旅行記観光地巡りエグゼクティブラウンジBTSAIRPORT RAIL LINKエアポートレイルリンク

バンコク滞在記 2022年4月28日

バンコク スワンプーム国際空港旅行記
JALショッピング

バンコクへ旅行中です。

いよいよ、最終日です。

 

4月28日。

この日も体調は戻らず。

ただお腹をずっとくだしていたので、原因はそれだろうなと、自分で断定しました。

 

食当たり

 

ですね。お水かな。

 

トイレにいけばいつでも出てくる状態ですが、別に我慢も出来る、いつもの状態。

今回は頭痛とか、だるさとか、別の症状あったので、ちょっと、特定が出来ませんでした。

 

そういえば、海外旅行っていつもこうだったなぁ~なんて、それも懐かしい。

 

ミレニアムヒルトン バンコク 朝食

朝7時の朝食。

ミレニアムヒルトン バンコク 朝食

お腹を下してはいるけど、野菜は食べたい!

まずは軽めの洋食で。パンは甘いクリームの入ったものを中心に。

ミレニアムヒルトン バンコク 朝食

どうも見ても厚焼き玉子!と思って取ってみたこちら。

カスタードプリンみたいな焼き菓子でした。甘くておいしかったです。

ミレニアムヒルトン バンコク 朝食

それから、なんちゃて和食も頂きましたよ。

ミレニアムヒルトン バンコク 朝食

巻物のお寿司は4種でしたが、お魚はなかったです。玉子、きゅうり、冬瓜?、かにかま。

ミレニアムヒルトン バンコク 朝食

これはきゅうりのマヨネーズサラダ。

ミレニアムヒルトン バンコク 朝食

そして!温泉たまご!

温泉たまごはダシが命!ダシも完璧。美味しい温泉たまごでした~。

 

そして、体調が万全ではないので、出発まではホテルでゆっくりと。

なんせ、今日は、帰国のフライトとバンコク・スワンナプーム空港でのラウンジ4軒はしごが待っていますので!

 

ミレニアムヒルトン バンコク エグゼクティブラウンジ

チェックアウトは16時まで延ばして頂けたので、14時からのアフタヌーンティーサービスも利用させて頂きました。

今日はピスタチオのムースとアイスラテで。

 

ダラダラとしていてあっと言う間にチェックアウトタイム!

清算は、60バーツでした。

宿泊はポイント利用でしたので、一切かからず。

PCR検査などのTEST&GOパッケージは事前払いでしたので、既に清算済。

 

バンコク滞在記 2022年4月23日

60バーツでこのお金でしたね。初日に頼んだ氷です。

有料とは知らなかった!

バンコクのコンビニ

だから、翌日からはコンビニで購入するようになりました。

大サイズで1つ9バーツでした。

 

さて、空港までどうやって行こうかな、って思いましたが、ここは普通に公共交通機関にて。

最寄りのBTSの駅の時刻表が、Google Mapで出てきましたので。

それに合わせて、スーツケースをコロコロと転がして行きました。

 

BTS Charoen Nakhon

BTSのCharoen Nakhon駅。エレベータ―完備で、スーツケースを持っていてもホームまでは難なくたどり着けました。

この駅、ICON SIAM ショッピングモールに連結した駅で、宿泊していたミレニアムヒルトンからは徒歩で5分もかからない所にあります。

又、低地で坂もないので、スーツケースを持っていても問題なく行けました。

(2か所かな?車道を横切る際に3段ほどの階段はありましたけどね。)

BTS Charoen Nakhon

新しい BTS ゴールドラインという路線で、複線化されていますが、今は単線で折り返し運転になっていました。

Charoen Nakhon

車両もゴールド!

なんと、2両編成で短い!

Charoen Nakhon

そしてワンマン運転。運転席もなく正面が良く見えて、とても楽しかったです。

 

BTS Krung Thon Buri駅にて、BTSシーロム線に乗り換え。乗り換えもエレベーター利用で楽々。

BTS Krung Thon Buri

シーロム線からはSIAM駅にてスクンビット線へと乗り換え。

夕方だったのですが、ガラガラでした。東京で言うと、ラッシュの逆方向だったんでしょうかね。

SIAM駅ではホーム隣での乗り換えで、またまた、楽ちん。

BTS Phaya Thai駅

そして、BTS Phaya Thai駅で下車。

実際は1駅乗り過ごしてしまって、折り返しました。(笑)

BTS Phaya Thai駅から、エアポートレイルリンクへと乗り換えです。

エアポートレイルリンク Phaya Thai駅

スワンナプーム国際空港の案内も出ているので、迷いません。

エアポートレイルリンク Phaya Thai駅

BTS用のプリペイドカードRabbitは使えないので、エアポートレイルリンク用のチケットはこちらで購入。

エアポートレイルリンク Phaya Thai駅

日本語はないけど、英語があります。

タッチパネル方式で、スワンナプーム国際空港(終点)をタッチして金を支払います。

エアポートレイルリンク Phaya Thai駅

エアポートレイルリンク Phaya Thai駅。

始発なので、だいたい座れます。

それから、Phaya Thai駅でのBTSからエアポートレイルリンクへの乗り換えですが、こちらもエレベーターとエスカレーターの利用で、スーツケースを持っていても、何も問題はありませんでした。

バンコク スワンプーム国際空港

スワンナプーム国際空港駅へ無事に到着です。

車内は結構な混雑具合でした。

それこそ、ラッシュタイムだったのだと思います。コロナ禍で、空港直行の急行列車は運休していて、すべてがシティリンクという各駅停車の列車でした。

混雑するし、多少時間は眺めにかかりましたが、それでも急行なら150バーツですが、各駅だと45バーツですから、安くてよかったです。(笑)

バンコク スワンプーム国際空港

まずは、出発案内。

いやぁ、凄いですね。こんなにフライトが回復しているんですね。びっくりしました。

バンコク スワンプーム国際空港

実際に、人もたくさんいました。

バンコク スワンプーム国際空港

このタイの銅像?💦もマスク着用。

バンコク スワンプーム国際空港

空港に着いたのは、17時50分ほど。

搭乗するJAL034便のチェックイン開始時間は、19:05分ということで、1時間強、チェックインカウンターの周辺でスマホの受電を取りながら、トイレに頻繁にいきながら、体調を整えているでした。

 

さて、これ以降については、JAL034便の搭乗ログの記事、ラウンジ訪問の記事を別に書いていきますので、今日ひとまず、ここまで。

 

たいした内容じゃなくて、すみません。

それでも、少しでも、海外気分を共感して頂けたら本望です。

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました