旅行記プレミア客室JALSKY SUITE ⅡボーイングB767-300ER

JAL ボーイングB767-300ER Sky Suite Ⅱ 成田~ジャカルタ搭乗記 09MAY19

JAL B767-300ER Sky Suite Ⅱ 旅行記
スポンサーリンク

09MAY19 JL729 成田 – ジャカルタ Business Class

東南アジアへ Sky Suite Ⅱ搭載機が運用されるのは久しぶりのことで、私も3年ぶりぐらいの搭乗となりました。

確か、クアラルンプール路線がボーイングB787型機になる前のB767-300ERで就航していた際や、シンガポール路線に、Sky Suite Ⅱ が運用されていた記憶があります。

 

フライトログはこちら。

便名JL729
搭乗日09MAY19
出発地NRT
出発時間(予定/実際)18:00/18:32
到着地CGK
到着時間(予定/実際)23:50/23:44
所要時間(予定/実際)07:50/07:12
機材B767-300ER
機体番号JA606J
自席2K
獲得JALマイル10,385
獲得FOP7,173

 

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

スタッガート型座席配列

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

ANAのビジネスではお馴染みですが、JALのビジネスではSky Suite Ⅱが唯一のスタッガート型のシート配列。

ANAでは、ボーイングB787型機やB777型機で採用されている横1列ー2列ー1列を、JALではそれよりも幅の狭小のボーイングB767型機で採用しています。

その分、やはり見た目としては、詰め込んだ感が否めません。

自席2K

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

自席はシートが窓に寄り添った2Kを選択。

最前列の1Kも空席でしたが、1Kは窓側にサイドテーブルがあり、シートが窓から少し離れるので、敢えて2Kを選択。

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

ちなみに、1Kはこちら。

最前列の特権で、前方の窓側にシートがないので、物置としてかなり重宝するかもしれません。

身を乗り出せば外も見れるし、ここでもよかったかな。次回は1Kにします。

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

2K座席から、隣を眺めた図。

シートまわり

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

搭乗前に、シートに準備されていたものは、スリッパ、ノイズキャンセラー付ヘッドフォン、毛布、機内食メニューのみ。

アメニティポーチは、その後、CAさんが配っていました。

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

サイドテーブル

想像以上に広くて、ここでも機内食のトレイは問題なく置けてしまいました。

シートの操作パネルは、着席時、フルフラット時、どちらでも操作しやすいよう2方向についていました。

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

コントローラーはひじ掛け下に収納されていました。

モニター付の最新機ではないので、メインモニターで映画を見つつ、コントローラーで位置確認などは出来ません。

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

サイドテーブル上のキャビネット。

これが非常に大きくて、便利。文庫本やパスポートケースなどは奥の収納内に、ペットボトルや縦長の物は、手前にも置けて、フタを閉めることができます。

このキャビネットは、Sky SuiteⅢよりも断然広くて、使いやすかったです。

他の航空会社のデスク上のキャビネットと比べても、最大級の大きさではないでしょうか。

JAL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

読書灯。天井のものと合わせて2か所のライトが利用できます。

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

マガジンラックとモニター。モニターは少々小さ目です。

JAL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

引き出し型のテーブル。引き出してから折り畳みを広げるので、かなり大型のテーブルになって便利です。

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱモニターの下に電源とUSB電源があります。

スマホの充電をする際は、電源又はUSBにコードを繋ぎ、スマホはそのままモニター下の収納スペースに置いておけます。

また、パソコンなども、ここから電源を取り、引き出し型のテーブルを広げると、電源コードがまったく邪魔になりません。

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

足元のメッシュの物入れと、オットマン。

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

メッシュの物入れの下は靴入れになっています。私の28cmの靴は少々はみ出してしまいますが、まぁ許容範囲です。

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

オットマンの上に置くことはできますが、土足をここに置くのはちょっと気がひけますよね。

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

機内誌、エンターテインメント情報誌、機内販売カタログ、

AJL B767-300ER Sky Suite Ⅱ

安全のしおり、シートの操作方法案内、そして、ボーイングB767型機でも利用できるWIFIサービスの案内

最後に

久しぶりのSky SuiteⅡでしたが、想像以上に使い勝手の良いシートだと思いました。

私は、Sky Suite Ⅲよりもこちらの方が優れていると思いました。

唯一の気がかりとしては、やはり横幅の問題です。今回は、窓側の1席配列のシートを利用できたので、横幅の狭さは感じませんでしたが、中間の2席シートでも横幅の狭さは感じないのか、少し気になりました。

 

さて、こちらのフライトで頂いた機内食については、別ページにて紹介しています。

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました