空港ラウンジ シンガポール ファーストクラス カンタス航空

シンガポール チャンギ国際空港 カンタス航空 シンガポールファースト ラウンジ 19年11月

カンタス航空 シンガポール・チャンギ国際空港 カンタス航空 ファーストクラスラウンジ空港ラウンジ
JALショッピング

シンガポール・チャンギ空港内を歩いている際に、

幾度となく見ていた「カンタス航空 ファースト ラウンジ (QANTAS FIRST LOUNGE)近日オープン」の看板。

 

いつ出来るのかな~、いつかなぁ~と待ち望んでいました。

Webで検索しても、なかなか実際の訪問ブログが出てきませんでしたが、

公式オープン記者会見が12月2日に行われる、というニュースをカンタス航空のサイトにて見つけました。

ただ、それより以前でも使えます、という文字が。。。

 

あれ?もうオープンしている?オープンしているに違いない!ということで、

一か八かで行ってみたところ・・・・・・・

 

 

オープンしていましたぁ~!!!

レポートしていきま~す!

 

 

訪問時期:

2019年11月25日

17:00p.m. ~ 21:00p.m.

Qantas First Lounge @ Singapore

 

スポンサーリンク

アクセス

さて、では、どこに出来たのでしょうか?

カンタス航空は、シンガポール空港ではターミナル1を利用していますので、

ターミナル1内です。

 

ターミナル1はLevel2というフロアが免税店や出国審査場があるフロアになります。

各社航空ラウンジがあるのはL3という1つ上のフロアになります。

 

チャンギ国際空港・ターミナル1には、L3のフロアへ向かうエスカレーが3か所あります。

出国審査を通ってきて、

 

一番左(ターミナル3寄り)のエスカレーターを上がると、

  • Plaza Premier Lounge

 

真ん中のエスカレーターをあがると、

  • ブリティッシュエアウェイズ ラウンジ
  • タイ航空 ロイヤルシルク ラウンジ
  • カンタス航空 シンガポール ラウンジ
  • SATS Premier Lounge

 

カンタス航空 シンガポール・チャンギ国際空港 カンタス航空 ファーストクラスラウンジ

 

右側の(ターミナル2寄り)のエスカレーターを上がると、

  • dnata Lounge

 

カンタス航空 ファースト ラウンジ(Qantas First Lounge)が出来たのは、一番右(ターミナル2寄り)のエスカレーターからアクセスします。

カンタス航空のビジネスクラス用 シンガポールラウンジとは、場所がかなり離れ、利用するエスカレーターも異なります。

 

qantas first lounge singapore

こちらが空港案内図です。

 

カンタス航空 シンガポール・チャンギ国際空港 カンタス航空 ファーストクラスラウンジ

出国審査場から出たところ。カンタスファーストラウンジは右。

 

カンタス航空 シンガポール・チャンギ国際空港 カンタス航空 ファーストクラスラウンジ

エレベーターを上がったところにある表示板。カンタスマークに色がまだついていませんでした。

 

入室の条件

こちらのラウンジはファーストクラスラウンジのため、これまでのビジネスラウンジに比べて入室条件が少し厳しくなります。

  • ファーストクラス搭乗客
  • カンタス航空マイレージクラブの Pratinum One、および Pratinum ステイタス保有者

 

ファーストラウンジは、カタール航空ブリティッシュエアウェイズなどはマイレージのステイタスは関係なく、実際にファーストクラス搭乗が入室条件です。

このラウンジがそうであれば、私は入室できません。

だって、私の搭乗フライトは、マレーシア航空のエコノミー、しかも実質30分ほどの最短距離である、シンガポール~クアラルンプール間なのですから。

ラウンジに入った受付で、恐る恐る聞いてみました。

帰ってきた言葉

Yes, of corse!!

 

ということで、以下の方も入室可能です!

ワンワールド エメラルドステイタス保持者 = JAL JGC PREMIER or JMB DIAMOND 

 

カンタス航空 シンガポール・チャンギ国際空港 カンタス航空 ファーストクラスラウンジ

ということで、いざ、入室!!

ドキドキします。

 

ラウンジ全体の配置図

カンタス航空 シンガポール・チャンギ国際空港 カンタス航空 ファーストクラスラウンジ

ラウンジを入って、受付から真っ直ぐなラウンジでした。

一番先も、うっすら見えるので、あんまり広くはないのかな、という印象でした。

 

私のラウンジ内 手書きMAPがこんな感じ。

qantas first lounge singapore

だいたい、全体の半分以上がダイニングに充てられているような感じでした。

 

さて、では、このレポートでは、ラウンジエリアを紹介していきます。

ラウンジエリア

qantas first lounge singapore

入り口手前の一番端には大人数で利用できるソファがありました。

電源類はソファに埋め込み式で用意されています。(写真の黒い部分)

ですので、ソファは固定式で移動は勝手にはできません。

 

手前のソファの向きはこちらを向いててよかったのでしょうかねな?

<写真A>

 

qantas first lounge singapore

その入り口手前のソファから、一番奥のダイニングを眺めたところです。

<写真B>

 

qantas first lounge singapore

上の写真で、左側に並んでいる背もたれの高いシングルソファは座り心地が良いのですが、電源が一切ありません。今時のラウンジのソファで?!とこれにはちょっとがっかり。

<写真C>

 

qantas first lounge singapore

左側には、ビジネスコーナー。PCは置いてありません。

<写真D>

 

qantas first lounge singapore

でも、2つの机の間にプリンターが用意されていました。

同じWIFI環境でつないで印刷します。

<写真D>

 

qantas first lounge singapore

こちらは、二人掛け、四人掛けができるソファタイプ。

<写真E>

 

qantas first lounge singapore

ラウンジエリアには、大きなテーブルもありますので、PCなどはここで利用されている方が多かったかな。

<写真F>

 

qantas first lounge singapore

こういうソファタイプの席には机の下に電源があります。

でも、一人でこのソファには座りづらいですよね・・・。

<写真G>

 

qantas first lounge singapore

こちらも、二人掛け、四人掛けソファ。

二人掛けなら、一人でも座れますね。そして机の下に電源が!やったぁ。

この席を確保する競争率高めです・・・・

<写真H>

 

qantas first lounge singapore

逆から見たラウンジ

<写真I>

混雑時間の予測

2019年Winter スケジュール

QF072便 18:40DEP パース行

QF002便 19:30DEP  シドニー行 *A380型機

QF036便 20:15DEP メルボルン行 *A380型機

QF052便 20:30DEP ブリスベン行

QF082便 21:10DEP シドニー行

QF038便 23:50DEP メルボルン行

 

前回、上記のように調べていたのですが、もう1便ビックなフライトありました。

それが、こちら。

QF001便 23:55DEP ロンドン行  *A380型機

ロンドン行はシンガポールを経由しています。

この便の乗客もカンタス航空ラウンジを利用するので、時間帯によって大混雑を起こすのでした!

 

最後に

さて、さて、カンタス航空 ファースト ラウンジはいかがでしたでしょうか?

豪華さに欠ける?意外と狭い?

まぁまぁ、ビジネスラウンジは健在ですので、うまく使い別けて(なんなら両方)行けば、いいのかなぁ~と思いました。

 

では、次回はシャワールームをレポートしたいと思います。

 

 

コメントをお寄せください。

タイトルとURLをコピーしました