JAL国際線機内食 ビジネスクラスJAL CAFÉ LINESアラカルト

【機内食レポ】お魚がメインのフミコの和食 JALビジネスクラスのアラカルト機内食 23年6月

【機内食レポ】お魚がメインのフミコの和食 JALビジネスクラスのアラカルト機内食 23年6月 JAL国際線
JALショッピング

こんにちは。

JALの旅コミュニティtricoの公式アンバサダーをしていますひことらです。

 

アラカルトでいつでも頼める機内食「ANYTIME YOU WISH」のレポート中ですが、今日で最後、

4度目の食事をお届けします。

 

搭乗フライト: JAL010便 08JUN23 羽田✈シカゴ 所要時間 11時間06分

 

メニューは最後に載せておきます。

 

アラカルト機内食
  • 1食目

    離陸から3時間40分

    JAL特製『 ソラノイロ』 鶏油香る中華そば

    各種チーズの盛り合わせ〜ワインと共に〜

  • 2食目

    離陸から4時間20分後

    三元豚のカツサンド

    タッカルビ風パニーニサンド

  • 3食目

    離陸から7時間00分後

    アイスクリーム

    宮崎和牛カレー

  • 4食目

    離陸から10時間00分後

    今日はここ!!最後のお食事です

 

スポンサーリンク

離陸から10時間00分後

さて、アラカルトでオーダーする食事も4回目。これが最後となりました。

今回はいつもは食べないフミコの和食を頂くことにしました。

狐野 扶実子 食プロデューサー

ファーストクラス・ビジネスクラス担当。東京都生まれ。パリの名門料理学校「ル・コルドン・ブルー」を首席で卒業。三ツ星レストラン「アルページュ」の副料理長を務めるなど、パリを拠点に活躍。パリの老舗「フォション」では初の女性・東洋人エグゼクティブシェフに抜擢される。著書「ラ・キュイジーヌ・ド・フミコ」は、料理本のアカデミー賞、グルマン世界料理本大賞でグランプリを受賞。

JAL 紹介ページより

 

フミコの和食

【機内食レポ】お魚がメインのフミコの和食 JALビジネスクラスのアラカルト機内食 23年6月

これにアイスやフルーツを一緒に頼んだら、

エコノミークラスだ、最初のメインぐらいしっかりしています。

【機内食レポ】お魚がメインのフミコの和食 JALビジネスクラスのアラカルト機内食 23年6月

太刀魚の梅肉大場巻き

【機内食レポ】お魚がメインのフミコの和食 JALビジネスクラスのアラカルト機内食 23年6月

あっさりと、さっぱりとしていて、長時間のフライト後の食事としてはぴったり。

太刀魚はホクホクとした歯ごたえで、梅肉や大葉ともよくあっていました。

【機内食レポ】お魚がメインのフミコの和食 JALビジネスクラスのアラカルト機内食 23年6月

副菜がこちら。

栗麩の田楽

出汁トマト

青葉の胡麻和え

赤玉葱のピクルス

1つ1つ手が込んでいてお味もいいし、見た目にも華やかになりますし、

この副菜も長時間の後の食事にはぴったりだなぁ~と思いました。

【機内食レポ】お魚がメインのフミコの和食 JALビジネスクラスのアラカルト機内食 23年6月

こちらはごはん。

【機内食レポ】お魚がメインのフミコの和食 JALビジネスクラスのアラカルト機内食 23年6月

おみそ汁(長葱、麩)

【機内食レポ】お魚がメインのフミコの和食 JALビジネスクラスのアラカルト機内食 23年6月

そして香の物(胡瓜、大根、柴漬け)

コーヒー

【フライトレポ】JALのドリームライナー・ビジネスクラスでシカゴへ! 08JUN23

そして、食後のコーヒー。

「JAL CAFÉ LINES」

コーヒーもJALオリジナルですからね。

〆にはふさわしかったです。

 

ということで、羽田✈シカゴのフライトで頂いたアラカルトメニューの紹介はこちらで以上となりました。

どれも美味しく頂けました。

ただ、基本、どの航空会社の機内食でも美味しく頂いているので、特にどこが?

と聞かれると答えに迷ってしまいます。

ただ、いろどりや盛り付け方などの見た目は、日系は他社を圧倒しているとは思います。

 

メニュー

【機内食レポ】JALビジネスクラス 23年6月

【機内食レポ】JALビジネスクラス 23年6月

【機内食レポ】JALビジネスクラス 23年6月

【機内食レポ】JALビジネスクラス 23年6月

【機内食レポ】JALビジネスクラス 23年6月ドリンクメニュー

 

コメントはこちら