですが、パブリックスペースを中央に、左サイドが「SAARINEN WING」右サイドが「HUGHES WING」となっています。

 

SAARINEN WING側の部屋番号は01~44。

ジェットブルーが利用するターミナル5前の棟になっているため、部屋から駐機場や滑走路は見えません。

 

HUGHES WING側の部屋番号は51~85。

エレベーターホールから51➡85と部屋番号が大きくなります。

部屋番号が大きい方がターミナル5の建物から離れるので、駐機場や滑走路が見やすくなります。

ただし、一番奥 (85付近)はバリケードで駐機場が見えなくなります。

 

部屋番号 奇数はAIRTRAIN側で駐機場や滑走路が見えない反対側となり、偶数が駐機場&滑走路側となります。

 

5階フロアぐらいに車寄せの高架橋があるため、階数は上層階の方が駐機場や滑走路が見やすくなります。

 

ということで、前回アサインされた556号室というのは、駐機場&滑走路ビューの部屋と言っても、部屋からの景色は最低レベルの部屋でした。

 

わざわざ滑走路を見たいがために、値段の高い部屋を選んだのに、かなりがっかり。

 

日本人は文句を言わないので、ホテルやレストランなどの席・部屋はよくないところをアサインされやすいというのが観光業界の常識。

もしかして私も日本人だからとこの部屋をアサインされてしまったのかもしれない。

 

面倒ではありましたが、部屋を変えて欲しい!とお願いすることに決めて、チェックインカウンターへ戻りました。

 

そこにはスタッフは何名かいましたが、一番権力がありそうな方に事情を説明しました。

「このホテルに泊まりたくて日本からやって来た。」

「同じ料金で、今空いている滑走路が一番良く見える部屋に変えて欲しい。」

そんな要件を伝えてお願いしたのです。

 

返ってきた言葉は、

「Sure!」

 

やったぁ~!!

言ってみるもんですね。

客室 680

TWA HOTEL

で新しいお部屋は 680号室。

1つ上のフロアになったので高さをクリア。

さらに80号室はエレベーターホールから3番目に遠く、またバリケードの邪魔が入らない、位置的には最前の立地の部屋でした。(82,84号室は部屋前にバリケードが立っていて景色を邪魔しているのです)

 

では、実際にステイした部屋の詳細を。

(一部、556のお部屋で撮った写真も交じっています。)

 

TWA HOTEL

部屋を入るとこんな感じ。

前に入った56号の部屋は、窓に向かって直角にベッドが並んでいましたが、この部屋は水平にベッドが置かれていました。

 

TWA HOTEL

部屋に貼られたポスターがアメリカン。

 

TWA HOTEL

ワーキングデスクとソファの位置も違っています。

 

TWA HOTEL

ベッドサイドライト。色合いも統一。

 

TWA HOTEL

非接触型のスマホ充電と、USB充電。

更に、電源もあって使いやすいベットサイドテーブルでした。

 

TWA HOTEL

エントランスとベッドルームの間にワードローブとミニバーがあります。

 

TWA HOTEL

ミニバーは割としっかりしています。スピリッツ類もそこそこ。

 

TWA HOTEL

TWA HOTEL

TWA HOTEL

冷蔵庫の中にはビールやワインも冷やされています。

 

TWA HOTEL

ワーキングデスク。

 

TWA HOTEL

ダイヤル式の電話!!レトロ!!

 

TWA HOTEL

又、鉛筆が大量に!!これは記念にもらっていいのでしょうね!

 

TWA HOTEL

ボロボロになった雑誌に、ミニバーのお菓子。

そして、変わっていたのが一番右のシート。

 

TWA HOTEL

ゴミはゴミ箱ではなく、分別してこの上の置いて、というもの。

この方が圧倒的にゴミの分別が出来ますし、お掃除自体が楽ですよね。

これはいいな、って思いました。

 

TWA HOTEL

お菓子はこんな感じ。アメリカンですね!もちろん、全部有料ですよ。

 

続いてバスルーム。

TWA HOTEL

白と黒のみ。モノトーンでこちらは部屋と違って実にスタイリッシュです。

 

TWA HOTEL

余分なものは何もなし。

 

TWA HOTEL

コップとティッシュのみ。

アメニティは皆無。

 

TWA HOTEL

タオルとドライヤー。

 

TWA HOTEL

バスタブはなくシャワーのみ。

 

TWA HOTEL

シャンプー、コンディショナー、ボディソープは詰め替え式。

 

余分な使い捨てのアメテニィは皆無で、やっぱりアメリカはエコ先進国だと思いました。

アジアとは違いますね。

きちんと準備して持っていってください。

 

部屋からの景観

夜の景色も綺麗でしたがうまく撮れなかったので、目に焼き付けておきました。

翌朝の光景を。

TWA HOTEL

TWA HOTEL

近づいてきた!!

 

TWA HOTEL

エミレーツのA380!!

 

TWA HOTEL

LATAMのB787

 

TWA HOTEL

ちなみに目の前はターミナル4、隣のターミナルです。

 

チェックアウト時間まで部屋でずっと飛行機を眺めていることができました。

部屋を変えてもらってよかったぁ~。とつくづく思ったのでした。

 

さて次は、ホテルの設備を紹介していきたいと思います。

コメントをお寄せください。

  1. こんばんは。
    私はやっぱり泣き寝入りしてしまうと思いますね。交渉できる英語力と胆力のある飛行機トラベラーさんがうらやましいです。
    飛行機好きにとって滑走路ビューのお部屋は何時間いても飽きません。

    • にこびーさん、

      自分の確固たる希望があれば、交渉は誰でも出来るのではないでしょうかね。
      私にとっては、最終的な目的もなく、ただ、お話する方が全然難しいです。

タイトルとURLをコピーしました