旅行記JAL羽田空港北海道新幹線新宿幸永函館海ガキ大将函館麺屋ゆうみん

函館旅行記1 JAL搭乗・フォーポイントバイシェラトン函館滞在

JL587 羽田~函館 27MAR19 旅行記

函館へ1泊2日の小旅行です。

往路は飛行機でひとっ飛びです。

 

スポンサーリンク

「新宿 幸永」でランチ焼肉

まずは、羽田でちょっと早いランチ。

焼肉「新宿 幸永

ホルモンの美味しさで人気の幸永の羽田空港第一ターミナル内の店舗です。

新宿 幸永 羽田空港店

定食メニューが充実。時間もさほどなく、そんなに贅沢も出来ない空港での利用にはもってこいです。

  • 幸永カルビ定食 1,630円
  • ハラミ定食 1,630円
  • 上タン定食 1,850円
  • 極ホルモン定食 1,530円
  • 上ミノ定食 1,630円
  • 和牛カルビ定食 1,830円
  • 上ロース定食 1,850円
  • 上カルビ定食 2,230円
  • 上ハラミ定食 2,230円
  • 上ミックス定食 2,150円

新宿 幸永 羽田空港店

はらみ定食をオーダー。はらみの他に、本店で人気のホルモンも2切れついています!

その他、もやしナムル、キムチ、わかめスープ、チョレギサラダ付

 

メニューによっては、これで2,000円でお釣りがくるので、コスパは高いと思いました。

空港での食事は高いイメージがありますが、というか街中と比べると確実に高いですが、これなら納得の値段です。

 

お腹がいっぱいになったところで、次はお酒を飲みに。

(ランチの時は我慢していました。)

JL0587搭乗 HND-HKD 27MAR19

函館旅行記 ファースト・JGCプレミアカウンター

ダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場を通過して、

JAL DIAMOND PREMIER LOUNGE

ダイヤモンド・プレミア ラウンジへ。

いつもは沖縄や福岡行が多いので利用するのは南ウイングなのですが、今回は久々の北ウイング。

ダイヤモンド・プレミア ラウンジ

生ビールサーバーが4種類!現在の南イングのラウンジは1種類しかなかったはず。。この差はなんだ?

EBISU、サントリー・プレミアモルツ、キリン・ハートランド、一番搾りプレミアム

ダイヤモンド・プレミア ラウンジ

その代わりウイスキーは日本の銘柄ではなく、マッカランでした。

ダイヤモンド・プレミア ラウンジ

そして、本日のおにぎりは、鰹ごはんと鮭マヨネーズ。

ツナマヨはたまに食べますが、鮭マヨというのは初めてだったかもしれません。

鮭フレークとマヨネーズを和えたもので、不味いワケはないですね。美味しかったです。

ダイヤモンド・プレミア ラウンジ

今日の搭乗ゲートは15番。目の前が14番ゲートなので、ラウンジからも近いゲートでよかった。

 

そして、搭乗。

JL587 羽田~函館 27MAR19

 

フライトログはこちら。

便名JL587
搭乗日27MAR19
出発地HND
出発時間(予定/実際)12:50/13:10
到着地HKD
到着時間(予定/実際)14:10/14:16
所要時間(予定/実際)01:20/01:05
機材B767-300ER
機体番号JA658J
自席1G
獲得JALマイル828
獲得FOP1120

 

JL587 羽田~函館 27MAR19

自席はクラスJの最前列。足元広々で快適です。

JL587 羽田~函館 27MAR19

あっと言う間に、北海道が見えて来ました。

そして、着陸時は大揺れ。たまたま風が強かったのか、函館の地形上風が吹きやすいのか、どちらだったのでしょう。ジェットコースター並の揺れの時も。。

JL587 羽田~函館 27MAR19

でも、函館には無事に到着。

 

函館市内へは函館帝産バスのシャトルバスを利用しました。

日中は10分おきに出ていてとても便利。乗り場もターミナルを出たら正面にありました。

ハイデッカーの大型バスで乗り心地も快適だし、函館駅前まで20分しかかかりません。

料金は後払いで大人450円。IC系カードは使えませんでした。

函館駅前

函館駅前に到着です!

 

さて、本日の宿泊はこちら。

フォーポイントバイシェラトン函館

フォーポイントバイシェラトン函館
フォーポイントバイシェラトン函館で宿泊のご予約を。我々の函館市のホテルはビジネスやレジャーのお客様のために地域に合わせた快適さをご提供しております。

ホテル名ですが、 POINTS なのでポインツと訳すべきですが、オフィシャルではポイントとしています。わかりやすいから?かな。

フォーポイントバイシェラトン函館

フォーポイントバイシェラトン函館は、函館駅の正面に位置。とにかく便利な立地です。

函館駅は当然のことながら、函館市電の函館駅前駅も徒歩1分、そして函館の代名詞とも言える函館朝市へも徒歩1分。こんなに便利な立地のフォーポイントバイシェラトンは珍しいと思います。

フォーポイントバイシェラトン函館

しかもシェラトンブランドではないので、料金設定が大変お手頃。

オフシーズンの冬の最安値は1泊6,800円でした。今年の夏のピークシーズでも1泊20,000円です。

 

では、チェックイン!!

フォーポイントバイシェラトン函館

エントランスホール。東京では満開の時期でしたが、北海道ではあと1か月以上先の桜がここでは既に咲いていました。

フォーポイントバイシェラトン函館

フォーポイントバイシェラトン函館

ロビー周辺。

1階のロビー周りに施設はほとんどありません。レセプションとロビーのソファ、そしてトイレぐらいです。

レストランや会議室・バンケットルームなどは2階以上です。

 

また、1階にはホテルからも直接アクセスが出来るドラッグストアとかなり品揃えのあるお土産物屋がテナントに入っています。(お土産物屋へはホテルからは直接は行けません。一度外へ出て、外からのアクセスとなります。)

 

予約はMARRIOTのオフィシャルサイトより予約。

プラチナエリートメンバーなので、その特典が以下。

  • レイトチェックアウト16時まで
  • お部屋のアップグレード
  • 朝食かプレゼントポイント

 

今回は、レイトチェックアウト、そしてプレゼントポイントをお願いしました。朝食とポイントだとお得なのは断然朝食なのですが。朝食は函館名物の朝市で取る予定でしたので、ポイントにしました。

又部屋が満室のためアップグレードは叶いませんでしたが、通常の部屋では最上階となる12階の部屋をアサインしてくれました。

 

フォーポイントバイシェラトン函館

1208室。ツインルーム。部屋は函館駅側です。

フォーポイントバイシェラトン函館

すっきりシンプルな家具でスタイリッシュな印象です。

フォーポイントバイシェラトン函館

クローゼットはなく、パイプハンガーのみ。

冷蔵庫は空。製氷機は、7階と10階のエレベーターホール前にありました。アイスボックスは部屋にはありませんが、製氷機にプラカップが置いてあるので、氷はそれに入れて持ってこれます。

フォーポイントバイシェラトン函館

デスクの上。テーブルライトもビームサーベルに似た独特なフォルム。

フォーポイントバイシェラトン函館

電子ケトルと、無料のボトルウォーター、緑茶のティーパック

フォーポイントバイシェラトン函館

コーヒーマシーン。コーヒーはカプセル型。

このマシンで入れたコーヒーは美味しいコーヒーでした!

フォーポイントバイシェラトン函館

空気清浄器も完備。

フォーポイントバイシェラトン函館

バスルーム。バスタブありで、トイレはシャワートイレ付き。さすが!日本スタンダード。

フォーポイントバイシェラトン函館

アメニティのブランドは、「ACTIV」。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ

フォーポイントバイシェラトン函館

その他、歯ブラシ、ひげそり、シャワーキャップ、ボディタオル、綿棒、くし

ボディタオルがあるのも日本独特ですね。そういえば白人さんの多くは手でしか体を洗うそうですね。

 

部屋は清潔ですし、狭さも感じませんでした。サービスも大変てきぱきとそして温かい対応でした。

部屋とサービスだけを見れば、ブランドランクはシェラトンへ格上げしてもいいぐらいだと思います。

実際には、付帯施設(プールやスパ、レストラン、ラウンジなど)やスィートルーム設定の有無、数など、シェラトンを名乗るには色々と条件があるのでしょう。

これで、冬場の最安値は1部屋6,800円は圧倒的に安いと思いました。二人でシェアなら一人あたり3,400円ですから、ちょっと良いカプセルホテルよりも安いです。

 

フォーポイントバイシェラトン函館

部屋からの眺め。函館駅とその先の亀田半島の雪山がくっきりと見えます。

フォーポイントバイシェラトン函館

徒歩1分で、市電「函館駅前」の駅があり、移動にもとっても便利。

海鮮居酒屋「海がき大将・函館本店」で夕食

夕食は函館駅前にある海鮮居酒屋へ。

宿泊していたフォーポイントシェラトンから徒歩2分といった距離でしょうか。

函館 海鮮居酒屋 海がき大将

かなり攻めた看板。。

函館 海鮮居酒屋 海がき大将

生け簀の中では、蟹が生きています。新鮮なこと間違いないですね。

 


函館 海鮮居酒屋 海がき大将

壁には、お薦めメニューのポップが並びます。入荷があれば貼って入荷がなければ外す。

これも新鮮な魚を出してくれる証拠です。

函館 海鮮居酒屋 海がき大将

北海道の焼酎も揃っていました。芋焼酎と言えば九州ですが、北海道でも醸造されているんですね。

じゃがいもが原産の芋焼酎もありました。

 

さて、オーダーしたもの一覧。

函館 海鮮居酒屋 海がき大将

刺身盛り合わせ(2~3人前)

帆立刺しから、半時計回りに、真鱈、あぶらこ、雲丹、ほっけ、そい、寒ブリの7種。

イカやまぐろ、サーモンと言った定番は一切なく、お刺身としてはレアなものが並んで大満足。

函館 海鮮居酒屋 海がき大将

あら汁

少々小骨が多目の魚のあらでした。にしんかな。

函館 海鮮居酒屋 海がき大将

子持ちししゃも。これは樺太ししゃもなので輸入ものです。

北海道産のししゃももあったのですが、雄で卵がないものだったので、これは輸入ものでよしとしました。

函館 海鮮居酒屋 海がき大将

烏賊のまる焼き

ワタも盛られていたので、わたを絡めてわた焼き(ゴロ焼き)としても美味しく食べれました。

函館 海鮮居酒屋 海がき大将

牡蠣フライ

函館 海鮮居酒屋 海がき大将

牡丹えびの活きづくり 口の中でも動いていました。

函館 海鮮居酒屋 海がき大将

実入りの蟹みそ

函館 海鮮居酒屋 海がき大将

北海道と言えば!のアスパラバター焼き

函館 海鮮居酒屋 海がき大将

ごっこの丸焼き

ごっこは、深海魚なのですが、今の時期だけ浅瀬に上がってくるので捕れるレアな魚らしいです。

コラーゲンたっぷり、触感はプリプリ。あんこうに近かったです。

そして頭以外の骨は軟骨なので、身も皮も骨もすべて一緒に食べれました。

これも美味しかったです!

函館 海鮮居酒屋 海がき大将

締めにジンギスカン

二人でお酒も含めて、13,000円ほどのお会計でした。

満足、満足!!

函館ラーメン「函館 麺屋 ゆうみん」で〆のラーメン

最後は〆のラーメンをこちらで。


函館ラーメン ゆうみん

札幌といえば味噌ラーメンですが、函館といえば塩ラーメン。

函館ラーメン ゆうみん

こちらが塩ラーメン

クリアーな見た目のまんま、スープはとってもあっさり。具材もネギと蒲鉾だけのシンプルさが〆にはぴったり。

麺はちぢれ細麺でした。

函館ラーメン ゆうみん

こちらは函館ちゃんぽん。

ピリ辛の味で、いわゆるちゃんぽんの味ではなかったです。麺も太麺ではなく、ちぢれ細麺でした。

 

確実に食べ過ぎでした。。。

 

旅行記2へ続く。。

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました