旅行記インドネシア アライバルビザVOAVISA ON ARRIVAL

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

旅行記
JALショッピング

こんにちは。

JALの旅コミュニティtricoのアンバサダーをしていますひことらです。

 

今日はコロナ禍、インドネシアへの入国についてのレポートです。

近々、インドネシアへ行かれる予定がある方、興味がある方のお役に立てば幸いです。

 

インドネシア・ジャカルタ入国レポート状況 2022年6月

飛行機がジャカルタ・スカルノハッタ国際空港の第三ターミナルに到着。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

我先に降りようとする方々。カオス。

コロナ禍なのに・・・💦

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

人から避けております。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

一路、入国の方へ。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

ジャカルタの空港は日本語案内があるんですよ。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

手荷物受取へと進みます。

入国とは一切書いてないんですよね。入国審査、immigrationの方がわかりやすいと思うのですが・・・。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

第三ターミナルはとっても、とっても、歩きます。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

ここでやっと、入国・immigrationの案内が出てきます。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

市街への電車での案内も出てきました。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

途中、PCRテストの検査場が出てきましたが、もう使われてはいないようでした。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

途中、途中にQRコードが出てきます。

PeduliLindungi アプリ

これを事前にダウンロードした PeduliLindungi アプリの Check-in で読み取ります。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

するとこのような画面になります。

この画面が出れば、もういいみたいです。

 

アプリ他、入国必要条件はこちらで調べております。

 

 

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

入国手前に、このようなチェックをする行列が出来ていました。

ここは、アプリをダウンロードして、ワクチン接種証明書を取りこんでいない方々が、紙の接種証明書を提示して、入国条件の確認を取る場所のようでした。

 

ここへ来る前に、先ほどのQRコードを専用アプリで読み取り、緑色マークの表示になっていれば、ここには並ぶ必要はありません。

 

これが終わると、この先にイミグレーション。

ただ、今は日本人はアライバルビザを取らないと入国が出来ません。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

まずは、on arrival VISAの列に並んで、VISAを取得する必要があります。

写真の右側で支払い。その後左側で発給。

※左側からイミグレーションまでは撮影は禁止ということでした。

 

ビザ・オン・アライバル(VOA)を取得するために必要なもの
  • パスポート(残存有効期間が6か月間以上)
  • 復路の航空券又は他国に向かう航空券
  • 医療保険加入書(保険内容が新型コロナに罹患した場合の治療費・移送費等に対応しているもの。)

 

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

支払いを済ますと上記のようなレシートがもらえるので、それで発給の列へ再度並ぶワケです。

費用は 500,000IDR 又は 35$ 。
インドネシアルピアか米国ドルのみ。日本円は不可。

 

VISA発給のカウンターですが、

日本人はほぼノーチェックで、パスポートにVISAのシールを貼られて終了です。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

写真は既に出国スタンプまで押されてしまった後のものですが、こちらのVISAシールが貼られて返却されます。

 

そうすると、

通常は、その後にイミグレーションでの審査となるはずなのですが、

なんと!イミグレーションカウンターには並ぶ必要がありませんでした。横を素通り。

VISA発給カウンターが、既に入国審査も兼ねているような感じでした。これは楽ちんでした。

どうりでなのですが、VISAの発給カウンターで他の国の方々はたくさん、質問されたり、滞在先を聞かれたりしていたんですよね。

まさに、入国審査も兼ねている、ということだったのだと後から思いました。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

ということで、入国審査時の質問などは一切なく入国。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

預け荷物を引き取りに行きます。

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

荷物も無事ピックアップ。きっと、何週もグルグルと回っていたんでしょうね💦

インドネシア・ジャカルタ入国レポート 2022年6月

そして、制限区域外へと出てきました。

時間にして、飛行機を降りてから丁度1時間でした。

広いターミナル内の移動に合計で10分、アライバルビザの取得に45分、そんな感じでたかね。

 

最後に、

ちなみになのですが、到着時の税関はすべての荷物をX線でチェックをしていました。

私はお酒を3本持っていたのですが、1リットルまでということで、1本は没収です。

(大事な、大事な、森伊蔵が・・・・💦💦)

その場で開封され、目の前の流しに流されていく様子をじっと見守っているのでした。

 

本来なら1本しかダメなのに、2本返してくれたのは、温情でしょう。それでもありがたいことです。

1本流されたのに、検査官が天使に見えました。(笑)

 

皆様、本当に、お気を付けください。

 

タイトルとURLをコピーしました