旅行記観光地巡り17エンド下地島しまそらレンタサイクル

下地島さんぽ その1

ボーイングB737-800型機 BC613 羽田~下地島(宮古) 搭乗記 27AUG21旅行記
JALショッピング

下地島で3時間のおさんぽタイム。

 

下地島空港で自転車をレンタル。

これから借りたい!って方に少し詳細をお話しします。

 

まず、借りる場所ですが、空港のターミナル内のインフォメーションになります。

下地島空港さんぽ。

こちらですね。

ここは観光案内所、一部レンタカーの受付、手荷物一時預かり、など、色々便利な業務をやっています。

 

レンタサイクルは「しまそら」株式会社プウラネットフォーという会社のものです。

このカウンターでレンタサイクルしたいです、と申し出ます。

「しまそら」株式会社プウラネットフォー

するとこのサイクリングMAPを頂けます。

この裏に注意事項が記載れています。

「しまそら」株式会社プウラネットフォー

 

料金

時間料金
2時間(貸し出し時間から2時間)1,500円
1日(19:00返却)3,000円

前払いでお金を支払ったら(クレジットカード可)、奥から折り畳み自転車を出してきてくれます。

下地島さんぽ 21年8月

外の自転車組立場で、受け渡し。

他にも1名が一緒に手続きをしたので、一緒に準備。

折り畳み自転車って、タイヤが小さくて、あんまりスピードも出ないし、効率悪い印象があったからちょっと不安。

 

下地島空港には、シェアサイクルもあって、それだと電動自転車が利用出来ていたようだけど、今はもうなくなってしまっていました。この折り畳み自転車だけだから、もう、これを借りるしか手段がなかったのです。

 

17エンドと通り池だけいければいいやと思っていて、そこは前にも来ていて、さほどの坂道はないと知っていたので、これでいいや、と思いました。

 

タイヤは小さいのに、7段変速ギアまでついていて、実際に乗ってみたら快適でした!

 

下地島さんぽ 17END

颯爽とこいで、17ENDの入口に到着。

空港からは自転車で10分ぐらいかな。歩いてくるのは結構しんどいと思います。

それから、前回は車で来たけど、車だとここで降りてあとは歩くことに。ここから歩くのも相当大変。30分ぐらい歩きます。

下地島さんぽ 17END

ちゃりんこはそのまま乗っていけるので、一番いいかも!

あっという間に着きます。

左手に滑走路、右手に宮古ブルーの海を見ながら進みます。

 

下地島さんぽ 17END

そして、誘導灯。

この辺りの海が宮古ブルーと呼ばれる、一番きれいな海が見えると話題になっていました。

下地島さんぽ 17END

泳いだり、カヌー、シーカヤックをしている人もいるらしいけど、今日はいなかったです。

下地島さんぽ 17END

滑走路を正面から。

下地島さんぽ 17END

反対側はこの通り。海が綺麗すぎる~。

下地島さんぽ 17END

わが愛車とともにパチリ!

下地島さんぽ 17END

ちょっと横から。

下地島さんぽ 17END

ちょっと横からその2。

下地島さんぽ 17END

沖合のほう。

下地島さんぽ 17END

テトラポットも綺麗。海が綺麗だとフジツボとかも少ないのでしょうか?(餌がないから、とか。)

 

着陸する飛行機がいたら、真下から飛行機を眺めることが出来るのですが、あいにく滞在時間中には着陸するフライトはありませんでした。離陸するフライトは2便ありましたが、それも反対側に飛んでいく風向きだったので、上空を飛んでいくことはありませんでした。

 

車で行く場合・・・

空港ターミナルから最短で行こうとすると、前の写真の場所からは徒歩になります。

これが結構、距離があって何気に辛いです。

下地島MAP

ぐるっと回って反対側から行こうとしても、やっぱり途中からは進入禁止になっています。

ただ、反対側、この地図の黄色〇の場所には小さな駐車場があって、そこには冷たいドリンクや軽食を販売しているワゴンカーも数台出ています。

また、電動キックボードの貸し出しをしているワゴンなんかもあるので、歩くのはしんどいな、って人だと、ここでキックボードを借りてキックボードで向かえば楽ちんです。

車だったら、ぐるっと回って行くことをお勧めします。

途中にシュノケールスポットや通り池という観光スポットもありますからね!

 

17 END

〒906-0507 沖縄県宮古島市伊良部佐和田

タイトルとURLをコピーしました