旅行記観光地巡りクアラルンプールジャランアロー

クアラルンプール 旅行記2 ジャランアロー 屋台通り

ジャランアロー 旅行記

2019年10月02日~04日に滞在していたクアラルンプールで訪れた観光地をいくつか紹介していきたいと思います。

 

今回は、クアラルンプールでは最もメジャーと言っても過言ではない、屋台が立ち並ぶ通りがジャランアロー。

 

スポンサーリンク

アクセス

ジャランアロー Jalan Alorはとってもアクセスし易い場所にあります。

ジャランは通りを意味する単語なので、アロー通りという意味ですね。

 

 

公共の交通機関で行こうとすると、最寄りの駅はKLモノレールブキッビンタン(Bukit Bintang)駅 です。

駅からは500m、徒歩5分といったところでしょうか。

 

空港から KLIA Ekspres 直結の KL Sentral駅からのKLモノレールで乗り換えなしでアクセスできます。

まぁ、そもそもブキッビンタン地区は、ホテルやショッピングセンターが立ち並ぶ、クアラルンプールで最も栄えた繁華街なので、この周辺に宿泊される人も多いと思います。

ジャランアロ-の様子


ジャランアロー

ジャランアロー

ジャランアロー

ジャランアロー沿いにはお店が並んでいますが、それらのお店の他に、夜になると道路に屋台が現れます。

 

ジャランアロー

立ち食い系のジャンクフードが並ぶお店

 

ジャランアロー

フライドパイナップル、フライドジャックフルーツなんかもあります。

 

ジャランアロー

小だこの素揚げとか、凄い見た目です。

 

ジャランアロー

カップに入っていて歩きながら食べやすいカットフルーツ。

 

ジャランアロー

カラフルな飲茶。

 

ジャランアロー

焼き栗やさん。

 

ジャランアロー

ジャランアロー

BBQスタンドもあります。

 

ジャランアロー

お値段はというと、

こだこ3つの串450円、ほたて串300円、クルマエビ串300円、

ラムチョップ360円、チキンウイング120円など。

 

通り沿いの屋台で好きなものを選んで焼いてもらいます。

 

ジャランアロー

簡易テーブルが近くにあるので、焼いてもらってそちらで食べれます。

串になっているので、歩きながらも食べれますよ。

 

ジャランアロー

たこ、クルマエビ、ラムチョップを頂きました。

 

屋台ははしごが当たり前!

 

ジャランアロー

マレーシアはイスラムの国なので、町中でのアルコールは高め。

ビール大瓶1本で700円ほど。

 

ジャランアロー

カールスバーグも。

 

ジャランアロー

ジャランアローの名物と言えば、牡蠣のオムレツ

 

ジャランアロー

黒醤油の味付けのホッケンミー(福建麺)

 

ジャランアロー

チキンサテ

 

最後に

物価は日本に比べると非常に安いマレーシアですが、ジャランアローは観光地価格で少々お高め。

それでも、英語が通じてきちんとメニューが存在しているので、非常に過ごしやすいところです。

一人でもふらぁ~と立ち寄れるのも、一人旅にはうれしいところだと思います。

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました