旅行記 観光地巡り 黒部峡谷鉄道

黒部峡谷鉄道のトロッコ列車で紅葉狩り日記 20年11月

黒部峡谷鉄道旅行記
JALショッピング

今回は黒部峡谷の紅葉狩り。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

webで予約、クレジットカード決済をしていた切符を駅の窓口で交換。

1番が前売り、2番がクーポン引き換え、3~5番が当日券って感じでした。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

路線図とか観光MAPを窓口横でゲ──(σ・∀・)σ──ツ!!。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

コインロッカー発見。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

列車ごとに改札をあけるので、先にホームに降りていることは出来ないです。

見てたら、だいたい15分前ぐらいからの改札のようでした。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

一般用と団体用と改札は分けられていました。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

お土産物屋と案内所。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

熊のはく製と顔出しパネルがあって、2階へもいけます。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

2階は黒部峡谷鉄道の資料館みたいになっていました。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

黒部峡谷鉄道の3Dアート。ほんとに飛び出て見えました。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

半分は休憩所になっていて、そこから山彦橋が見えます。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

ももクロのヘッドマークが飾られていました。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

台湾の阿里山森林鐵路とは姉妹鉄道契約をしているそうです。

 

さて、改札時間です。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

私は始発の07:57発の列車。一番列車に乗れば、終着駅周辺の観光地に人が誰もいなくていいかなぁ~と思ったので。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

階段を降りて。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

トロッコ列車の車両は3種類。

左側に見えるのが一般車両で窓とか壁がありません。ふきっさらし。背もたれもないですね。

右側に見えるのがリラックス車両。窓あり壁ありです。

(もう1つはデラックス車両)

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

私はリラックス車両。席は自由席で号車だけが決められていました。

 

黒部峡谷鉄道 宇奈月温泉駅

10号車の一番後ろをゲット。

座席は2席ー1席で、車両の中間ぐらいで1席ー2席と左右が入れ替わっているのがうれしい。

この時は10号車の全乗客がこれだけでした。

 

車内案内は富山県出身の室井滋さん。(終始とても楽しいガイドでした。)

 

黒部峡谷鉄道

黒部峡谷鉄道

出発してすぐに、新山彦橋通過。山彦橋も見えてきました。

 

黒部峡谷鉄道

ちなみに前日にその山彦橋から、新山彦橋のトロッコ列車を撮ったのがこちら。

 

黒部峡谷鉄道

宇奈月湖と湖面橋。

 

黒部峡谷鉄道

宇奈月湖。

 

黒部峡谷鉄道

新柳河原発電所。湖上に浮かぶお城をイメージしたとのこと。

 

黒部峡谷鉄道

 

黒部峡谷鉄道

サルのつり橋。サルの往来用に作られた橋。

 

黒部峡谷鉄道

仏石。

 

黒部峡谷鉄道

黒薙駅。

 

黒部峡谷鉄道

黒部峡谷鉄道

後曳橋。

 

黒部峡谷鉄道

黒部峡谷鉄道

後曳橋から見える水道橋。

 

黒部峡谷鉄道

黒部峡谷鉄道

黒部川第二発電所。

 

黒部峡谷鉄道

紅葉きれい!

 

黒部峡谷鉄道

猫又駅。

 

黒部峡谷鉄道

錦繍関。

 

黒部峡谷鉄道

小屋平駅。

 

黒部峡谷鉄道

木屋平ダム。

 

黒部峡谷鉄道

欅平駅。

 

所要1時間半弱。車内では室井滋さんのガイドが要所、要所で流れ、とても充実して景色を楽しめました。

でも、このトロッコ列車は全部で15両編成もあって、先頭車両と最終車両ではかなり離れているので、ガイドが始まっても、後部車両だとまだ見えてこない、なんてことが多々ありました。

それもそれで、ちょっと楽しかったです。

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました