旅行記五能線リゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ に乗ってみた。2021年4月

五能線のリゾートしらかみ旅行記
JALショッピング

2021年4月、弘前さくらまつりを訪れた際に、五能線の【リゾートしらかみ】にも乗りました。

 

全席指定席のため、事前に指定券を買わなければ乗れない列車ですが、4月25日・日曜日乗車分でも、2日前にネットであさっりと買えました。

 

しかも海側のA側窓側席。座席は絶対にA側座席!というのはネットで調べていましたよ。

 

座席予約はえきねっとを使ってネットから簡単に出来ます。

 

座席も自分で座席表から好きな座席まで選べるので、A側座席も確約で確保できました!

 

五能線のリゾートしらかみ

青森駅から乗車。

 

五能線のリゾートしらかみ

出発の15分前ほどに来ましたが、既に入線していました。

 

五能線のリゾートしらかみ

朝の時点では雨。

せっかくの五能線が雨って・・・。気分はどんより。

 

五能線のリゾートしらかみ

リゾートしらかみは3編成ありますが、私が乗ったのはリゾートしらかみ2号。車両は青色の「青池」。

 

五能線のリゾートしらかみ

自分が乗る車両は4号車。4号車ですが先頭車両です。秋田行はすべてそうなります。

 

五能線のリゾートしらかみ

先頭は展望室になっていて、誰でも自由にこれる場所。

 

五能線のリゾートしらかみ

なんと!窓ガラスにモニターがはめ込まれている!?!

これ、透過型ディスプレイ「e-モーションウインドウ」と呼ばれているもの。

通常2重になっている車両の窓ガラスの間に有機ELディスプレイを挟んだ構造とのことです。

 

車外の天候や気温、日没時間などの情報、東北デスティネーションキャンペーンの告知、五能線内の観光コンテンツなどが表示されます。このコンテンツは運転席にあるiPhoneから流されていました。

 

五能線のリゾートしらかみ

展望室には五能線沿線の魅力が語られたパンフレット、スタンプラリーの台紙、そして乗車記念スタンプと消毒スプレーが置かれていました。

 

五能線のリゾートしらかみ

ちょっと後ろの車両へも。

こちらはトイレ。

 

五能線のリゾートしらかみ

ユニバーサル・車いすでも利用可能な立派で清潔なトイレでした。

 

五能線のリゾートしらかみ

3号車。4号車とデザインに違いはなさそうです。

 

五能線のリゾートしらかみ

ただ、イベントスペースがあります。

津軽三味線生演奏はこちらで行われます。

 

五能線のリゾートしらかみ

そして2号車。こちらはすべてコンパートメントになっています。

1室の定員は6名。3名から予約が可能ですが相席になる可能性もあるそうです。

 

五能線のリゾートしらかみ

椅子は広げて畳のようにフラットにも出来るそうです。

家族連れで乗ってみたいです。

 

五能線のリゾートしらかみ

そして1号車。最後方車両です。

 

五能線のリゾートしらかみ

こちらにも展望台があります。

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

4号車の展望台と同じですかね。

 

五能線のリゾートしらかみ

せっかくなので・・・

 

五能線のリゾートしらかみ

スタンプも頂きました。

 

五能線のリゾートしらかみ

さて、自席に戻ってきました~。4号車4Aです。

自席からの眺め。

 

五能線のリゾートしらかみ

前席との間隔がすごく広くて快適です。これ新幹線のグリーン車よりも広い気がしました。

 

五能線のリゾートしらかみ

窓枠には凹凸があってここには飲み物とか、スマホは置けませんでした。

 

五能線のリゾートしらかみ

こうやってテーブルを倒すしかありませんが、

 

五能線のリゾートしらかみ

大きなテーブルの他、カクテルテーブルもありました。

ペットボトルホルダーも前席についていて便利でした。

 

五能線のリゾートしらかみ

さっそく、お酒を始めます。

そうそう、もう列車はとっくに出発しております・・・。

 

五能線のリゾートしらかみ

天井からぶら下がるモニターには時折、運転席からの映像が流れて楽しいです。

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

途中のひなびた駅。駅名表示板にはそれぞれの駅の名所が描かれています。

そして、この辺りも桜も満開でした。

 

五能線のリゾートしらかみ

この車内では、津軽三味線生演奏が楽しめます。

「津軽じょんから節」など代表的な民謡が演奏されます。

全車両の天井モニターに同時中継されて、音楽と映像が自席から楽しめます。

 

五能線のリゾートしらかみ

青池車両では、3号車のイベントスペースにて。

 

五能線のリゾートしらかみ

区間は五所川原駅~鰺ケ沢駅間のわずかに26分間。わずかにと言いましたがこのぐらいでいいです。(笑)

演奏者は毎日変わるそうです。身軽に五所川原駅で乗られて、鯵ヶ沢駅で降りて行かれました。

本当に地元の方々みたいでしちたよ。

 

五能線のリゾートしらかみ

鯵ヶ沢駅。

 

それから、五所川原から深浦の間では、地元の方々が列車に乗り込み、地元でしか買えない特産品をお客さまとふれあいながら販売する「ふれあい販売」がありました。

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

ほんとに、地元のおにいさん、って方でした。写真を撮らせてください!ってお願いしたら、綺麗に並べなおしてくれたりして、とってもお優しい。

 

五能線のリゾートしらかみ

立佞武多どら焼きを1つ頂きました。
蜜の入ったふじりんごをたっぷりはさみこんだ「りんごどら焼き2個」と、果肉まで赤いりんご「御所川原」の酸味がありさっぱりとした「赤〜いりんごどら焼き1個」の3個セット。500円。良心的なお値段にも、ほっこり。

 

そうこうとしている間、列車は海外線へと近づきながら走っております。

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

遠くに見える山は津軽半島かなぁ~。

 

五能線のリゾートしらかみ

駅とつながっている蔵。丸金。りんご問屋さんのようでした。

 

五能線のリゾートしらかみ

海外線が見える頃には、なんとお天気に!

海の色は晴れていると全然変わってきます。

 

五能線のリゾートしらかみ

なんなら、快晴ぐらいにまで好転。

 

五能線のリゾートしらかみ

ちょっと、先頭展望室へも行ってみました。

 

五能線のリゾートしらかみ

現在地、時間、気温、標高なんかも出て、なかなか便利。1/3ぐらい通過してあたりですね。

 

五能線のリゾートしらかみ

この日は車掌さんも先頭車両におりました。

 

五能線のリゾートしらかみ

のどかな東北の春の風景。

 

五能線のリゾートしらかみ

さて、さて、間もなく景勝地でもある千畳敷へ。

 

五能線のリゾートしらかみ

岩場が多くなってきました。

 

五能線のリゾートしらかみ

さて、さて千畳敷駅到着です。

 

五能線のリゾートしらかみ

千畳敷駅。停車時間は15分もあります。

景勝地の千畳敷は駅の目の前なので、駅から出て観光してきてもいいそうです。

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

ということで、私も向かってみることに。

出口は先頭車両側にあるので、4号車が一番行きやすいですね。だから千畳敷での時間も一番多く取れます。

 

五能線のリゾートしらかみ

太宰治の文学碑もあります。(読んではいないけど。。。。💦)

 

五能線のリゾートしらかみ

津軽の殿様が千枚の畳を敷いて大宴会を開いたとの伝説が残る「千畳敷」。広々とした岩畳が波打ち際まで続いています。

 

五能線のリゾートしらかみ

崖っぷちまで行ってみました。自分だけでした💦💦💦

 

五能線のリゾートしらかみ

荒々しい印象でしたが、水はきれいでした。

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

崖っぷちから駅を見た図。

リゾートしらかみもしっかりと映っています!!

 

五能線のリゾートしらかみ

ここから又列車へ戻ります。

 

五能線のリゾートしらかみ

線路は続くよ、どこまでも・・・。

 

五能線のリゾートしらかみ

発車時間の3分前には警笛を何度も鳴らしてくれるので、乗り遅れることはなさそうです。

 

五能線のリゾートしらかみ

私は5分前ほどに戻って、またまた先頭の展望席へ。

汽笛を鳴らす運転手さんや車掌さんを眺めていました。

 

五能線のリゾートしらかみ

窓に映る映像はこのiPhoneから流しているようでしたよ。

 

五能線のリゾートしらかみ

「夕日が近い町」として知られる深浦駅までは運転席からの風景を楽しみました。

 

五能線のリゾートしらかみ

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

弁天島の鳥居崎灯台。

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

小さな無人駅、風合瀬駅。

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

海に沿って走りますが、たまにはこんな風景も。

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

海外線が入り組んでいますね。

 

五能線のリゾートしらかみ

それにしてもいい景色だなぁ~。

 

五能線のリゾートしらかみ

すっごく短いトンネルでもちゃんと警笛を鳴らしていました。

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

iPhoneで加工したら、こんな綺麗な色合いになった。(笑)

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

まもなく、深浦駅。自席に戻って自席からの風景を楽しむことにしました。

展望座席は他の方に譲ってあげないとね!

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

又ちょっと雲が多くなってきて暗くなってきました。

荒々しい海岸線がちょっと怖くも見えてきます。

 

五能線のリゾートしらかみ

でも、写真を加工したら怖くなくなった。(笑)

 

五能線のリゾートしらかみ

そして深浦駅到着。

 

五能線のリゾートしらかみ

ここはリゾートしらかみがすれ違う駅。

 

五能線のリゾートしらかみ

こちらは緑が基調の「橅(ブナ)」号。

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

この車両は、最近、車では珍しくはなくなったハイブリッド車両なんですよ。

ディーゼルと電気の動力&電力発電を利用して、燃料消費率の低減や排気中の窒素酸化物(NOx)などの低減に成功している車両です。駅停車時および発車時の騒音も低減できているそうです。

 

五能線のリゾートしらかみ

駅名表示板も夕陽が描かれていました。

 

五能線のリゾートしらかみ

そして、しばらく又走ると、何だ!?!?何だ!?!?の建物。

 

五能線のリゾートしらかみ

ウェスパ椿山駅。同名の宿泊施設へのアクセス駅です。

もう駅から既にウェスパ椿山の施設の一部と化していました。

不老ふ死温泉もこの駅からですね。

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

続いて十二湖へ。

十二湖は人気のトレッキングスポットへの出発駅。

乗車していた半数以上の方々が十二湖駅で降りて行かれました。

青池ブナ自然林日本キャニオンなどの見所があるようです。私も降りて歩けばよかったなぁ~と少々後悔です。

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

その後は男鹿半島を眺めながら。海岸線と離れるのももうまもなく💦💦💦

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

能代駅へ到着。

リゾートしらかみの顔ハメやポップがいたるところに・・・。

 

五能線の風光明媚な景色はここまででしたかね。

 

五能線のリゾートしらかみ

私は車内の無料WIFIにてZOOMミーティングをつなぎ、これからはスマホの画面のみ。

外の風景はそっちのけ、となったのでした。💦💦💦

 

五能線のリゾートしらかみ

そして、秋田駅へ到着となりました。

 

五能線のリゾートしらかみ

なまはげがお出迎え。ちょっと怖いよ!!

 

五能線のリゾートしらかみ

代わりに隣の秋田県で癒されます。

 

五能線のリゾートしらかみ

おしり、とっちゃうよね。(笑)

 

五能線のリゾートしらかみ

外に出ると駅前には開放的な芝生広場が広がっていました。

 

五能線のリゾートしらかみ

五能線のリゾートしらかみ

これで、五能線の4時間強の旅は終わりです!

 

興味のある方は、リゾートしらかみの公式WEBサイトでもチェックしてみては?

JRもPRに力を入れていて、公式サイトもたくさん出てきますよ。

 

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました