機内食ANAビジネスクラス

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

機内食回顧録機内食
JALショッピング
スポンサーリンク

機内食回顧録シリーズ

スマホやSDカード内を整理していると出てくる、過去の機内食写真。

メニューは既になかったり、肝心なお味の記憶もなくっていたりもしますが、 写真をそのまま葬ってしまうのももったいない。 ということで、写真だけでもこちらにアップしていこうかと思います。

私は、機内食って見ているだけでも楽しいのですが、同じように感じる方がいたら、幸いです。

2011年07月 NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

まずはシートの写真を少し。

機材はボーイングB767-300ER型機。

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

前の席のシートポケットにこれでもか!ってぐらいにアメニティが詰め込まれています。

スリッパ、アメニティポーチ、ヘッドフォン、機内誌、機内販売カタログなど、などですね。

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

モニターはひじ掛けから取り出す方式のもの。画面も小さいですね。

今となっては、懐かしいです。

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

シートコントローラーはシートに設置。

全部で5か所が個別にコントロール出来るのは、実は最多な部類。

今はここまで細かくは設定できないのがほとんどですよね。

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

こちらが、エンターテインメントコントローラー。

当時はまだ機内WIFIはありませんでしたので、機内エンターテインメントがすべてでしたね。

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

さて、この機材ですが、CLUB ASIAと呼ばれてアジア路線に利用されてきた機材で、ビジネスクラスは2席-1席-2席。

中央は独立した、通称王様シートだったのです。

 

機内食

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

食前酒でスタート。

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

シャンパンは「アンリオ ブリュット スーヴェラン」。

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

そして、お食事。

和食にしましたが、前菜と主菜がワンプレートで同時に配膳されました。

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

前菜の時点でお腹一杯になりそうなボリューム。

こんなに彩も豪華なのに、メニュー表記は以下。なんとも寂しい。しかもあんまりメニューと合っていない。

「海鮮稲荷寿司、チキン南蛮、枝豆天ぷら、ポテトサラダ、厚焼き玉子」

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

主菜がこちら。

蒸し鯛 香り餡掛け 俵御飯

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

デザートはチーズケーキ。

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

メニューはこんな感じでした。

機内食回顧録シリーズ NH931 成田~ホーチミン ビジネスクラス JUL11

食後にはハイボールを。

当時はハイボールと言う言葉はまだ一般的ではなかったかな。

 

響のビンテージ17年物が普通に機内で飲めた自体が懐かしい・・・

 

タイトルとURLをコピーしました