シンガポール空港ラウンジファーストクラスカンタス航空

シンガポール チャンギ国際空港 カンタス航空 シンガポールファースト ラウンジ 19年11月 その2

qantas first lounge singapore シンガポール

いつの間にかにオープンしていた、

カンタス航空 ファースト ラウンジ (QANTAS FIRST LOUNGE)」。

 

前回、ラウンジエリアのレポートをしましたが、今回はシャワールームをレポートしたいと思います。

 

訪問時期:

2019年11月25日

17:00p.m. ~ 21:00p.m.

Qantas First Lounge @ Singapore

 

前回のレポートは以下となります。

 

「アクセス~ラウンジ全体の配置図」は前回と同じ記事です。

なんならすっ飛ばしてお読みください。

 

スポンサーリンク

アクセス

さて、では、どこに出来たのでしょうか?

カンタス航空は、シンガポール空港ではターミナル1を利用していますので、

ターミナル1内です。

 

ターミナル1はLevel2というフロアが免税店や出国審査場があるフロアになります。

各社航空ラウンジがあるのはL3という1つ上のフロアになります。

 

チャンギ国際空港・ターミナル1には、L3のフロアへ向かうエスカレーが3か所あります。

出国審査を通ってきて、

 

一番左(ターミナル3寄り)のエスカレーターを上がると、

  • Plaza Premier Lounge

 

真ん中のエスカレーターをあがると、

  • ブリティッシュエアウェイズ ラウンジ
  • タイ航空 ロイヤルシルク ラウンジ
  • カンタス航空 シンガポール ラウンジ
  • SATS Premier Lounge

 

カンタス航空 シンガポール・チャンギ国際空港 カンタス航空 ファーストクラスラウンジ

 

右側の(ターミナル2寄り)のエスカレーターを上がると、

  • dnata Lounge

 

カンタス航空 ファースト ラウンジ(Qantas First Lounge)が出来たのは、一番右(ターミナル2寄り)のエスカレーターからアクセスします。

カンタス航空のビジネスクラス用 シンガポールラウンジとは、場所がかなり離れ、利用するエスカレーターも異なります。

 

qantas first lounge singapore

こちらが空港案内図です。

 

カンタス航空 シンガポール・チャンギ国際空港 カンタス航空 ファーストクラスラウンジ

出国審査場から出たところ。カンタスファーストラウンジは右。

 

カンタス航空 シンガポール・チャンギ国際空港 カンタス航空 ファーストクラスラウンジ

エレベーターを上がったところにある表示板。カンタスマークに色がまだついていませんでした。

 

入室の条件

こちらのラウンジはファーストクラスラウンジのため、これまでのビジネスラウンジに比べて入室条件が少し厳しくなります。

  • ファーストクラス搭乗客
  • カンタス航空マイレージクラブの Pratinum One、および Pratinum ステイタス保有者

 

ファーストラウンジは、カタール航空ブリティッシュエアウェイズなどはマイレージのステイタスは関係なく、実際にファーストクラス搭乗が入室条件です。

このラウンジがそうであれば、私は入室できません。

だって、私の搭乗フライトは、マレーシア航空のエコノミー、しかも実質30分ほどの最短距離である、シンガポール~クアラルンプール間なのですから。

ラウンジに入った受付で、恐る恐る聞いてみました。

帰ってきた言葉

Yes, of corse!!

 

ということで、以下の方も入室可能です!

ワンワールド エメラルドステイタス保持者 = JAL JGC PREMIER or JMB DIAMOND 

 

カンタス航空 シンガポール・チャンギ国際空港 カンタス航空 ファーストクラスラウンジ

ということで、いざ、入室!!

ドキドキします。

 

qantas first lounge singapore

エントランスの受付。ここからラウンジ体験がスタート!

 

ラウンジ全体の配置図

カンタス航空 シンガポール・チャンギ国際空港 カンタス航空 ファーストクラスラウンジ

ラウンジを入って、受付から真っ直ぐなラウンジでした。

一番先も、うっすら見えるので、あんまり広くはないのかな、という印象でした。

 

私のラウンジ内 手書きMAPがこんな感じ。

qantas first lounge singapore

だいたい、全体の半分以上がダイニングに充てられているような感じでした。

 

さて、では、このレポートでは、シャワールームを紹介していきます。

シャワールーム

カンタス航空 シンガポール・チャンギ国際空港 カンタス航空 ファーストクラスラウンジ

シャワールームは入り口からすぐのところを左へ進みます。

 

qantas first lounge singapore

シャワーやトレイの他、おむつ取り換え部屋もありました。

 

qantas first lounge singapore

シャワーの受付は個別にあります。フロントまで戻る必要はありません。

 

qantas first lounge singapore

シャワー室は全部で7室。

シャワールームは淡い色合いの木の壁と、石が埋め込まれた白のコンクリート。独特なデザインでした。

 

では、シャワールームに入ってみましょう。

qantas first lounge singapore

 

部屋に入って、扉をしめたところ。扉は前面鏡になっています。

 

qantas first lounge singapore

扉の横に荷物置き場。

 

qantas first lounge singapore

開いてみましたが、奥行き5cmほどでした。大きなものは入らないです。(^^;

 

qantas first lounge singapore

qantas first lounge singapore

こちらが洗面台。だちょうの皮とか、ひょうの模様のような、すごいデザインですよね。

 

qantas first lounge singapore

流しの上のアメニティがこちら。

歯ブラシ、髭剃り、ボディクリーム、ボディソープ。

 

qantas first lounge singapore

シャワーブースとの間にドアはありません。

また、シャワーはレインシャワーのみで、ハンドシャワーがないので、少々使いづらいかな、とも思いました。

 

qantas first lounge singapore

アメニティのブランドは「LAGAIA UNEDITED」。オーストラリアのオーガニックブランドでした。

 

qantas first lounge singapore

そして、面白いのがこちら。

室内の照明を3段階に切りかえられます。

  • MORNING 朝
  • NOON 日中
  • DUSK  夕暮れ

そこで、試してみました。

 

MORINIG

qantas first lounge singapore

 

NOON 日中

qantas first lounge singapore

 

DUSK 夕暮れ

qantas first lounge singapore

違いがわかります!?

ぜんぜん、わからな~い!!!!!

これ、まだ、機能していないのか、って思うほど、何も変わりがありませんでした。

いや、違ってるよ、ってわかる方、いますか?

 

qantas first lounge singapore

ちなみに、車椅子でも利用できるシャワールームまで用意されているのが、さすがにオーストラリアの航空会社だな、と思いました。障害者の方への配慮は対策がしっかりとなされています。

 

 

qantas first lounge singapore

ついでにおトイレチェックです。

 

qantas first lounge singapore

男性用のトイレですが、すべて個室タイプ。小用便器はありません。

 

qantas first lounge singapore

トイレ内もシャワールームとデザインが統一されています。

髭剃りだったり、歯磨きだったり、ちょっとした身だしなみは個室で行えていいなぁ~と思いました。

 

最後に

さて、さて、カンタス航空 ファースト ラウンジのシャワールームはいかがでしたでしょうか?

かなり斬新はデザインになっていたと思いますが、清潔感が感じられる造りでしたよね。

 

では、次回はダイニングエリアと実際のお食事メニューをレポートしたいと思います。

 

 

コメントをお寄せください。

  1. こんばんは、にこびーです。

    成田のJALファーストクラスラウンジにも、バリアフリー仕様のシャワールームがあるようです。伝聞でスミマセン。
    友達と10月に行った時、たまたま友人はバリアフリー仕様の所しか空いていなかったので、そこに案内され、色々と使い方の説明を受けていました。彼女もタオルのもふもふさに感激していました。

    追伸:28日の分にコメントしてあります。

    • にこびーさん、こんばんわ!

      JALのシャワーブースにも、バリアフリー用があるんですね。
      JALは、空いているシャワールームでもすべて閉まっていて、勝手に覗き見れないのでわかりませんでした。

      まぁ、それもJALというか日本らしいのかもしれませんね。(^^;

タイトルとURLをコピーしました