旅行記ホテル滞在記国内ヒルトン沖縄北谷リゾート

ヒルトン沖縄北谷リゾート滞在記 21年12月再訪! 

ヒルトン北谷リゾート旅行記
JALショッピング

2021年12月、沖縄県中部の北谷(ちゃたん)を1年ぶりに訪れました~!!

去年も今年もコロナ禍には変わりありませんが、少しでも変わったところはあるかなぁ~と、ちょっと楽しみにしていました。

 

ヒルトン沖縄北谷リゾート

住所:沖縄県 中頭郡 北谷町 美浜 40-1
電話: 098-901-1111

 

宿泊日:

2021年12月17日~12月19日

 

スポンサーリンク

予約方法

どこで予約をしたかといいますと、ヒルトンの公式サイトからでございます。

公式サイトと言いましても、日本には2つあるんですよね。

 

迷わず、こちらから。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン【HPCJ】

年会費のかかる有料会員組織でございます。

 

このクラブについては過去にも記事を書いております。

凄く簡単に言ってしまうと、年会費払って、一般レートよりも更に割引したレートで予約が出来るよ、って会員組織です。

最安値のホテルであっても、年間10泊ぐらいすれば元が取れるぐらいのお値段感です。

 

又、すべてのプランが割引になるワケではないので、時々HPCJではない一般のヒルトンの予約サイトからの方が安いプランが出ていたりすることはあるのですが、JPCJでの予約は前日まで取消・変更が無料と言うのが一番メリットかなって思います。

 

ヒルトン北谷

 

こちらが予約画面。

1泊あたり税込みで15,340円ほど。安すぎでした!!

そして、12/17からの滞在なのに、12/16までキャンセルが出来るのがやっぱり使い勝手が良いと思います。

 

ロケーション&アクセス

ヒルトン沖縄北谷リゾートは沖縄本島の南部の北谷(ちゃたん)にあります。那覇空港や那覇市内からもほど近い場所。

美浜アメリカンヴィレッジという商業施設にも隣接しているので、ショッピングや食事も充実。

 

ただ、沖縄には鉄道が通ってはいないので、移動の基本は車。観光だとレンタカーを利用するのが一般的かと思います。

免許を持っていないとなかなか郊外のリゾート地に向かうのは不便だったりしますが、ここに関してはそんなことはまったくありませんでした。

 

私もレンタカーで移動をしようと思い予約まで入れていましたが、うっかり!空港や機内でお酒を楽しんでしまい、車の運転は出来ないことに・・・・。急遽バスを探しました。💦💦💦

 

リムジンバス 那覇

こちらが北谷まで向かうリムジンバス。820円。安い!!

 

復路に利用する際に調べましたが、「発車オーライネット」というサイトにて事前予約&クレジットカード決済が可能でした。

 

 

リムジンバス 那覇

観光バスですね。車内は無料WIFIが利用できました。

(復路も同じリムジンバスを利用しましたが、復路のバスには無料WIFIはありませんでした。)

 

リムジンバス 那覇

このリムジンバスは宜野湾と北谷地区のホテルを10か所近く回っていました。

高速道路は利用しないため、これほど安価なのかもしれませんね。

 

実はここまでは昨年のブログの流用でした~。

 

今回は去年のバスには時間的に走っていなかったので、路線バスを使って移動しました~!

 

写真がないのですが・・・

那覇空港1階の到着フロアから外に出たら目の前にバス停があります。

路線バス 琉球バス交通の120番名護行のバスを使うと、北谷、アメリカンビレッジ前を通過します。

途中の停留所は40か所!所要時間1時間ってタイムスケジュールですが、渋滞がありますからね。

実際は1時間半はかかりました。とことでした。運賃800円。

前乗り・前降り。乗車時に整理券を取るのを忘れずに!

 

降りる停留所は

・美浜アメリカンヴィレッジ入口 または

・桑江

 

少し桑江からの方が近いですが、アメリカンビレッジ入口からだと、ホテルまでの道のりも栄えているので、周囲をきょろきょろしながらと歩くと長く感じないかな、って思います。

バス停からホテルまでは10分強といった感じでした。

 

2021年12月様子

ヒルトン北谷リゾート

チェックイン時に頂いたのは、ルームキー、朝食の予約が出来るQRコード。

ヒルトン北谷リゾート

そして、こちらの書面でした。

重要なところだけ、文字に書き起こしてみましょう!

 

レストランオープン時間

レストラン営業内容営業時間
3階 スリユン朝食6.30-10:30
ランチビュッフェ11:30~15:30 毎週土・日・祝および24~31日
ディナービュッフェ17:30~22:00 (LO 21:30) 毎週 土・日・祝 および24~31日
アラカルト朝食 6.30-10:30
3階 マウル終日10:00~22:00(LO21:30)
アフタヌーンティー提供時間 12:00~16:306.30-10:30
1階 コレンテランチクローズ
ディナー&バー17:30~22:00 (LO 21:30) 毎週 金・土および26,30,31
プールサイドバーアラカルトクローズ
ルームサービス終日06:00~22:00

 

エグゼクティブラウンジ提供内容

時間/Timeご提供内容/Details
6:30-10:30ご朝食朝食は3F ビュッフェレストラン「スリユン」にてビュッフェ朝食を提供
17:00-19.00イブニングカクテル3F ロビーラウンジ「マール」にてビュッフェ形式で提供
7:00-21:00オールデイスナックスナック類とソフトドリンクの提供
*スタッフは終日不在となります
*ラウンジで提供しておりますご飲食物のラウンジ外へのお持ち出しならびに、
外部からのご飲食物のお持ち込みはご遠慮下さい。

 

客室

前回滞在時は、アップグレードをして頂き913号室の滞在でしたが、今回は・・・。

 

ヒルトン沖縄北谷リゾート

やはり同タイプのお部屋へのフリーアップグレードとなりました。

エグゼクティブ オーシャンビュー ツイン ルームです。

お部屋は903号室でした。

ベッドルーム

ヒルトン沖縄北谷リゾート

明るくリゾートらしい色合いです。

お部屋の内装は前回と変わりがないと思います。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

ベッドサイドテーブルにすべての室内ライトのスイッチがあるのが一番便利。

ヒルトン北谷リゾート

珊瑚で出来た部屋のランプ。いい感じですね。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

テレビとワーキングデスク。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

デスクの上には無料のミネラルウォーター2本とネスプレッソマシーン。カセットは3種類でした。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

デスクの下はこんな感じ。冷蔵庫。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

コーヒーカップ、アルコールグラス、ワイングラス、ソフトドリンク用グラスとグラスは3種類。

そして、ケースの中にインスタントコーヒー、コーヒーミルク、砂糖など。

ケースの下段には紅茶、日本茶のティーパック。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

電子ケトルとアイスペール。左のものは朝食用のルームサービスメニュー。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

そして引き出し内。ブルーレイディスクプレーヤーが常備。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

ブルーレイディスクプレーヤーは、テレビ横のラックにHDMI端子があって、そこに差し込めば、テレビの裏を探さなくてもいいので、つなぐには便利なのですが・・・

なぜか、持参したDVDは一切見ることができませんでした。リージョンコードとか。何かが違っていたのでしょうか。

残念でした・・💦

ヒルトン沖縄北谷リゾート

又、オンディマンドのルームシアターがなんと無料でした!

全部で100アイテムぐらいはあったと思います。ただ、見たいものはありませんでした。

クラシック映画(風と共に去りぬ、ローマの休日)もありましたので、見るとすればそのあたりかなぁ~。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

チェストには寝間着。

これは2ピースでうれしい!着やすかったです。1ピースは足元がスース―して苦手なので。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

空の引き出しも便利に使いました。

 

クローゼット

ヒルトン北谷リゾート

大型のクローゼット。

バスローブあり。アイロン台、スリッパなど。

ヒルトン北谷リゾート

反対側の棚にアイロン、洗濯かご、セーフティボックスがありました。

長期滞在の場合には、自分で洗濯しますからね!(1階にコインランドリーがあります。)

 

バスルーム

ヒルトン沖縄北谷リゾート

バスルームも明るいです。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

バスルームは独立。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

お部屋とはガラス張り。もちろん、ブランドはありますよ。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

バスタブあり、洗い場ありで自宅のお風呂のような使い勝手がいいのです。

更に、自宅にはないレインシャワーがあります。頭を洗う時には便利ですよねぇ~。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

それからおトイレも別。

これも複数で泊まる時には本当に便利ですね。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

バスルームのアメニティ類。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

タオル類はこちらに。

シースルーの体重計もありました。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

ドライヤー。私は30年以上、利用したことがありません・・・。

 

ベランダ

ヒルトン沖縄北谷リゾート

デスクとチェアが2脚。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

ベランダからの眺め。リゾートプールや海が一望できます。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

このリゾートは海に接していない分、プールが2つもあります。

そのうちの1つは冬でも、水が張られていました。しかもお水も綺麗に保たれていて雰囲気がいいですね。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

そして、港の中に生け簀のようなものがありました。

なんだろう、と思い、少し見ていたら・・・

ヒルトン沖縄北谷リゾート

イルカ🐬🐬🐬!!

えっ!?

ググってみたら、イルカの飼育と調教に使っているようでした。

こんなところで!ってびっくりしました。

でも、可愛くて。時間があると、イルカが見えないかなぁ~とよく眺めておりました。

 

まとめ

ざっと部屋を眺めてみましたが、昨年から特に変わったことは見つけられませんでした。

なかなか快適な客室ではありました。

さて、さて、部屋はこのぐらいにして、2日間の滞在については、朝食やエグゼクティブラウンジの様子も含めて、次から記していこうと思います!

 

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました