旅行記カンボジアロン島

カンボジア・ロン島旅行記 東南アジア一の海が広がっている!

カンボジア ロン島 旅行記

2016年のことになりますが、乾期のベストシーズンに、カンボジアにある離島を訪れた時の写真があったので、少し古いですが、記事にしてみました。

ロン島ってどこ?

まずは、カンボジアの位置確認を。。。

ロン島 MAP

カンボジアはタイとベトナムに挟まれた位置にあり、ロン島はそのカンボジアの南岸の沖合いにあります。

世界遺産のアンコールワットぐらいでしかカンボジアのことを知らない人にとっては、カンボジアに海や島があることに、まずは、驚くかもしれません。

 

周辺はきれいな海が広がっていて、

ベトナムでは、ベトナムで最も美しいビーチと言われているフーコック島、

タイでは、国立公園指定を受けているチャーン島やトーラートというマリンスポーツのメッカも、このロン島とは同じ海岸線上にあります。

 

ロン島 MAP

 

そして、ロン島のより具体的な場所を知るために、地図をズームアップしてみたのが、以下。

ロン島 MAP

南岸の主要都市シアヌークビルの沖合いに浮かぶのがロン島です。

ロン島といっても、実は2つあって、ロン島の他に、ロン・サンローム島という島もあります。

まぁ、2つ合わせてロン島と言ってる場合が多いです。私が言っているロン島も、両方合わせて言ってます。(笑)

 

ロン島へのアクセス

拠点となる街はシアヌークビルです。(現代名はコンポンソムなのですが、いまだにシアヌークビルの方が通じるかもしれません。)

まずは、シアヌークビルを目指して行くことになります。

シアヌークビルまでのアクセス

空路

ベトナムのホーチミン、マレーシアのクアラルンプールからの国際線が就航しています。

ホーチミン路線

ホーチミン 08:30発 ⇒ シアヌークビル 09:40着  K6 839便

シアヌークビル 10:15発 ⇒ ホーチミン 11:40着  K6 838便

 

クアラルンプール路線

クアラルンプール 12:10発 ⇒ シアヌークビル 13:00着  AK264便

シアヌークビル 13:30発 ⇒ クアラルンプール 16:20着  K6 265便

 

ロン島までの道のり

ホーチミンより空路でシアヌークビルへ向かいました。

ロン島までの道のり

微妙な振動が続きトイレに行きたくなるプロペラ機

 

また、カンボジアの首都プノンペンと、アンコールワットのあるシェムリアップからは国内線が就航しています。

プノンペン路線

シェムリアップ路線

カンボジアの航路は非常に流動的で、新興航空会社が立ち上がっては消え、就航しては廃止しての繰り返しで安定していません。

この国内線の航路は、ホームページにて最新スケジュールを確認しないといけません。

カンボジアアンコール航空(K6)

Home | Cambodia Angkor Air
Cambodia Angkor Air offers domestic flights, flights from Phnom Penh/Siem Reap/Sihanoukville to Hanoi/Ho Chi Minh/Guangzhou/Shanghai/Bangkok/etc. and vice versa

ランメイエアライン(LQ)

Be Unique, Lanmei Airlines
Be Unique,lanmei Airlines offical website find great deals now to our worldwide destinations.Cambodia,booking flights

JCインターナショナル(QD)

JC航空官網
JC航空提供机票,飞机票,特价机票,打折机票的查询预订。

カンボジアエアウェイズ(KR)

CAMBODIA AIRWAYS – THE WINGS OF CAMBODIA
Cambodia Airways in the name of Cambodia, choosing Angkor Temple which is the iconic building of the Kingdom of Cambodia as the logo, designed into the auspicio...

陸路

陸路ですと、カンボジアの首都・プノンペンからおよそ4時間弱となります。

バス会社各社が路線バスを走らせていますので、探すのも容易です。

ただし、この区間に高速道路はありませんが、船便で届くあらゆる物資をプノンペンへ運ぶ幹線道路となりますので、舗装などはしっかりしており、かなりスピードを出して走ります。

万が一に備えて、それなりに大きな知名度のある会社を選んだ方がいいかと思います。

費用は10$前後となります。

 

メコンエクスプレス

MEKONG EXPRESS LIMOUSINE BUS | Mekong Express

ジャイアントアイビス

Giant Ibis | Bus to Siem Reap, Bangkok, Ho Chi Minh, Kampot, Sihanoukville
Experience with Giant Ibis Transport travel to each city of Cambodia, Thailand, Vietnam such Phnom Penh, Siem Reap, Bangkok, Ho Chi Minh, Kampot, Sihanoukville....

PSDエクスプレス

PSD Xpress - Your Choice of Transport for Cambodia
PSD Xpress is a transportation company which provides a reliable service with comfort in mind. We cover private rental of vehicle with chauffeur and big buses f...

 

また、途中プノンペンにてバスを乗り換えることにはなりますが、シェムリアップやホーチミンからも、シアヌークビルまでの通しのチケットが売られています。

 

メコンエクスプレスは何度かお世話になったことがありますが、予約時に座席まで指定できたり、ネットで予約が完結するので大変便利でした。

 

シアヌークビル~ロン島のアクセス

島ですので、この区間は100%、船での移動です。

ピークシーズンには、日焼け好き、海好きの白人達でごったがえすので、船の事前予約はマストでやっておいた方がよいかと思います。

シアヌークビルの町中を歩いていると、至る所にボートのチケット販売を代行している旅行会社、レストラン、ゲストハウスなどが看板を掲げているので、予約する場所を探すのは容易にできます。

ホテルやゲストハウスによっては、そこで予約を取ってくれることもあるかと思います。

 

事前にインターネットでの予約も可能なサイトがあります。

Speed Ferry Cambodia | ក្រុងព្រះសីហនុ | Online Ferry Tickets
At Speed Ferry Cambodia, our goal is to provide professional and affordable transportation services across the local Kâmpóng Saôm area. Our fully managed, trust

インターネットで予約をした後、現地のオフィスで予約のメールのコピー(又はスクショ)を見せて、実際のチケットに替えてもらう必要があります。予約をしただけで、すぐに乗れるワケではないので注意してください。

それでも、事前にネットで予約が出来るなんて、なんて便利な世の中になったのでしょうか。

と、感慨にふける。。。。

 

ロン島までの道のり

フェリー会社が宿泊ホテルまでシャトルバスで迎えにきてくれます(料金内に込)

ロン島までの道のり

車内は激混みでした。

ロン島までの道のり

船着き場に到着。

ロン島までの道のり

スピードボートはこんな感じ

ロン島までの道のり

船内も激混み!救命胴衣は各席に用意されていました。

ロン島までの道のり

さほど揺れも気にならず、1時間ほどでロン島に到着!

ちなみに、ボートは、シアヌークビル⇒ロン・サンローム島⇒ロン島の順に停泊していきます。

ロン・サンローム島にて、3割ぐらいが下船していきました。

ロン島へ行く場合には、誤って、ロン・サンローム島で降りないように注意しましょう!!

ロン島MAP

ロン島は面積78k㎡。日本で言うと八丈島ぐらいの大きさはあります。

それでも、島を一周できる道路はなくて、そのほとんどが森林で覆われている言わばジャングル状態です。

地上の移動手段はほぼなく、海岸から船でアプローチするのがメインになっています。

 

ロン島の全体図

ロン島 MAP4

 

メインになるのは、シアヌークビルからの定期船が到着するトーイビーチ。

ここにゲストハウス、ホテル、レストラン、バーが集まっているので、白人さんたちで夜遅くまで賑わっています。ここでの移動手段は徒歩。白砂の砂浜をつたって移動します。

他のビーチへ行こうと思ったら、ボートで移動することになります。

 

トーイビーチの地図

ロン島 MAP5

 

トーイビーチの衛星写真。

道路もなく、白い砂浜が道路換わりなのがわかります。

ロン島 MAP

ロン島での宿泊は?

ロン島での宿泊施設はゲストハウスがメインとなりますが、ゲストハウスでも、エクスペディア、アゴダ、booking.comなどのオンライントラベルエージェント(OTA)のサイトで簡単に予約することができます。

 

ロン島内は、砂浜沿いを歩いて移動します。

船着き場を中心に、左右にレストラン、酒場、マッサージ店、ゲストハウスが並んでいます。端から端までだいたい2キロ。30分ぐらいの距離でしょうか。

 

私が宿泊したのは、TREEHOUSE BUNGALOWS 

船着き場からは、割と離れていて、ジャングルの中にある高床式のバンガローでした。

ここを選んだ理由は、ツインベッドの部屋があったことです。

白人さんの多い観光地なので、ダブルベッドのホテル、ゲストハウスがほとんどです。

ゲストハウスなら、1人1部屋でも安いので、それだったら、もう少し選択肢はあったかも。

ロン島での宿泊先 TREE HOUSE BUNGALOWS

宿の看板

ロン島での宿泊先 TREE HOUSE BUNGALOWS

蚊が多いので天蓋が必須。

ロン島での宿泊先 TREE HOUSE BUNGALOWS

シャワーは海水。水洗トイレがあるだけまし。

TREE HOUSE BUNGALOWS

ホテルのレセプション兼レストラン

 

自分達の宿へ行く途中にあった宿泊施設。 PARADISE BUNGALOW

ロン島の宿泊施設

電気は自家発電に頼っているようなので、宿泊施設はゲストハウスレベルです。

ここ最近、お洒落なヴィラタイプのホテルも出きているようですが、メインのトーイビーチにはありません。

他のビーチエリアになります。

ロン島の絶景

1泊の滞在だけでしたが、写真を何枚か撮っているので、そちらで島の雰囲気を味わってください。

ロン島の絶景

桟橋から見たロン島のメイン地域 (笑)

ロン島の絶景

桟橋から見たロン島のメイン地域 逆サイド

ロン島の絶景

宿泊施設へ向かう途中のレストラン。どこも砂浜に椅子とテーブルを広げています。

ロン島の絶景

自分のゲストハウスへ途中の他のゲストハウス。目の前を大勢が行きかいますが、白人さんは気にしません。。

ロン島の絶景

透明度がはんぱない。

ロン島の絶景

波もそこそこ穏やか。

ロン島の絶景

なんて、きれいな海と砂浜なんでしょうね。

ロン島の絶景

なんでも屋さん的な商店。味がありますね。

カンボジア ロン島

絵になる風景。

ロン島の絶景

レストラン。白人さん達が多いので、ピザやパスタなどのメニューが多いかも。

ロン島の絶景

ボートを5人でチャーターしてソクサンビーチへも行ってみました。

ロン島の絶景

ソクサンビーチ

ロン島の絶景

ソクサンビーチ最高!ここが一番きれい!

ロン島の絶景

夕方になると、郷愁を誘いますね。

ロン島の絶景

賑わうトーイビーチ界隈

ロン島の絶景

夜も白人さん達でにぎわうビーチサイド

ロン島の絶景

島での朝食。完全に、欧米かっ!メニュー。

WIFI 通じる?

ホテル、ゲストハウスなどで、WIFIの環境が揃うところもあります。

ただ、そもそもとして、電気が通っていない島なので、日中はWIFIも飛びませんし、PCやスマホの充電もできません。(自家発電をしている電気は冷蔵庫や夜間だけというところがほとんど。)

そして繋がっても、すぐに切断されたり、すご~く遅かったり、快適とは言い難いです。

 

まぁ、こんな自然豊かなところに、大きなアンテナ塔を建てられても、興ざめしてしまいますし、こんな時ぐらいは、世間からシャットアウトされてもいいのではないでしょうか。

 

仕事などで、どうしてもメールチェックやPCを操作したい、ということでしたら、

WIFIとPCには頼らず、カンボジアの通信会社のSIMカードを用意してスマホの操作が効果的です。

(それでも、カンボジアの通信会社によって通じる、通じないがあります。)

 

ロン島でWIFIは通じる?

最後に

仕事柄、世界のビーチリゾートを訪れていますが、ロン島のビーチは世界最高峰並に綺麗でした。

海の場合は行く2,3日前までの天候によって、透明度や砂浜のゴミの量などが大きく変わってくるので、たままた訪れた日が快晴、というだけでは、透明度の高い海やきれいな砂浜を見ることはできません。

今回は、本当に天候に恵まれていました。

やはり、せっかく行くなら、乾期でベストシーズンの12月~4月ぐらいに訪れてほしいです。

 

最後に、シアヌークビルへ戻る翌日のスピードボートの光景です。

波が凄いですが、スピードを出している状況ですので、これでも揺れはさほど気にはなりませんでした。

天候がよかったのでしょうね。

 

コメントをお寄せください。